結婚式の手作り&節約アイディア!費用を安く抑えて満足度を上げる方法30選

「オリジナリティ溢れる手作り結婚式をしたい!」「節約しながらも理想的な結婚式を挙げたい!」

結婚式は一生に一度のこと。満足いくものにしたいですよね。

全国の結婚式(挙式、披露宴)費用総額はなんと平均351万円
決して、安い金額ではありませんよね。考えなしに切り詰めていくと、やりたかったことが全然できない理想とはほど遠い、ゲストにとってもガッカリな結婚式になってしまいます。

今回は、私を含め先輩花嫁の経験や口コミを元に、結婚式を成功させる手作り&節約アイディアをまとめました。結婚式場・披露宴会場費用、ドレス・ブーケ代、ペーパーアイテム、会場装飾費、演出、写真・DVD、引き出物・プチギフトの節約方法を一挙にご紹介します。

このブログ記事さえ読めば、結婚式準備を楽しみながら、100万円以上の節約することも可能です!

スポンサーリンク

ブログ記事の見出し

結婚式場・披露宴会場費用の節約

結婚式・披露宴会場

インターネット経由でブライダルフェアを申し込もう

節約度:★★★★★ (目安:最大100万円の節約)

参考 結婚式場の相談はウエディングサイトを活用しよう!口コミ&評判で人気の大手5社を徹底比較

ハナユメ(旧すぐ婚ナビ)では、ブライダルフェアを申し込んだり、ブライダルデスクで相談したり、ブライダルフェアを申し込むと最大3万円の商品券がもらえたりします。

結婚式自体も割引をしてもらえたり、ドレス代無料などの特典が多数あります。ただし、残念ながら初回限定特典です。申し込み後や成約後は対象外になる可能性が高いので、結婚式を挙げることが決まったら、オンラインでブライダルフェアを申し込んでみましょう。

結婚式場で美味しいコース料理を試食でき、キレイなヘアメイクをしてもらい、商品券までもらえちゃうので、お得感満載です。試食会付のブライダルフェアなら、ぐるなびウエディングがオススメですよ!

結婚式場・披露宴会場は成約前に値引き交渉しよう

節約度:★★★☆☆ (目安:10万円の節約)

参考 結婚式場・披露宴会場費用の値引き交渉術。タイミングは契約前と契約後!

祝い事で値引きをするなんて、とんでもないと考えていませんか。いえいえ、2人の将来のためには少しでもお金を貯めておく方が賢いです。

電気屋さんなどと一緒で、結婚式場も値引き交渉が可能です。ただし成約前に行うのが鉄則です。直接値引きをしてもらいにくい場合は、ウエルカムドリンクや演出などをサービスで付けてもらいましょう。

また、結婚式をけち臭くなく節約するには、外注(持ち込む)のが一番です。結婚式場とネットショップ、同じものでも3割ほど安く購入できる場合もあります。なので、値引き交渉の際には、必ず持ち込みOKの許可も貰っておきましょう。

結婚式・披露宴会場は、クレジットカード払いで

節約度:★★☆☆☆ (目安:3万円の節約)

参考 結婚式場費用の支払いはクレジットカードでできる!上限は事前に上げておこう

結婚式場によっては、クレジットカードの支払いが可能の場合があります。予約金、中間金、最終支払いなどに分かれている場合も、その都度クレジットカードを使うとポイントが貯まります。

例えば、300万円の支払いに1%のポイントが付いた場合、3万円になります。さらに、提携のポイントカードがある場合も付けてもらいましょう。私は結婚式を名古屋ミッドランドスクエアで行いましたが、ミッドランドスクエアのポイントも付けてもらえたので、ポイントだけで何とバッグが1つ買えました!

