結婚式場&披露宴会場費用の値引き交渉術!タイミングは契約前と契約後を狙え

weddingtiara
「結婚式場・披露宴会場の費用って値引き交渉できるの?」

幸せいっぱいの結婚式に値引き交渉なんてと思うかも知れませんが、結婚式のクオリティを下げすに節約するためには、大事なことです。

結婚式場や披露宴会場は、契約後は、特典や割引を適用してくれないケースがほとんど。費用に関しては、契約前のタイミングで、しっかりと話し合うと失敗が少なくて済みます。

結婚式は一生に何回もするものではないので、誰もが満足のいくものにしたいと思うはず。ついついお金をかけすぎてしまいます。

私も、結婚式場を決めるとき、数百万という大金なのに、何も考えずに契約しちゃいそうになりました。幸せの絶頂期だから、頭がちょっとおかしくなってるんですよね。ですが、やっぱりここは冷静に・・・と我に返り、どうすれば同じ内容で見積もり金額を減らせるかを考えました。

スポンサーリンク

結婚式場の見学は無料相談を活用

「当初の見積もりから100万円以上アップした!」

結婚式準備を進めていくと「あれもやりたい、これもやりたい」でいつの間にか予算が大幅アップしてしまう場合も少なくありません。

予算アップしないためにも、まずは「自分がどんな結婚式がしたいのか。」「どれくらいの規模でやりたいのか。」はイメージしておくと良いです。

ただ、生まれて初めての結婚式準備。イメージなんて全然わかない方も多いと思います。そのような場合は、CMでおなじみのHanayumeや他のウエディングサイトでも、無料相談デスクを設けています。

実際に結婚式場に行く前に、そのような無料相談デスクでイメージを固めてから行った方が、予算アップ防止にもつながります。

無料相談デスクを利用すると、コンシェルジュの方が結婚式場の値引き交渉を請け負ってくれるケースがほとんどです。結婚式場と直接自分で値引き交渉をする必要がなくなります。

ちなみに、Hanayumeでは、結婚式場のブライダルフェア予約をすると、件数に応じて最大30,000円前後の商品券がもらえます。(私も、普通にゼクシィ見て電話で問い合わせてしまったため、この恩恵は全く受けられませんでした。)

参考 結婚式場の相談はウエディングサイトを活用しよう!口コミ&評判で人気の大手5社を徹底比較

ただ、無料相談デスクで取り扱っていない式場もあるので、そのような場合は、私が行なった交渉術をお試しください。

結婚式場・披露宴会場の節約値引き交渉術

私が実際に節約したのはトータルで40~50万円ほど。全体の2割くらい値引きしてもらうことに成功しました。

結婚式にかかる見積もりを正確に作ってもらおう

実際に、結婚式場で見積もりを出してもらう際に、以下のアイテムに注意して出してもらってください。

最初の見積もりは、値段を安く見せるため、基本的なものに絞られていることが多いです。結婚式を滞りなく行うためのもので、個性を出す演出や料理のランクアップなどはほとんど付いていません。

見落としがちなアイテム

  • 音響・プロジェクター使用料
  • 席料
  • サービス料
  • チェアカバー
  • テーブルクロス
  • ペーパーバッグ
  • 式場地図
  • 招待状切手代
  • 介添え料
  • 控室料
  • インナー(下着)
  • メイクリハーサル
  • ウエルカムドリンク など

一般的に見積もりには、お車代や宿泊費は入っていませんが、まとまった額になるため頭に入れておくと良いです。

ランクアップしそうなアイテム

  • 料理
  • 飲物(フリードリンク)
  • 生ケーキ
  • 子ども料理
  • 花嫁衣裳
  • 衣装小物
  • 花婿衣裳
  • ブーケトス
  • メインテーブル装花
  • ゲストテーブル装花
  • ケーキ装花
  • キャンドル装花
  • ブーケ&ブートニア
  • 引出物
  • 親への花束贈呈 など

最初の見積もりでは、ランクが低いもので記載されていることがよくあります。なので、平均値または高めのランクで設定し、見積もりを出してもらうと良いです。

追加料金が発生しがちなアイテム

  • 演出関係(ビデオ上映・プロによる余興・フラワーシャワー)
  • 美容着付け
  • 集合写真
  • 記念写真
  • スナップ写真
  • ビデオ撮影
  • 親族の美容着付け など

