家計管理

ライフプラン表を無料提供しているサイト10選|パソコンやスマホで簡単作成

「ライフプラン表を作りたいけど、何を使っていいのか分からない。パソコンやスマホで簡単にシミュレーションしたい。」

人生の設計図と呼ばれるライフプラン表。将来、安心して暮らすためには大事だけど、専門知識や細かい設定が必要で、何となく面倒くさいと、感じていませんか。

できれば、手間なく正確なライフプランを作りたいと思いますよね。

インターネット上では、オンラインで診断ができたり、エクセルテンプレートをダウンロードできたりするサイトがたくさんあります。

今回のブログ記事では、無料でライフプラン表が作成できるサイト10選をご紹介します。

「結婚する。マイホームを購入する。子どもが産まれる。」人生にはライフイベントと呼ばれる出来事があります。ライフイベントでの選択肢によっては、お金に悩ませることになるかもしれません。

安心して将来を迎えるためにも、あなたに合ったライフプラン表を作成しましょう。

ライフプラン表はなぜ必要?

ライフプラン表とは、家族の価値観を反映したライフイベント表に、キャッシュフロー表と呼ばれる家計の状態を表す表を合せたものです。

今の世の中、一生懸命働いて、特に贅沢をしない暮らしていたとしても、家計が崩壊してしまうことがあります。マイホーム破たん、老後破たん、教育資金破たんなど、多くのリスクと向かっていかなくてはいけません。

リスクを回避するためにも、しっかりとシミュレーションをして、将来について考えておく必要があるのです。

ライフプラン表を作成することで、さまざまなメリットがあります。

夫婦で共通の目的が持てる

ライフプラン表を作成することで、夫婦でお金の価値観を確かめ合うことができます。夫婦で、共通の目的を持っている家庭は、とても少ないです。

わが家も、ライフプラン表を作成するまでは、夫婦の金銭感覚には大きな差がありました。ダンナさんは、本当に金遣いが荒く、節約の意識なんて微塵もない人でした。

ライフプラン表を作成し、将来的にいくら必要かを認識することで、「このままだとヤバイ」と感じてくれたらしく、貯金に対してかなり協力的になりました。

夫婦共通の趣味である「旅行」に関しては、思い切ってお金を使うことが多いですが、固定費などは積極的に削減するようなりました。

お互いの価値観を共有し、好きなことに使うための節約をすることで、お金のストレスをかなり減らすことができました。

人生の三大出費に備える

人生の三大出費は「教育費」「マイホーム購入資金」「老後資金」です。これらの三大出費をコントロールすることで、将来の貯金額が決まります。

三大出費のうち、どこかにお金をかけすぎてしまうと、他が足りなくなってしまいます。バランスを見ながら、支出を決めていかなくてはいけません。

ですが、教育費をいくらかけると、老後資金が不足するのかは、頭の中だけでは計算できませんよね。ライフプラン表は、三大出費の比率を見える化してくれる優れてたツールです

お金を貯めるモチベーション

ライフプラン表を作成すると、現実を知ることになります。中には、老後を迎える前に家計が破たんしてしまうというシミュレーション結果が出ることもあります。

30~40代の若い時期に、現状を把握しておくことで、無駄遣いを減らしたり、収入を増やしたりと、貯蓄に対しての意識が変わります。

ライフプラン表の作成手段

ライフプラン表は何を使って作成するのが良いのでしょうか。以下の手段が考えられます。

  • 手書き
  • エクセル
  • オンラインシミュレーション
  • パソコンソフト
  • スマホアプリ
  • ファイナンシャルプランナーに相談

どの手段で行なっても問題ありませんが、きちんと未来をシミュレーションするためには、正確な情報が必要不可欠です。

教育費がいくらかかるのか、年金がいくらもらえるのかなど、一から調べていくのはとても大変です。そのため、体裁が整ったテンプレートやシミュレーションソフトなどを利用すると良いでしょう。

無料オンライン診断でライフプランを確認

インターネットさえつながっていれば、パソコンやスマホ上でライフプランがシミュレーションできるサイトはたくさんあります。

オンライン診断は、入力項目が少ないため、簡易的なシミュレーションができます。はじめてライフプラン表を作成する方、時間をかけずに目安を知りたい方は、試してみてください。

  • 大手機関や企業が提供しているものが多く、信頼性が高い
  • 入力項目が少ない
  • 簡易的なシミュレーションしかできない

日本FP協会

日本FP協会が提供するライフプラン診断は、わずか9項目に答えるだけ。10,000ケース以上のライフスタイルから将来の家計診断ができます。

選択式なので手間なく、結果を確認することができます。

≫≫ ライフプラン診断

全国銀行協会

全国銀行協会では、世帯属性や収入などの簡単な質問に答えるだけで、ライフプランが完成する「きほんシミュレーション」と、さらに細かくライフプランを設定する「くわしくシミュレーション」があります。