引き出物・プチギフトの節約

引き出物

引き出物は持ち込もう

節約度:★★★☆☆ (目安:5万円の節約)

参考 結婚式の引き出物代を安く抑えたい!質を下げずに予算ダウンできる3つの方法

結婚式場で引き出物を手配した場合、定価でしか購入することができません。インターネットで同じものを探すと2~3割引、さらには半額といったものを見つけることもできます。

もし、一人3,000円のものを60人分購入すれば、18万円になります。仮に、3割引で購入できれば、2,100円x60人分なので12万6千円になります。かなりの節約ですよね。

またショップによっては引き出物持ち込み料を負担してくれるところもあります♪

引き出物の持ち込みが不可な場合は、宅配サービスを利用しよう

節約度:★★★☆☆ (目安:5万円の節約)

参考 人気の引き出物宅配ショップ5社を徹底比較!口コミ・評判を元にランキングを発表

引き出物の持ち込みが全くできない結婚式場もあります。そのような場合は、持ち込まずに直接ゲスト宅へ引き出物を送ってしまいましょう

ゲストも重くてかさばる引き出物を持ち運びしなくて良いのでメリットも非常に多いです。ギフトナビの引き出物直送便では3,000円以上送料無料、さらに金額に応じて最大20%の割引もあります。

プチギフトのドラジェは自分で詰めよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

結婚式プチギフトの定番と言えばドラジェ。ドラジェとは、アーモンドをチョコレートと砂糖でコーティングした、フランスのお菓子です。

アーモンドは実を多くつけるので子宝に恵まれるとも言われます。ドラジェの数も5個と決まっており、幸せ、健康、富、長寿、子孫繁栄を意味しています。私はショコラ・ドゥ・ブルージュドラジェ手作りキット100人用【一個あたり約84円】を購入し、自分で詰めました。

撮った集合写真をプチギフトとして渡そう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

私の結婚式では、プチギフトとしてはゲスト全員で撮影した集合写真を渡しました。それを百円ショップで購入した透明の封筒に入れて、帰りに渡しました。

式の前半で撮った写真を近くのデジカメプリントに出し、お渡しできるようにとウエディングプランナーさんと事前に打ち合わせしておきました。

親族には集合写真を後日渡すことはありますが、友達などは渡す機会がないので、集合写真はかなり好評でした!デジカメプリントは1枚30円前後なので、安い割に、心のこもったプレゼントで満足度も高いです♪

ドレス・ブーケ代の節約

ウエディングドレス

ウエディングドレスを格安で購入しよう

節約度:★★★★☆ (目安:15万円の節約)

参考 レンタルより断然お得!安くて高品質なウエディングドレスが購入できるショップベスト3

結婚式場でドレスをレンタルすると、20万円ほど。一方インターネットなどで購入すると3万円ほどで同じようなデザインのドレスが購入可能です。

最近では、格安ネットショップでもショールを設けて、試着が可能な場合もあります。例えば、ランディブライダルでは、東京、名古屋、京都、福岡の4店舗で試着ができます。

また近くに店舗がない場合も往復送料無用で自宅でゆっくり試着ができます。

ウエディングドレスを格安でレンタルして持ち込もう

節約度: ★★★★☆ (目安:15万円の節約)

参考 18000円でウエディングドレスをレンタル!都道府県民共済を賢く利用しよう

意外と知られていない共済のブライダル。例えば東京都・都民共済ブライダルプラザでは、ドレス1着(小物付)が18000円~という破格でレンタルできます。

和装も29,000円~と相場よりもかなりお安く借りることができます。

ドレスを式場に持ち込む際は、持ち込み料や保管料が必要な場合もあるので、事前に確認しておくと安心です。

ウエディングブーケは手作りしよう

節約度: ★★☆☆☆ (目安:3万円の節約)

参考 結婚式のフラワーブーケは手作りで節約!初心者でも簡単にできる作り方

ウエディングブーケを結婚式場で頼むと4万円前後。ウエディングドレスとカラー用2つ揃えたら、8万円!ブーケ作りは、難しそうに思えるけど意外と簡単です。

バランスを見ながら花を挿していくだけ。不器用な私でもできました。

生花で作る場合は、花屋さんでブーケ用を作りたいのでと伝えれば、最適な花を揃えてくれます。例えば、1本200円の薔薇を30本入れたとしても6000円です。グッズと合わせても1万円もいかずに豪華なブーケが作成できます。

手作りがどうしても心配な場合は、式場提携以外の花屋さんやネットショップで購入し、持ち込むのもオススメ。

ペーパーアイテムの節約

結婚式 招待状

招待状・席次表・席札を手作りしよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:2万円の節約)

参考 結婚式&披露宴の招待状は手作りしよう!ペーパーアイテム安く購入できるショップベスト3

ペーパーアイテム一式(招待状・席次表・席札)を結婚式場で頼むと、1400円ほど。手作りすれば、市販のキットを使って中身だけ印刷するだけでも、半額くらいになります。