演出関係は、やりたいことに応じて追加料金がすぐに発生してしまいます。結婚式場を決める時点では悩んでいても、一般的なフラワーシャワーやキャンドルサービスなどはとりあえず入れておくと安心です。

さらに、ブライダルフェアの特典インターネット予約の特典など、付けられるだけ付けてもらいます。

見積もりをもらったら、「今って他に特典ありますか?」って聞けば良いだけ。怖い顔をせずに、笑顔で挑んでください♪

他の結婚式・披露宴会場との相見積を取ろう

値引き交渉をする際に必ず必要になるのが相見積です。

結婚式場のプランナーさんは、営業が上手です。今、決めると○円引きとか、この日は人気があるので埋まってしまいますよ、などと言ってきます。心配になって、すぐに契約したくなりますが、必ず一端持ち帰りましょう

もし営業プランナーさんが引いてくれないようでしたら、「親にも相談したいので…」と逃げるのがベストです。

2件目、この見積もりを持って別の結婚式場に行き、1件目と同じ内容で見積もりを出してもらいます。1件目の結婚式場は●●●万円くらいでした~と伝えると、自然と1件目よりも安い金額または追加サービスをつけて見積もりを出してくるはずです。

もう少し価格を下げたい場合は3件目で2件目の見積もりを出して同じことを行います。

できれば同じタイプ・同じくらいのランクの式場で相見積を取りましょう。例えば、郊外と都内の式場では、価格差があるのは当然で、差がありすぎると式場側が戦線離脱してしまう可能性も。

価格に納得し結婚式を決定したら、契約する覚悟を決め、再度来店します。

その時に他にもらった見積もりも持っていき、最後にもうひと押し!プランナーさんに「この式場に決めたいけど、他と比べると予算が…」と言ってみます。そうすると、さらに前回よりも良い条件を出してくれるはずです。

この方法は、ちょっと労力はかかりますが、交渉が苦手な方でも比較的値引きしてもらえると思います。

契約前にしっかりと結婚式の契約内容確認しよう

契約してしまうと、値引き交渉は難しくなります。最後に抜かりなく支払内容をしっかりと確認しましょう。

持ち込み料金はかからないか、余分なものがパッケージ料金に入っていないかなど。

持ち込み料金

引き出物、ペーパーアイテム、ドレスなどは、外注(できるものは手作り)するのが結婚sh器節約のコツです。契約前に持ち込み可能かどうか、追加料金などが発生しないか確認しておくと良いです。

パッケージ料金

結婚式場によっては、後でいらないものを省こうとしても、パッケージになっていて個別に外せませんと言うところも。現時点で明らかに必要のないものは別のものに代用できるか、割り引いてもらえるかなど確認しておきましょう。

これで、めでたく契約です♪♪

私は、式場のレストランでは、持ち込み料や保管料が全て無料だったため、ほとんどのアイテムを持ち込みました。

もともと、レストランの支払い費用自体が少なかった(料理やドリンクくらい)ですが、ウエルカムドリンク代は無料にしてもらいました。

契約後、最終見積もり前のタイミングでもう一度

最終見積もり前にも運よく値引き交渉が成立しました。

結婚式場のホームページを見ていると、ちょうど私が結婚式をやる時期の特典としてケーキ代が無料と追加されていました。

ケーキ代は一人1,000円で見積もりが出ていたので、これが無料になったらかなり大きい!60人分なので60,000円の値下げになります。

すかさずプランナーさんに相談。物腰やわらかに、にこやかに(笑)

苦笑いされましたが、結局ケーキ代も無料にしてもらいました。

なかなか、契約後のタイミングで値引き交渉に応じてもらえるケースは少ないですが、私のようにラッキーなこともあるかもしれませんので、お試しあれ。

結婚式場・披露宴会場費用の値引き交渉術のまとめ

結婚式は結婚の始まりです。結婚式後は、出産・子育て、マイホーム購入などでまとまったお金が必要になります。

結婚式場・披露宴会場の値引き交渉は、恥ずかしいことではありません。わが家のダンナさんは、普通に値引き交渉する私を見て、何だか頼もしく見えたそうです。(この時点から、既に夫婦の力関係が確立され始めています…笑)

結婚式の質を下げないためにも、うまく値引き交渉をして、賢く結婚生活を始めてくださいね!