結婚式の節約術

人気の引き出物宅配ショップ5社を徹底比較!口コミ・評判を元にランキングを発表

引き出物の節約法

「結婚式で引き出物宅配を利用してみたい!どこのショップがおすすめだろう?」

以前は、結婚披露宴会場の椅子の下に大きな紙袋に入った引き出物を持ち帰るのが一般的でした。

ですが、最近はゲスト宅に直接引き出物をお届けする「引き出物宅配サービス」が結婚式の定番になりつつあります。

私も、ここ最近の結婚式は、引き出物宅配サービスで引き出物をいただくことの方が多くなりました。

結婚式の帰り道、手ぶらで移動ができるため、本当に楽チン!便利で素敵なサービスだと実感しています。

そこで、今回は引き出物宅配サービスがどのようなものか徹底リサーチしました!

今回は、引き出物宅配サービスのメリット&デメリット、口コミや評判を元に引き出物宅配サービスで人気のショップ5社を比較しています。

「結婚式に引き出物宅配を利用してみたい!」
「おすすめのショップを教えてほしい!」
「人気ランキングを知りたい!」

という新郎&新婦の参考になれば幸いです。

引き出物宅配サービスをおすすめする理由

「結婚式はとてもお金がかかる!賢く節約するにはどうすればいいのだろう?」

実は、結婚式の中で、引き出物はとても節約がしやすい項目です。

大事なゲストに粗末な品を贈ったり、予算を削ったりするのは、失礼なこと。

ですが、本来必要のない持ち込み手数料を削減したり、式場で手配するものと同じものを安く調達できれば、新郎新婦にとってもゲストにとっても嬉しい節約です。

そこで、おすすめするのが「引き出物宅配サービス」です。

結婚式が高い理由は、様々なところにバックマージン(手数料)がかかっているからです。

結婚式場で引き出物をお願いした場合、提携業者から結婚式場へバックマージンが入ります。

引き出物を式場で手配してもらうため「引き出物持ち込み不可」や「持込手数料」などを設定しているところも多いです。

持込手数料がかかったり、持込自体がNGな結婚式場でも、引き出物宅配でゲスト宅に送ってしまえば、無駄な費用を払わなくても済みます。

その分、ゲストの引き出物をランクアップすれば、ゲストも新郎新婦もハッピーな節約になります!

引出物宅配サービスのメリットとデメリット

引き出物宅配サービスのメリット

引き出物宅配サービスを利用することで、ゲストにとっても新郎新婦にとっても嬉しい様々なメリットがあります。

① 二次会へ行く時や帰宅時に手ぶらで楽

「高いヒールを履いて、公共機関で移動するだけで疲れちゃう!」

普段、ペタンコ靴しか履かない私は、ヒールを履いて移動するだけでも重労働。引き出物をもらうのは、とても嬉しいですが、正直持って帰るのは大変ですよね。

引き出物宅配が嬉しいゲスト
  • 公共交通機関で来られる方
  • 遠方から来られる方
  • ご年配の方
  • 子連れの方
  • 二次会へ参加する方
  • お酒が入り酔っぱらった方(笑)

ようするに、ほとんどのゲストにとって、引き出物宅配は嬉しい配慮になります 🙂

② ゲストごとの贈り分けが嬉しい

引き出物宅配サービスでは、大きさや重さを気にせずに、ゲストごとに贈り分けをすることができます。

親戚、上司、友人、それぞれに合った引き出物を、一人ひとりプレゼントを選ぶ感覚で贈ることができます。

もちろん、引き出物の定番であるカタログギフトも選択可能です。

③ 持ち込み料・紙袋代などのコスト削減になる

引き出物宅配が人気がジワジワ上がっている一番の理由は、やはり節約効果です!

引き出物の持ち込み料がかかる結婚式場は多いですよね。

持ち込み料が1個500円だとしたら、引き出物・引菓子・縁起物、全て合わせて1500円。このムダな費用がかならないとしたら、嬉しいですよね!

また、結婚式場が用意する引き出物用の大きい紙袋代も意外とバカになりません。 相場は1枚400円程で、ゲストが60人いればあっと言う間に24,000円。

さらに、ショップによっては、購入金額に応じて商品自体の割引もあるので、大幅な節約につながります。

引き出物宅配サービスの心配点

① 引き出物宅配サービスに馴染みがない

「親戚や上司など目上の方に宅配で送るというのは失礼では?」

そう、感じるかもいるかも知れません。「引き出物は大きくて重いものが良い。」と思っているご年配の方も、多少なりともいるかもしれません。

司会の方に「引出物は、遠方の方、ご年配の方もおられますので、お荷物にならないよう直接ご自宅お送りいたします。」とアナウンスしてもらえれば、ご理解いただけるはずです。