もちろん、全て自作すれば、紙とインク代だけで済みます。最近は、無料のテンプレート(海外のサイトは特にオシャレなデザインが豊富)やオシャレなフォントも揃っているので、時間に余裕があれば、手作りしてみてはいかがでしょうか。

宛名書きはシルバー人材センターで

節約度:★☆☆☆☆ (目安:5000円の節約)

招待状の封筒には、宛名を書かなくてはいけません。字がキレイな方だったら、問題ありまえんが、毛筆フォントで印刷するのもちょっと味気ない。

結婚式場に頼むと1件150~200円くらいが相場ですが、シルバー人材センターに頼むと、1件100円以下で引き受けてもらえる場合が多いです。

サンキューカードは名刺印刷を使おう

節約度:★☆☆☆☆ (目安:2000円の節約)

ゲストが退場する際、プチギフトと一緒に、新しい住所やお礼の気持ちを書いたサンキューカードを渡すのが一般的です。

印刷にちょうどいいのが、名刺の印刷用紙。例えば、 A-Oneの名刺カードを使えば、無料テンプレートを使って簡単に自宅でプリントできます。値段も100枚で500円ほどなので、お手頃です。

料理のメニューは手作りしよう

節約度:★☆☆☆☆ (目安:5000円の節約)

参考 名古屋駅の結婚式場。オーベルジュ・ド・リルナゴヤのレストランウエディングに決めた理由

披露宴の料理にメニューは付き物ですが、それにも1枚200円前後のお金がかかっています。しかも、メニューが書いてあるだけで面白味が全くないものが多いです。

手作りすれば「シェフの一言」や「新郎新婦のこだわり料理」なども付け加えられるので、ゲストを楽しませることができます。手作りすることで、もちろん費用を抑えることができますが、もう一つ大事な役割があります。

それはフリードリンクのメニューを記載ができること。フリードリンクに何が含まれているかをリストアップしておけば、ゲストにも分かりやすいし、フリードリンク以外のものを注文されることも少なくなります。

ペーパーアイテムを1冊のパンフレットにまとめてみよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

デザインスキルや画像編集が得意な方にオススメ!以前、席次表、新郎新婦のプロフィール、メニュー、メッセージなどがウエディングパンフレット1冊になったものを頂いたことがあります。

ペーパーアイテムが全て一体化されたので、バラバラになりにくく、読みごたえもばっちりでした。印刷は、ブライダル用ではなく、ラクスルやプリントパックなどのオンデマンドの格安印刷会社がオススメ。

結婚後、仕事でオンデマンド印刷を使いましたが、本当に便利でとても安く発注できました。知っていれば自分の結婚式にも使っていたと思います。

結婚報告のハガキはネットで注文しよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

式場提携の写真屋さんで注文すると、かなり高いのでネット注文しましょう。結婚式報告用のテンプレートも揃っているので、手間もほとんどかかりません。

また、時期によっては、年賀状や暑中見舞いなどに合わせて送ると、手間と費用が抑えられます。

会場装飾代の節約

結婚式会場装飾

ウエルカムボードをパソコンで手作りしよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

参考 結婚式のウエルカムボードの手作りアイディア!パソコンで簡単に安く作る方法

シンプルなウエルカムボードであれば、パソコンのカリグラフィーフォントを使ってプリントすればすぐに完成。

無料のウエディングイラストもたくさんあるので、デザインに自信がなくてもオーダーしたようなものが作れます。ポスターサイズのものでも印刷を外注すれば1~2千円でプリントできます。

似顔絵をウエルカムボードにしてしまおう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

ショッピングセンターなどでよく似顔絵を描いている人を見かけませんか。1枚2~3千円、15分ほどで二人の似顔絵を仕上げてくれます。

その似顔絵をフレームに入れたり、百円ショップの造化を使ってデコレーションしたりするだけで、あっという間にウエルカムボードが完成します。

一石二鳥になるウエルカムボードを使おう

節約度:★★☆☆☆ (目安:2万円の節約)

ウエルカムボード以外の用途で使えるアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。例えば、ウエルカムボードになるプチギフトセット

