海外赴任準備

コスパ最強のアプリ!幼児の英語教材に楽天ABCmouseをオススメする理由【口コミレポ】

「周囲で英会話教室に通う子が増えてきた。」
「そろそろ子供の英語教育をスタートさせたい。」

小学校での英語教育が必須化された今、幼児期から英語を始める子どもたちが増えています。

「自分が英語できないから、子どもには苦労させたくない。」

親に英語コンプレックスがある方は、早期から英会話教室に通わせがち。ですが、小さい頃に週1回の英会話教室に通うだけなら、無駄になってしまう可能性が高いです。

英語を習得するためには、高額な英会話スクールに通うよりも、毎日英語に触れていることの方が大事です。よって、子供が小さければ小さいほど、親のサポートは必要不可欠。

ただ、忙しい毎日の中、子供につきっきりで、英語の勉強を見るのは難しいですよね。そこで活用したいのが、タブレット学習です。

楽天ABCmouse(ABCマウス)を始めたキッカケ

夫の海外赴任に帯同するため、現在渡米準備を進めているわが家。(某ウイルスのせいで、延期中…。)

➡ 【海外赴任準備】苦渋の決断|アメリカへの渡航延期を決めた5つの理由

渡米後は、現地校に通う予定の子どもたち。もちろん、オールイングリッシュです。

少しでもスムーズに英語に慣れるため、日本にいるうちから、英語学習を進めようと思い、色々と教材を比較していました。なるべく現地の学校に近いものを探してました

小4の長男くんは、何でもマジメに取り組んでくれますが、問題は5歳の次男くん。

本屋で売っている市販のワークは全く手を付けない。フラッシュカードもすぐに飽きてしまう。

そこで、タブレット学習アプリ「Rakuten ABCmouse(楽天ABCマウス)」を試してみました。すると、大ヒット!

アプリは英語オンリーに設定してあるので、毎日一時間は英語漬けになっている状態。本人は、ゲームで遊んでいるだけなので、英語を勉強しているという感覚はありません

本当に自然に英語を覚えている感じです。

突然「プーサイテーボー」と言い出した日には、ビックリしました。「プールサイドテーブル」のことだったみたいですが、発音がネイティブ過ぎて分からなかった(笑)

➡ 遊びながら本場の英語が楽しく身につく【Rakuten ABCmouse】

楽天ABCmouseのオススメポイント

楽天ABCmouseとは、アメリカのApp Storeの「子ども向け」と「教育」の両部門で、No.1を獲得したオンライン教材です。対象年齢は、3~8歳。

アメリカの教育専門家が開発したカリキュラムで、実際にアメリカの幼稚園や小学校でも使われています。

アメリカの子どもたちと同じように、楽しく遊びながら、英語脳を育てることができる教材です。

オススメポイント① 子供が楽しく学習できる仕掛けが豊富

楽天ABCマウスには、子供が楽しく学習できる仕掛けがたくさんあります。次男くん、本当に気に入ったみたいで、途中で止めないといつまでもやっている勢いです。

というのも、楽天ABCマウスは、ご褒美機能がとても充実しています。英語のゲームを一つクリアするごとに、ご褒美チケットがもらえます。

そのチケットを使って、以下のアイテムを購入できます。

  • アバターの着せ替え
  • お部屋のコーディネート
  • ペットのお世話
  • オリジナル水槽

次男くんは、このご褒美システムにドはまりして、「あと100枚ためる!」とかなり意気込んで遊んでいます。

これは、彼が作ったお部屋。もう何が何だか分からないくらい詰め込んでる(笑)

オススメポイント② 5,000種類以上のアクティビティ

もちろん、楽天ABCマウスはご褒美だけでなく、アクティビティも充実しています。特にいいなと思ったのが「フォニックス」や「サイトワード」のアクティビティです。

アメリカの幼稚園や小学校では、フォニックスやサイトワードを学習に取り入れています。

フォニックスとは、簡単に言うと、英語の「スペリング(つづり)」と「発音」の法則です。通常、アルファベットはA(エー)B(ビー)C(シー)と読みますが、フォニックスでは、A(ア)B(ブ)C(ク)と発音します。

正しくフォニックスを学ぶことで、日本人が苦手とする英語の発音も自然とマスターできます。

サイトワードとは、よく目にする単語、頻出単語のこと英語圏で生活するうえで知っていて当然という単語です。アメリカでは、幼稚園くらいから、年齢に応じたサイトワードを学習していきます。

例えば、5歳くらい向けのサイトワードには、”I”とか”they”とか”it”といったワードがあります。

日本の教材では、フォニックスやサイトワードを取り扱うものが少ないですが、楽天ABCマウスは、しっかりとカバーしていました。さすが、現地の教材です。

オススメポイント③ ペーパーワークが豊富

楽天ABCマウスは、ペーパーワークも豊富です。プリンタがあれば、好きなだけ印刷ができるので、補習教材として最適です。

タブレット学習だけだと、なかなか字を書く練習ができないので、プリントと併用すると定着率が上がりそうですね。(と言っても、次男くん、ワークは苦手…。)

英語だけでなく、時計の読み方やお金の数え方など、簡単な算数の問題もあります。

オススメポイント④ ディズニーの絵本が英語で読める

語彙力を上げるには、絵本の読み聞かせが一番の近道です。ただ、英語の絵本はなかなか手に入りにくいですよね。

楽天ABCマウスは、デジタル絵本がとても充実しています。次男くんが大好きなMARVELの本もたくさん。早速、アイアンマンを読みました。

他にも、ディズニーやピクサーの定番ストーリーもたくさん!

さらに、一部の絵本は、ネイティブの読み聞かせもあります。親としても、読み聞かせのプレッシャーから解放されるので、非常に助かっています。

オススメポイント⑤ コスパ最強!料金が安い

一般的に英会話スクールは月額5,000円前後かかりますよね。

楽天ABCマウスは、月額980円です。一日あたりわずか33円

これだけ豊富なコンテンツでこの値段は、コスパが良すぎ。一週間はお試し期間があるので、合わなければすぐに解約も可能。保護者ページからワンクリックで解約できます。

でも、あなたもそのまま続けることになると思います。私も、とりあえず一週間だけと思って申し込んでみたのの、辞められませんでした。

新規登録には少し注意が必要です。楽天ABCマウスは、決済方法やプランによって、金額や無料期間が異なります。

【 月額980円になる条件 】

  1. 楽天IDを持っていない方は、楽天の新規登録をする
  2. おうち英語応援フェア中に(2020年4月10日(金)10:00〜2020年4月30日(木)23:59)Rakuten ABCmouse公式サイトからの申し込み

AppleID決済をしてしまうと、料金が倍近くかかってしまうので、気を付けてください。先に公式ページから登録した後に、アプリをダウンロードすればOKです!

公式HP ≫≫ Rakuten ABCmouse

楽しみながらチャレンジしよう

外出自粛が続く中、毎日をどう過ごそうか悩まれている親御さんはとても多いと思います。ですが、新しいことを集中して学べる期間でもあります。

最近は、便利なツールも増えており、オンラインで学習できる教材も豊富です。

わが家の次男くんも、とりあえず気に入った教材が見つかって一安心。毎日、やることが増えて、私もホッしています。

あなたも、ストレスを溜めずに、楽しみながらできることをお子さんと一緒にチャレンジしてみてくださいね!

※ 当ブログ記事は、著作権フリー画像、)Rakuten ABCmouse公式ホームページの画像を使用しています。

♡ブログランキング参加中♡

目指せランキング上位!あなたのクリックでランキングが上がります。