ディズニー旅行

子連れ妊婦がディズニーランド&シーへ!マタニティ旅行成功のコツは?

子連れ妊婦がディズニーマタニティ旅行へ

「ディズニーランドやディズニーシーは、妊娠中に行っても大丈夫かな?」

出産前のマタニティ旅行先に、東京ディズニーリゾートを選ぶ妊婦さんはとても多いです。ですが「妊婦の緊急搬送」「流産の危険性」「妊婦は迷惑」など、良くないことを目にして気にされている方もいるのではないでしょうか。

私も、ネットで様々な情報に心配になりつつ、東京ディズニーリゾートへマタニティ旅行に行った一人です。(しかも、上の子もいたので子連れです。)

今回のブログ記事では、妊婦がディズニーランドやディズニーシーに行くときの注意点や、実際に乗車したアトラクションを妊婦目線の感想付きでご紹介します

妊婦の緊急搬送で大迷惑!

東京ディズニーリゾートからの妊婦緊急搬送が後を絶たないそうです。順天堂大学医学部附属浦安病院は、ディズニーリゾートから最も近い総合病院。

当時、順天堂大学医学部附属浦安病院に勤めていた医師がまとめた論文によると、2007年から2010年までの間に緊急受診した妊婦は129人だったそうです。

そのうち、早産や死産に至ったケースもあります。一般的に「安定期」と言われる期間でも、普段以上に歩いたり、無理なスケジュールで行動したりすると、何が起きるか分かりません。

もし、あなたが東京ディズニーリゾートにマタニティ旅行の計画をしているのであれば、細心の注意を払う必要があります。

ディズニーランド&シーへのマタニティ旅行を成功させるコツ

マタニティ旅行は、多かれ少なかれリスクはあります。ですが、妊娠初期は悪阻に苦しめられ、苦しい陣痛に耐え、出産後は想像以上に大変な生活。

私は、出産前のひと時の楽しみとして「マタニティ旅行」もアリだと思います。

わが家も、妊娠してすぐダンナさんが長期出張に行き、長男には我慢をさせっぱなしでした。長男の「ディズニーでミッキーに会いたい!」という希望もあり、どうしてもディズニーに行きたかったんですよね。

だから、絶対に無理をしない!人に迷惑をかけるような旅にはしない!と誓い、ディズニーリゾートの計画を立てました。その結果、とても思い出に残る旅行になりました。

元気に産まれてきてくれた次男も「お腹の中にいるときにディズニーランドに行ったんだよ。」と言うと、嬉しそうにしています。

ここでは、妊婦さんが、無理なくディズニーランドやディズニーシーを楽しむためのコツをまとめました。

プライオリティシーティングを利用

ディズニーリゾートでは、プライオリティシーティングと言って、レストランの事前予約システムがあります。

プライオリティシーティングを使うと、待ち時間がほとんどない状態で席につけるので、妊婦や小さい子連れにとっては嬉しいサービスです。

プライオリティシーティングが利用できるレストランは以下の通りです。

【 東京ディズニーランド 】

  • イーストサイド・カフェ
  • クリスタルパレス・レストラン
  • ブルーバイユー・レストラン
  • れすとらん北齋

【 東京ディズニーシー 】

  • S.S.コロンビア・ダイニングルーム
  • マゼランズ
  • リストランテ・ディ・カナレット
  • レストラン櫻
  • ホライズンベイ・レストラン(ディズニーキャラクターダイニング)

【 ディズニー・アンバサダーホテル 】

  • シェフ・ミッキー
  • エンパイア・グリル

【 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ 】

  • オチェーアノ
  • シルクロードガーデン
  • ベッラヴィスタ・ラウンジ

【 東京ディズニーランドホテル 】

  • シャーウッドガーデン・レストラン
  • カンナ

1日につき、朝食・昼食・夕食の各時間帯それぞれ1回ずつのみ利用ができます。一度に予約ができる人数は、3歳以下の子供を含めて8名までです。

アトラクションはファストパスを利用

長時間立ちっぱなしの待ち時間は妊婦さんにとって辛いですよね。アトラクションは、ファストパスを利用し、待ち時間は30~40分以内に抑えると負担が少ないです。

ジェットコースター系のアトラクションは、もちろん妊婦はNGです。それ以外のアトラクションもファストパスが利用できないものは、潔く諦め、ディズニーの雰囲気を楽しみましょう。

ショーをメインに

若い頃は、ジェットコースター系がメインでしたが、妊娠中や小さい子連れのファミリーは、また別の楽しみ方があります。ディズニーランドやディズニーシーは、ライド以外にも「ショー」がとても充実しています。