ウエルカムボードとして飾ったあとは、そのままプチギフトとして配布できます。値段も1万円前後のものが多く、プチギフトを買わなくてもよいので大幅に節約できます。

装花代の節約には、ボリュームのある季節の花を使おう

節約度:★★★☆☆ (目安:5万円の節約)

参考 予算アップを阻止!結婚式・披露宴のウエディング装花を節約する3つの方法

装花代が高くなる理由は、花の種類を決めてから、ボリュームを出そうとするから。まずは、予算とボリュームを決めてから、花の種類を考えましょう。花の値段はマチマチです。

同じ大きさの花でも希少価値の高いものと低いものでは差があります。さらには季節も影響していきます。フラワーコーディネーターさんと、相談しながら最適な花を見つけましょう。

装花代の節約には、生花の代わりに、リボンやバルーンを使おう

節約度:★★★☆☆ (目安:5万円の節約)

挙式会場の装飾、披露宴会場の受付、高砂、ゲストテーブル、ケーキの装飾など様々な場所に装花が使われます。これを全て生花で飾ろうとすると、かなりの量が必要になります。

意外と安くてボリュームが出せるのが、風船。最近は結婚式の祝電用にバルーン電報を送られることも多いので、それを受付に置いてみてはいかがでしょうか。

また、ケーキやグラス用の装花は、手芸店で売っているリボンを使って代用すると、可愛くデコレーションができます。

私自身、ケーキナイフの装花に1000円もかかると言われたので、200~300円のリボンを目一杯使い、代用しましたが、生花よりも写真映えがしたような気がします。

演出の節約

結婚式の演出

挙式後のフラワーシャワーを造花にして節約しよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

参考 結婚式のフラワーシャワーを節約するには?手作りや造花にすれば予算は半分

挙式後にフラワーシャワーを行うのは一般的ですが、生花で行う必要はありません。むしろ花ではなく、ライスシャワーや折鶴シャワーなどもあります。

ゲストに渡す際、生花の方が、匂いがよかったり、質感を味わえたりしますが、そこまで気にする人は少ないと思います。私は、フラワーシャワー~天使の羽入り~をネットで購入しました。羽も入っていたので、ふわふわ落ちる光景がとてもキレイでした。

ブーケ・ブートニア(ダズンローズ)の儀式をやってみよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:1万円の節約)

参考 ブーケ・ブートニア(ダズンローズ)の儀式。結婚式でサプライズプロポーズをしてもらおう!

何か目玉になる演出を探していませんか。あまり予算を掛けずに、話題作りになるのが公開プロポーズ『ブーケ・ブートニアの儀式』です。

うちのダンナさんもそのようなことをやるタイプではありませんでしたが、ちゃんとしたプロポーズなく結婚することになったので、結婚式で無理矢理やってもらいました。

とても良い記念になったし、感動的な演出の一つなのでオススメです!

テーブルフォトをキャンドルサービスの代わりにやろう

節約度:★★★☆☆ (目安:5万円の節約)

お色直し後に、キャンドルサービスで入場するシーンを良く見かけますが、私たちの結婚式では、行いませんでした。

キャンドルサービスだと、キャンドルに火をつけることがメインなので、ゲストの方たちと触れ合うことがほとんどできません。

各テーブルを回るからには、せめてゲスト一人ひとりにお礼を言いたかったし、来ていただいたゲスト全員と写真を取りたかったので、テーブルフォトと言う形式にしました。

写真を撮りながら、お話をしたり、お酌をしたりできたので、アットホームな結婚式にはピッタリでした。また、後日写真を現像してお渡しすることもできたので、よかったです。

プロフィールビデオやエンドロールは手作りしよう

節約度:★★★☆☆ (目安:5万円の節約)

プロフィールビデオやエンドロールは、今や主流の演出です。プロフィールビデオは、結婚式で新郎新婦に初めて会うゲストもいるので、どんな人が紹介するのに最適です。

プロフィールビデオなどを作るブライダル用ソフトとしてよく知られているのはフォトムービースタジオです。静止画や動画から、気軽に本格的なムービーが作れるとかなり評判が良いです。

また、ソフト自体にお金をかけたくない場合は、ムービーメーカーを無料でダウンロードすることもできます。スライドショー形式で作れるので非常に簡単です。手作りムービー成功のポイントは、派手な画像処理よりも懐かしい写真と選曲だけです。

