ブーケ・ブートニア(ダズンローズ)の儀式。結婚式でサプライズプロポーズをしてもらおう!

ブーケ・ブートニアの儀式
人前式を行うなら、おすすめしたい演出が「ブーケ・ブートニアの儀式」。
ブーケ・ブートニアの儀式は別名、ダズンローズ(ダーズンローズ)とも言われています。私たちの人前式でも、サプライズプロポーズ付きのブーケ・ブートニアの儀式を行いましたが、かなり好評でした。

スポンサーリンク

ブーケ・ブートニアの由来

ブートニア誕生の物語

昔、ある男性が大好きな女性にプロポーズをしようと向かう途中で見つけた12本の花を花束にし、ブーケにして愛の言葉とともにブーケをプレゼントしました。

その言葉に答える意味で、そのブーケから1輪を胸のポケットに挿したのがブートニアの始まりだと言われています。
12本のバラは1ダース、つまりダズンローズと言うことになります。

12本のバラの意味

12本のバラにはそれぞれ意味があります。
「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」です。

結婚式でブーケ・ブートニアの儀式

実際に、私たちが人前式で起こったブーケ・ブートニアの儀式を紹介します。

ブーケ・ブートニアの儀式の進め方

  1. 12本バラを用意し、バージンロード沿いの列席者に予め渡しておきます。
  2. 新郎が入場する際、そのバラを一本ずつ受け取っていきます。
  3. バラをまとめて、ブーケを作ります。(結婚式場のスタッフさんにお願いしました。)
  4. 新婦が入場し、新郎がプロポーズとともにブーケをプレゼント。
  5. 新婦が新郎のポケットにブートニアを入れます。

うちのダンナさんからは、結婚前にプロポーズはありませんでした。
ゲストの前で、バラの花束を片膝ついてプロポーズをしてもらえたので、とっても素敵な思い出になりましたよ。

結婚式でブーケ・ブートニアの儀式をするときの注意点

ブーケ・ブートニアは人前式や再入場の演出として行うことが多いと思います。
司会者の方にしっかりと進め方を説明してもらうことが重要です。
ブーケ・ブートニアの儀式は、人気の演出ではあるものの、年配の方などまだ浸透しきっていません。
せっかくの感動的な演出なので、失敗のないように進めたいですよね。
また、バラをまとめてブーケにする作業はスタッフさんにお願いした方が絶対に良いです。
慣れていないと、手間とってしまいます。
新郎にはプロポーズに集中してもらうのが一番です。

ブーケ・ブートニアの儀式を節約するには

ブーケ・ブートニアで使う花束を節約するには、何と言ってもネットで購入することです。
ネットで花束を購入すれば、結婚式場で頼むのの半額くらいになります。
花を束ねるリボンも百円ショップなどにもあるので上手く利用するといいです。

生のバラの花びらにメッセージをプリントするメッセージローズ
サプライズの演出などにもピッタリです。

ブーケ・ブートニアの儀式は、心に残ること間違いなし!
ぜひ、演出の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。