海外赴任準備

【海外赴任準備】駐在員がアメリカンエキスプレスカードを持つメリット

海外赴任に必要なクレジットカード「AMEX」

「海外赴任が決まった。日本で作っておくべきクレジットカードは何だろう?」

アメリカでは、日本に比べ、クレジットカードが普及しています。

少額の決済に関しても、クレジットカードを使用することが多く、普通に生活を送っていると、現金を使うことはほとんどありません。

生活必需品のクレジットカードなのに…

渡米して間もない私たち外国人は、簡単に作ることができません

現在、アメリカ在住のわが家も、この問題に直面しましたが、たまたま持っていたアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに救われました。

今回のブログ記事では、海外赴任が決まったら、日本で即アメリカンエキスプレスカードを作っておくべき理由を説明します。

クレジットヒストリーがない駐在員

アメリカでクレジットカードを作るには「クレジットヒストリー」「クレジットスコア」が必要です。

クレジットヒストリーとは、SSN(ソーシャル・セキュリティー・ナンバー)で管理された支払い履歴のことです。

所有するクレジットカードの利用状況、車や住宅ローンの借り入れなどが記録されています。

クレジットスコアは、クレジットヒストリーをベースに信用度を数値化したものです。

「クレジットカードを所有できる条件が揃っている=社会的信用度が高い」

と考えられており、クレジットヒストリーがゼロの場合、ローンを組むことを愚か、家の賃貸さえ門前払いされてしまいます。

アメリカ駐在員にとって一番の問題は、日本でのクレジットカード利用状況は全く反映されないことです

初めての駐在の場合、もちろんアメリカのクレジットヒストリーはありません。

クレジットヒストリーを貯めるには、クレジットカードが必要。

なのに、クレジッヒストリーがないと、クレジットカードを作りたくても信用がないので作れないという、無限負のループに陥ることになります

その負のループを手っ取り早く解消するのが、アメリカンエキスプレスカードです。

アメリカンエキスプレスとは?

アメリカンエキスプレス(通称:アメックス)は、アメリカを中心に展開する企業です。

クレジットカード、旅行、銀行、投資信託、保険など様々な事業を手掛けています。

アメリカンエキスプレスカードは、VISAやMasterCardに並ぶ国際ブランドです

全世界のカード会員数は、7,000万人以上。

日本でも、ステータス性と充実したサービスを求め、多くの方が所有しています。

駐在員向け!アメリカンエキスプレスの3大メリット

アメリカンエキスプレスカードを事前に日本で作っておくべき理由はいくつかあります。

渡航後は、日本でクレジットカードも作りにくくなるため、駐在の辞令が出たら、なるべく早く申し込むことをオススメします。

切り替えがスムーズ

アメリカン・エキスプレス・カードを日本で保有する「最大のメリット」は信用情報の引継ぎサービスがあることです

日本で、アメックスのプロパーカード(※1)を使っている場合、日本の利用情報を引継ぎ、移住先の国のカードに切り替えることができます。

正式には、Global Card Relationshipと言います。

アメリカでクレジットヒストリーがない日本人駐在員でも、使っている同等ランクのアメックスカードが現地で申し込めちゃいます。

引継ぎ方法も簡単で、公式ホームページから申込みをすればOK。

※1 わが家は、日本でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを使っていました。

アメリカンエキスプレスは主に3タイプに分類されます。

  1. プロパーカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)
  2. 提携プロパーカード(ANAアメックスなど)
  3. 提携カード(セゾンなど)

情報の引継ぎができるのは、恐らくプロパーカードのみです。

アメリカ版カードのポイント還元率がスゴイ

ここからは、アメリカ版のアメックスを申し込んだときの話です。

アメリカ版のアメックスゴールドでは以下の特典が付きます。

  1. 入会特典60,00075,000ポイント(6ヶ月で$4,000以上使った場合)
  2. 食料品店での買い物はポイント4倍(年$25,000まで)
  3. レストランでの食事はポイント4倍
  4. 年$120分のレストランクレジット
  5. 年$120分のUberキャッシュ
  6. 家族カード無料

※2022年時点の情報

アメックスを保有していない駐在員の場合、クレジットスコアを構築するまで、ANA USAカードJAL USAカードといった外貨建てのクレジットカードを使うことが多いです。