ディズニーランド・ディズニーシーのショーは、主に3通りの方法で観覧ができます。

  1. 並んで待つ
  2. 事前予約
  3. 抽選

妊婦さんにおすすめなのは、抽選や事前予約で見ることができるショーです。ディズニーランドで行なわれるショーの一部は、事前予約が可能です。

抽選のショーは、ディズニーランドとディズニーシーのエントランスでもらうことのできる「Today(トゥデイ)」で確認ができます。

抽選は、パーク内の抽選場所以外にも、お手持ちのスマホからもできます。スマホの場合は、「東京ディズニーリゾート・アプリ」が必要になります。東京ディズニーリゾート・アプリでは、ショー抽選の他、アトラクションの待ち時間の確認、事前予約などができます。

マルチに使えるアプリなので、ディズニーリゾートへ行く際は、事前にダウンロードしておくことをおすすめします。利用は無料です。

ゲストアシスタントカードを活用する

ゲストアシスタントカード

東京ディズニーリゾートでは、ゲストアシスタントカードを発行しています。

ゲストアシスタントカードを持っていると、アトラクションやキャラクターグリーティングを利用する際に、指定の時間まで、列を離れることができます

身体障害者手帳、精神障害者手帳、療育手帳を持っていない妊婦でも利用できます。例えば、ダンナさんに列に並んでもらい、長時間待つことが負担になる妊婦は、時間になるまで、近くのベンチなどで腰かけて待つことができます。

妊婦向けのゲストアシスタントカードは、利用するアトラクションやグリーティング施設で発行してくれます。

宿泊してゆっくりホテルステイを楽しむ

疲れたときにすぐに休めるようにホテルを予約しておくと安心です。ディズニーリゾート内にある「ディズニーホテル」や「東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル」が、近くて便利です

わが家は、楽天トラベルでディズニーアンバサダーホテルの「シェフ・ミッキー付プラン」を予約しました。

➡ ディズニーアンバサダーホテルに子連れで宿泊!口コミ&評判のまとめ

少し予算を落としたい場合は「東京ディズニーリゾート・パートナーホテル」もおすすめです。出産後、家族4人でお泊まりディズニー旅行をしたときは、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイを予約しました。

➡ 三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに子連れで宿泊!口コミや評判は?

とても広々としたお部屋で、朝食バイキングも美味しかったです。しかも、値段も格安だったので、気軽にお泊まりディズニーを楽しむことができますよ。

ー楽天トラベルを使う理由ー

わが家は、旅行はポイントを貯めて楽天トラベルで行くことが多いです。

楽天トラベルを利用した場合、楽天スーパーポイントが100円のにつき1ポイント貯まります。(還元率1%)楽天スーパーポイントは、1ポイント1円相当として使えます。

さらに、楽天カードで決済するを利用すると楽天スーパーポイントが+1%貯まります。年会費は無料なのに、とっても優秀なカードです。

例)50,000円のホテルを予約した場合

  • 楽天トラベルのポイント(1%): 500円
  • 楽天カード決済のポイント(1%): 500円

プランによっては、ポイントが10倍になったり、楽天スーパーDEALで30~40%もついたりすることもあります。

楽天カードを新規で発行する場合、キャンペーンで大量ポイントをもらえるチャンスです!

≫≫ 楽天カードのキャンペーンを見てみる

子連れ妊婦がディズニーランドで回ったアトラクション

ディズニーの公式サイトを元に、実際に乗車したアトラクション、ショー、グリーティングをご紹介します。

ディズニーランドには、妊娠7か月に行きました。二人目ということで、7か月の割にお腹は大きかったので、安全バーがあるライドはなるべく控えました

ここでご紹介する内容は、あくまで一例です。健康な妊婦でも、絶対に安全という訳ではありません。

必ず、ご自身の体調と相談し、無理をしないようにしてください。

クリスタルパレスのキャラクターブレックファスト

ディズニーランドのレストラン「クリスタルパレス」では、朝イチのブレックファストのみキャラクターグリーティングを行なっています

出てきてくれるのは、プーさんと仲間たちです。プーさんたちに会えるのは、東京ディズニーリゾート内で、クリスタルパレスのキャラクターブレックファストだけです。

利用には、プライオリティーシーティングによる事前予約が必要です。

朝ごはんをゆっくり食べながら、キャラクターたちと触れ合うことができるので、お腹が大きい妊婦でも負担は少ないです。

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

【 ファストパス利用 】

ファストパス利用して、待ち時間なしで乗車しました。

わが家の長男は、バズのライドは毎回乗りたがります。シューティングメインのライドです。

バズ・ライトイヤーのアストロブラスターは、レバー操作で急回転します。レバーを触らなければ、比較的ゆったりとしているので妊婦さんにも負担が少ないです

パレード鑑賞


トゥーンパークで息子を遊ばせたり、クリスマスパレードを遠目で見たりしていました。

トゥーンパークは、ベンチも沢山あったので、子連れの妊婦さんが休憩するのにちょうどいい場所。息子も退屈せずに、待っててくれたのでよかったです。

ミートミッキーの家

【 待ち時間:60分 】

ミート・ミッキーの家は、待ち時間60分だったため、アシスタントカードを利用しました

ミート・ミッキーの家では、3つの異なる衣装を着たミッキーに会えます。今回は、初めて燕尾服のミッキー!安産祈願までしてくれて、良い思い出になりました。

隣のミニーちゃんの家にも立ち寄りました。

キャッスルカルーセル

【 待ち時間:5分 】

キャッスルカルーセル(メリーゴーランド)は、上下しますが比較的ゆったりとしています。長さ調整が可能な安全ベルトもついています。

シンデレラ城をバックに写真が撮れます。

トゥモローランド・テラスでランチ

ランチはプライオリティシーティングの予約はしていなかったため、なるべく座席数の多いトゥモローランド・テラスへ。座席数が1470席もあるので、席を確保することができました