ご年配の方も、うちに「大きくて重い引き出物」が届けば、嬉しい心配りだったなと思ってくれるはずです。

② 手持ち用の紙袋がないと不便

作ったペーパーアイテムなど細々としたものを入れる袋がないと不便な場合もあります。男性は特に手ぶらでくることが多いので…。

紙袋はプチギフト用に、事前に手配しておく、当日は司会者の方にアナウンスしておくなど、配慮は必要です。

ネットショップで探せば、シンプルな紙袋が1枚30~50円くらいで購入できるので、準備しておくと安心です。

≫≫ プチギフト用紙袋を探す

③ 一人暮らしなど受け取りが心配

一人暮らしだと、宅配便がなかなか受け取ってもらえないことがあるかもしれません。

また、友人の結婚式では招待状を送った住所に引き出物宅配で送ったところ、引っ越してしまっていて荷物が届かない!というアクシデントもありました。(後日、ちゃんと届きました。)

引き出物宅配業者も、デメリットをカバーするサービスを始めています。

例えば、GIFT NAVI(ギフトナビ)では、不在時などの再配達はもちろん、配送状況をWEB上のマイページから確認することができます。

届いてない場合や何かトラブルがあった場合は、新郎新婦からでもフォローができるようになっています。

引き出物宅配サービスの流れ

「引き出物宅配サービスはどうやって注文するのだろう?ゲスト宅へはいつ届くのだろう?」

ショップによって多少は異なりますが、一般的な流れをご説明します。

結婚披露宴前

結婚披露宴前に新郎新婦が準備することは3つ。

  1. ゲストごとの引き出物と配送先を指定(約2週間前まで)
  2. ゲスト当日に渡す「引き出物宅配案内カー」
  3. 引き出物宅配に同封するメッセージカード

挙式前に引き出物を決定。贈り分けをする場合は、ゲストごとに商品を選びます。

引き出物案内カードとメッセージカードは、引き出物宅配を依頼するショップが無料で作ってくれることが多いです。

ホームページで、テンプレートも公開しているので、ぜひ自分たちの結婚式の雰囲気に合ったものを選んでくださいね!

【例】 引き出物宅配案内カード

引き出物宅配案内カードとは、引き出物をゲスト宅に直接お届けする旨をお伝えするカードです。

披露宴当日、席札と共に席におくか、受付で渡します。

【例】 メッセージカード

メッセージカードは、引き出物に同封します。前撮りの写真などを使うと、オリジナリティがアップします。

あとは、配送先の住所録リストをショップに送付し、引き出物宅配の手配は完了です。

結婚披露宴当日

挙式当日には、ゲストの座席卓上に「引き出物を直送します」と書いた引き出物案内カードを配置。

司会者からも引き出物宅配サービスについてアナウンスしてもらいます。

当日は、プチギフトのみをお渡しします。小さめの紙袋付で渡すと、持ち運びが楽です。

結婚披露宴後

指定した日に、メッセージカードとともに引き出物・引菓子・縁起物が専用のボックスに入ってゲスト宅へ直送されます。

引き出物宅配はいつ届ける?

引き出物宅配を届ける日時は、新郎新婦が決めることができます。一般的には、結婚披露宴の翌日が多いです。

引き出物宅配サービスの比較/ランキング

1位 GIFT NAVI(ギフトナビ)

giftnavi_hikichoku

(画像出典:ギフトナビ公式ホームページ)

ギフトナビのオススメポイント

GIFT NAVI(ギフトナビ)は、冠婚葬祭ギフトの老舗店株式会社大進本店が運営しているオンラインショップです。

引き出物をはじめ、内祝や結婚祝いなどお祝いに関する品を2,000点以上取り扱っています。

ギフトナビでは引き出物のセットを自宅にお届けする「引き出物直送便(ひきちょく)」サービスが人気です。

お届け先1カ所につき、ギフトの合計金額が4,000円以上になれば送料無料になります。

引き出物費用の相場は5,000円前後のため、ほぼ全ての宅配が無料になります。また、10万円以上購入すると、最大20%の割引が受けられます。

 お得情報

【WEB限定割引クーポン】

結婚式の引き出物を10万円(税込)以上お買い上げの方に、引き出物以外のご用途で利用いただける割引クーポンをプレゼント。

引出物の発送が完了後、自動でクーポンの発行される仕組みになっています。有効期限はお買上日から2年間。クーポンはマイページにて確認できます。

クーポンの金額は、10万円以上のお買い上げで1,000円分の割引。さらに5万円ごとに500円が加算されます。

あわせて読みたい
ギフトナビの口コミ/評判
ギフトナビの引き出物宅配!安い&種類が豊富で口コミ人気NO.1今人気の引き出物宅配を比較中。今回は、割引があるのでブランドの引き出物が安いGift Navi(ギフトナビ)です。ギフトナビのメリット&デメリットをはじめ、口コミや評判をまとめました。...