年会費$70のカードで、$1で1マイルの還元率があるため、悪いカードではありません。

ただ、AMEXの還元率に比べて低い。入会特典も少ない

駐在初期は、何かと物入りになり出費が嵩みます。

還元率や入会特典が良いカードで効率的にポイントを貯めることで、旅行代などに充てることができます。

家族カードでもクレジットヒストリーが貯まる

アメリカンエキスプレスゴールドカードでは、家族カードの申込みが無料でできます

私も、夫の家族カードを持っています。

ラッキーなことに、夫の名義で申し込んだカードでさえ、私自身のクレジットヒストリーが貯まっていました。

クレジットヒストリーが構築されれば、アメックス以外のクレジットカードも申込みができるようになります

アメリカには、アメックスだけでなく、入会特典でポイント(マイル)を大量ゲットできるクレジットカードが多数存在します。

私名義で、一枚クレジットカードを申し込んでみたところ、すんなりカードが発行でき、さらに入会特典だけで40,000ポイント(40,000マイル相当)をゲットできました。

夫婦でそれぞれ入会特典を貯めれば、あっという間に日本の往復分くらいのマイルが貯まります。

わが家は、ポイントのみでメキシコのカンクンに行くのが目標です。

渡米1年半くらいで、すでにカンクンの高級リゾートホテル「ハイアットジーヴァ」3泊分くらいは貯まりました

アメリカンエキスプレスカードの注意点

アメックスは、駐在前にぜひ作ってほしいカードですが、いくつかの注意点があります。

年会費がかかる

アメックスの最大のデメリットは、少しお高めの年会費がかかることです。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

  • 年会費: 13,200円(税込)
  • 家族カード: 6,600円(税込)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • 年会費31,900円(税込)
  • 家族カード1枚目無料、2枚目以降13,200円(税込)

ただし、入会特典では、年会費以上のポイント(マイル)はもらえることが多いので、次年度以降必要なければ、解約すればOKです。

日本のクレジットカードとは別物

同じアメックスでも、日本とアメリカではカードが別物です。

日本は円建て、アメリカは米ドル建てです。

そして、年会費もそれぞれかかります

わが家は、日本のクレジットカードは、使用頻度が低いため、年会費永年無料の楽天カードを使っています。

子ども用の通信教育の引き落とし、日本のネットショップなどでの買い物などに使っています。

日本のアメックスカードは、アメリカ版に切り替えが完了後、解約しました。(アメリカからでも問題なく解約できましたよ。)

日本で一定の利用期間が必要

残念ながら、日本版アメックスカードを申し込んで、すぐにアメリカ版に切り替えることは難しいようです。

(画像参照:AMEX公式サイト

ホームページ上でも小さく明記されていました。

カードの切り替えには、3カ月以上カードを保有していることに加え、申込時点でカードが有効である必要があるようです

反対に言うと、渡米までまだ3カ月以上ある方は、すぐにアメックスカードを作り、利用履歴を構築することができます。

アメックスゴールドなら、家族カードも無料で発行してもらえるため、夫が先に渡米した後、日本で残された妻がクレジットカードを持ち続けることも可能です。

アメックス・カード(グリーン)は、年会費は安めですが、家族カードを作ると別途費用が必要だし、入会特典も少なめ。

アメックス・ゴールドカードの方が使いやすいと、私は思います。

アメックスカードで快適な駐在生活を送ろう

アメリカでは、買い物でクレジットカードを使うのは当たり前。

基本的に、高額な買い物は現金でしません。(病院の支払いなどもクレジットカードです。)

その分、入会特典が充実していたり、びっくりするほどのポイント還元率があったり、魅力がたくさん

渡米直後の生活立ち上げ時期は、何かとお金を使います。

その時期に効率よくポイントを溜めることができたら、ちょっとリッチな旅行もできます。

快適な駐在生活に向けて、まずは日本でしっかり準備をしておいてくださいね!

❁ まとめ ❁ 

アメリカンエキスプレスを申し込む大きなメリット

  1. 現地カードへの切り替えがスムーズ
  2. アメリカ版カードのポイント還元率がスゴイ
  3. 家族カードでもクレジットヒストリーが貯まる

アメリカンエキスプレスの注意点

  1. 年会費がかかる
  2. 日本のクレジットカードとは別物
  3. 日本で一定の利用期間が必要

\現在のキャンペーン情報/

ここでご紹介した内容は、必ずしも同じ結果を保障するものではありません。

アメリカでは、担当者によって対応が異なったり、こっそりと改訂されていたりすることがあります😢

公式ホームページで内容を確認の上、お申込みください。