ゲスト全員が登場するようにし、それぞれへのメッセージを流せば、感動的になること間違いなし!下手に業者が作るよりも、よっぽど素敵なムービーができます。

後で聞いたところ、私が作ったムービーで親戚の多くは涙していたと言っていました。

写真・DVD代の節約

結婚式写真

DVDは買わない

節約度:★★★★☆ (目安:10万円の節約)

参考 結婚式準備から子供の成長記録まで使える!ムービー作りにオススメな動画編集ソフト

結婚式のDVDって、見ますか?何だか恥ずかしいと言う理由で、私はDVDは購入しませんでした。結婚式では、ダンナさんの友達がハンディカムで撮ってくれていました。

本当に申し訳ないですが、2時間近くあるDVDを見る機会はほとんどありません。(子どもの成長記録だったら見るのですが・・・)

と言うことで、高いお金を払ってDVDを購入しなくて正解だったと思います。その代わり、結婚式の写真をデータで購入したので、5分程度のスライドショー形式のムービーを作りました。結婚式で使用した曲に合わせて、写真を並べただけですが、十分でした。製作費はもちろん無料です!

製本アルバムは買わない

節約度:★★★★☆ (目安:10万円の節約)

参考 結婚式のアルバム写真の購入は失敗だった!節約するにはどうすればよかったか

結婚式一日分のアルバムは何と10万円以上しました。撮影料やデータ料も込みですが、アルバム1冊にしてはかなりの高額です。そして、その高額なアルバムも意外と見る機会が少ない・・・

最近では、高画質のフォトブックやウエディングアルバムの製本キットもあるので、必要に応じて自分で作ることもできるので、アルバムは買わずに、データだけで十分だったと思います。

写真の引き伸ばしは、ネット注文&台紙に貼る

節約度:★★☆☆☆ (目安:2万円の節約)

結婚式場に写真の現像や引き伸ばしを頼むと、四つ切りサイズで8000円ほど。ネットで印刷を頼めば、わずか400円。画質などの差はあるかも知れませんが、親族に渡すものであれば、大金を使う必要はありません。

また、台紙に写真を貼るだけで、写真館に頼んだような仕上がりになります。トータルでも1000円ほどできちゃいます。

高画質なフォトブックを作成する

節約度:★★☆☆☆ (目安:2万円の節約)

結婚式のアルバム代を節約するには、自分でフォトブックを作ってみましょう。フォトブックの価格帯は2000円~3000円が多く、安価で手軽にできるところが魅力です。

最近では、ウエディング用のテンプレートも揃っているので、センスがなくても素敵に仕上がります。少し価格帯を上げれば、実際に結婚式場で使っているような、紙質のものや、画像レベルのものを作成できます。

また、自分でフォトブックを作る最大のメリットは自分が気に入った写真や友達からもらった良いショットも入れられることです。

美容費の節約

ウエディングエステ

ブライダルエステ体験を利用しよう

節約度:★★☆☆☆ (目安:3万円の節約)

高額になる可能性があるブライダルエステについては「節約」という意味では賛否両論ですが、一生に一度の晴れ舞台で自信をつけるために、やっておいた方が良いと思います。

そこでオススメしたいのが、体験エステです。ブライダルエステ エルセーヌでは、二の腕やお腹、腰まわりなどを引き締めに効果があるボディエステの体験がワンコイン500円でできます。

私は、ボディでソシエのブライダルエステ、フェイシャル&デコルテでたかの友梨POLAのエステと、大手エステサロンの体験は一通り行き、トライアル価格で施術してもらいました。まさに夢のエステ三昧の日々でした。

最終的には、地元の小さいサロンで結婚式前にフェイシャル&ボディエステ2回とシェービングをお願いしました。

大手のエステはセット価格は高い場合も多いです。ですが、単発にも対応してもらえることもあるので、気に入った場合は、予算と相談しながら交渉するのもいいかもしれませんね。

参考 人気のブライダルエステを徹底比較!サロン選びで失敗しないためのチェックポイント

結婚式を成功させる手作り&節約アイディアのまとめ

今回は、結婚式の節約や手作りに役立つ30のアイディアをご紹介しました。

何かと忙しい結婚式準備や新生活準備。活用できるところは上手く活用し、素敵な節約結婚式を挙げてもらえたら幸いです。

※ 上記のアイディアは私の経験や口コミを参考にして記載しています。また、節約目安は主観です。