公式ホームページ ≫≫ GIFT NAVI(ギフトナビ)

2位 PIARY(ピアリー)

piary_hikidemono

(画像出典:PIARY公式ホームページ)

PIARY「ヒキタク」のオススメポイント

楽天ランキング1位にも輝いたPIARY引き出物宅配「ヒキタク」。テレビ番組でも取り上げられ、芸能人も絶賛しています。

PIARYはウエディングアイテムを取りそろえており、その品揃えはトップクラス。引き出物として選べるアイテムは約220種類!贈り分けにも最適です。

 お得情報

PIARY楽天市場店では、楽天ポイント10倍になったり、クーポン券が利用できたり、お得がいっぱい。

貯まったポイントは、新生活準備や旅行などで自由に使うことができます。年会費無料の楽天カードで支払えば、さらにポイントがつきます。

あわせて読みたい
ピアリーヒキタクの口コミ
楽天ランキング1位の引き出物宅配!ピアリーヒキタクが人気の理由楽天市場の引き出物ランキングで1位にもなったPIARY(ピアリー)の引き出物宅配便セット。今回は、この引き出物宅配便セット(通称:ヒキタク)について、特徴をはじめ、口コミや評判をまとめました。...

公式ホームページ ≫≫ PIARY

3位 RINGBELL(リンベル)

リンベル引き出物宅配の口コミ

(画像出典:リンベル公式ホームページ)

リンベル「引き出物宅配サービス」のオススメポイント

リンベルは言わずと知れたギフトカタログの最大手。

結婚式の引き出物で、リンベルのギフトカタログをもらった人も多いはずが、引き出物宅配セットを贈ることもできます。

リンベルの最大のポイントは、やはり知名度の高さです。リンベルブランドなら贈る側も貰う側も安心です。

厳選されたカタログギフト、引菓子、縁起物の引き出物宅配セットが何パターンか用意されているので、手間なく素敵なギフトが選べます。

多種多様のメッセージカードも付けてくれるので、オリジナリティある引き出物セットを贈ることができます。

お得情報

リンベルメンバーズクラブへ新規登録すると、もれなく50ポイントをプレゼント!

あわせて読みたい
リンベル引き出物宅配の口コミ
リンベルの結婚引き出物宅配サービス!知名度&ブランド力で安定の人気 「カタログギフトで有名なリンベル。引き出物宅配はどんな感じなんだろう?」 カタログギフトのパイオニアといえば、RING B...

公式ホームページ ≫≫ リンベル

4位 GIFT MAN(ギフトマン)

ギフトマン引き出物宅配の口コミ

(画像出典:GIFTMAN公式ホームページ)

GIFTMAN「愛の引き出物宅配」のオススメポイント

ギフトマンでは、2大ブランドのカタログギフト「シャディ」または「リンベル」の他、割引率が40%オフのオリジナルカタログも選ぶことができます。

また、引き菓子が58種類、縁起物は53種類から選べることができ、バリエーションもとても豊かです。

引き菓子や縁起物も割引がされているため、予算を抑えた引き出物宅配セットをお探しの方にピッタリ!

公式ホームページ ≫≫ ギフトマン

5位 antinaギフトスタジオ

antina引出物

(画像出典:antina公式ホームページ)

antinaギフトスタジオの 「引出物宅配便」のオススメポイント

オシャレなギフトショップとして有名なantinaギフトスタジオ。

ワンランク上の引き出物をお探しの方にはantinaギフトスタジオの「引出物宅配便」がおすすめです。

antinaギフトスタジオの特徴は、クオリティの高いギフトカタログが豊富に揃っていることです。

ブライダル用のCOURONNE(クロンヌ)、ACTUS、ILLUMS、DEAN&DELUCAなどのブランドカタログも取り扱っています。

紙袋Sサイズもサービスしてくれるので、当日にゲストにお渡しすることも可能です。

公式ホームページ ≫≫ antinaギフトスタジオ
楽天市場 ≫≫ アンティナギフトスタジオ

引き出物宅配サービスを使ってみよう!

引き出物宅配サービスは、新郎新婦にとっても、ゲストにとってもメリットがたくさん

式場で選ぶよりも豊富な品で贈り分けも可能。割引サービスがあるショップでは定価よりも安く購入できるため、同じ予算で引き出物の内容をランクアップできます。

「重い荷物を郵送してくれて助かった!」

引き出物を自宅に届けてもらえることで、ゲスト側としても、新郎新婦の気遣いを感じることができるのではないでしょうか。

あなたも、ぜひ便利でお得な引き出物宅配を利用してみてくださいね!

あわせて読みたい
結婚式を成功させる手作り&節約アイディア!結婚準備をとことん楽しむ方法先輩花嫁の経験や口コミを元に、結婚式を成功させる手作り&節約アイディアをまとめました。結婚式場・披露宴会場費用、ドレス・ブーケ代、ペーパーアイテム、会場装飾費、演出、写真・DVD、引き出物・プチギフトの節約方法を一挙にご紹介します。このブログ記事さえ読めば、結婚式準備を楽しみながら、100万円以上の節約することも可能です!...