きほんシミュレーションでは、自動車購入費や海外旅行費など、一般的な数値を元に算出されます。くわしくシミュレーションでは、老後の過ごし方なども指定できます。

≫≫ ライフプランシミュレーション

スルガ銀行

スルガ銀行のライフプランシミュレーションでは、30秒の簡易版と10分のじっくりバージョンが選べます。どちらも無料で使うことができます。

簡易版では、世帯収入、配偶者の有無、子どもの数、ライフスタイルを設定。一般的な支出平均からシミュレーションします。

≫≫ ライフプランシミュレーション

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行のシミュレーションは、自分について、配偶者について、子どもについて、ライフスタイルについての4項目を指定します。

平均的な数値を元に、収入や支出、貯金額をグラフで確認できます。

≫≫ ライフプランシミュレーション

エクセルテンプレートを無料ダウンロード

オンライン診断の場合、平均的な数値を元に簡易的に算出するため、精度がやや低めです。

もし、あなたの価値観や暮らしのスタイルに合わせて、ライフプラン表を作成したいなら、エクセルのテンプレートを使うとカスタマイズがしやすいです。

  • ライフスタイルに合わせて詳しく診断ができる
  • カスタマイズが可能
  • パソコンがないと作れない
  • エクセルの知識が必要

日本FP協会

日本FP協会では、オンライン診断に加え、エクセル版とPDF版のテンプレートを用意しています。

将来のライフイベント表、将来のキャッシュフロー表、家計の収支確認表、家計のバランスシートのテンプレートがダウンロードできます。PDF版もあるため、手書き対応も可能です。

≫≫ ワークシート型ツール

ゼクシィ

結婚式情報サイトのゼクシィでも、エクセルテンプレートがダウンロードできます。ゼクシィでは、ライフプラン表の他に、家計簿のテンプレートも無料で提供しています。

数字を入れるだけで、自動計算ができるので、難しい設定は必要ありません。

≫≫ かんたん家計簿&ライフプラン表

Microsoft

マイクロソフトの公式サイトからは「ライフマネープランシート(1年間、10年間)」がダウンロードできます。

最大で10年間のみになりますが、金額を入力するだけで自動計算がされるテンプレートです。

≫≫ ライフマネーシート

ライフプラン表が無料で作成できるソフト

エクセルが使いこなせない、パソコンを持っていないという場合は、スマホ上で確認できるソフトが便利です。

  • ライフスタイルに合わせて詳しく診断ができる
  • カスタマイズが可能
  • スマホ上でも操作ができる
  • 設定がやや面倒
  • 追加費用がかかるものもある

ファイナンシャルティーチャー

ファイナンシャルティーチャーは、現役のファイナンシャルプランナーも使うほど高精度なシミュレーションができるソフトです。

アプリをインストールする必要もなく、パソコンやスマホのブラウザ上で操作ができます。また、エクセルやPDFへの出力も可能。全てが無料で使用できます。

≫≫ ファイナンシャルティーチャー

私自身も、ファイナンシャルティーチャーでシミュレーションしましたが、ファイナンシャルプランナーが作ったものと遜色ないほど、精度が高いライフプラン表が出来上がりました。

➡ まだライフプラン表作ってないの?無料ソフトで後悔ない人生設計を立てる方法

FPUNIV

FPUNIVは、詳しくライフプランを作成するためのライフプランソフトです。

使用するためには会員登録が必要です。個人からビジネスまで使用するための料金プランが設定されていますが、一世帯の利用であれば無料プランで十分です。

遺族年金など、細かい計算が必要な部分も、正確にシミュレーションができます。

≫≫ ライフプランシミュレーション

ライフプランの無料相談

ライフプラン表を一人で作る自信がない場合は、ファイナンシャルプランナーに依頼することも可能です。

保険の無料相談では、併せてライフプランニングしてくれることもあります。

  • 話をしながら詳しく教えてもらえる
  • 専門家の意見が聞ける
  • 保険の商品を紹介される

保険マンモスで相談

保険マンモスでは、お金のプロであるファイナンシャルプランナーがライフプランニングをしてくれます。

私自身、はじめて「ライフプラン」という言葉を知ったのは、保険の無料相談を受けたときでした。無料相談では、理想の暮らしに合せて、住宅ローンや教育資金の目安金額を算出してくれます。必要な場合のみ、保険を紹介するという形です。

貯金が十分にあったり、共働きで収入が良い場合など、保険の必要性がない場合は、無理に勧められることはありません。

夫婦でお金について考えるきっかけになるので、ぜひ活用してみてくださいね。

≫≫ クチコミで絶賛の保険マンモス満足度95%の『無料保険相談』

将来の不安はライフプラン表で解決

今の時代、特に贅沢をしていなくても、家計が破たんしてしまうリスクがあります。

一生に一度のマイホーム購入で、ちょっとだけ背伸びをしてしまった。子供の将来を考えて私立の中高一貫校に入学させた。

今は大丈夫だと思っていても、老後資金が十分に用意できないことだってあり得ます

ライフプラン表では、将来の収支計算がシミュレーションできます。もし、少しでも不安を感じているのであれば、ライフプラン表を作成し、今後の暮らしに役立ててくださいね。

♡ブログランキング参加中♡

目指せランキング上位!あなたのクリックでランキングが上がります。