実は、途中で雨が降ってきてしまい、どこのレストランもかなり混雑していました。

トゥモローランド・テラス、ファストフード系で、回転率も高め。オーダーまでは少し時間がかかったので、ダンナに並んでもらい、私と息子は席で待機。

今回、ダンナがよく動いてくれたので、ホント助かりました~。ミッキーシェープのハンバーガーを食べました。

ワンマンズ・ドリーム

2014-11-20 14.58.29

【 ショー抽選で待ち時間なし 】

ワンマンズ・ドリームはショーの抽選で当たりました。妊婦の私が引いたら、前から二列目というベストポジション!

妊婦はくじ引きがよく当たると言いますが、本当ですね(笑)

ワンマンズ・ドリームは、初めて見たショーでしたが、迫力満点で面白かったです。キャラクターも次々と登場するし、30分があっという間でした。

となりにいた2歳くらいの男の子は、マレフィセントが登場するシーンで大泣き。確かに怖いよね。息子もさすがに泣きはしなかったけど、かなりビビっていました。

イッツアスモールワールド

【 待ち時間:10分 】

イッツアスモールワールドは、船に乗ってゆったりと進むアトラクション。安全バーもないので、妊婦も安心して乗車できました

行ったのが11月の終わりだったため、クリスマスデコレーションされていて、クリスマスソングも流れていました。ほのぼの気分。

モンスターズ・インク「ライド&ゴーシーク!」

【 ファストパス利用 】

モンスターズ・インク「ライド&ゴーシーク!」は、安全バーがあり、少し動きが激しいアトラクション。当初は、外で待っているつもりでしたが、生憎の大雨。

待つ方が大変そうだったので、乗っちゃうことにしました。妊娠7か月のお腹であれば、安全バーも問題なく下がったので一安心。臨月近かったら無理かも知れません。

雨も強くなってきてしまったので、アトラクションは少なめですが、早めに切り上げました。

人気が高い「プーさんのハニーハント」「ホーンテッドマンション」は、安全バーがあるので乗りませんでした。

ディズニーシーで子連れ妊婦が回ったアトラクション

妊婦旅行は、「身体に負担をかけないため」という理由に、1泊2日で、ゆったりとディズニーランド&ディズニーシーを楽しみました。

ディズニーシーは、ディズニーランドに比べ、ゾーンごとに距離が長く、アップダウンもあります。そのため、エレクトリックレールウェイとトランジットスチーマーラインをフル活用し、なるべく歩く時間を短くするように心がけました

実際、待ち時間と移動時間を考慮したら、歩いた方が早いこともありますが、やっぱり乗った方が楽でした。

子育て妊婦がディズニーシーで楽しめたアトラクションやショーは以下の通りです。

タートルトーク

【 待ち時間:40分 】

家族みんな大好きなタートルトーク。待ち時間は40分で迷いましたが、朝イチで元気だったので、並びました。

座っているだけのアトラクションなので、妊婦でも問題ありません。前から3列目まではキッズエリアだったので、最前列に息子を座らせてみました。サリーかぶってて目立つから、クラッシュに話しかけてもらえるかなぁ~と思ったけど、残念!

マイフレンド・ダッフィー

My Friedn Duffy
【 待ち時間:10分 】

マイフレンド・ダッフィーでは、ダッフィーちゃんのショーを見ながら食事を楽しめます

ディズニーにしては、お手頃価格のファーストフード。座ってゆっくりショーを見れるので、妊婦にオススメです

ショーのストーリーは2パターンでしたが、ダッフィーやシェリーメイを始め、沢山のキャラクターが登場します。

トランジットスチームライン

ディズニーシー

【 待ち時間:5分 】

トランジットスチームラインでディズニーシー内を移動

船の上はちょっと寒かったですが、ゆったりと過ごせます。息子も船に乗って、上機嫌でした。

アクアトピア

【 待ち時間:10分 】

アクアトピアは、特別激しいわけではありませんが、安全バーもあるので、妊婦の私は待機して、息子とパパ二人で乗車

息子はすごく気に入ったらしく、もう一回乗りたい!と連発していました。

ビッグバンドビート

ビッグバンドビートは、抽選が行われるショーの一つです。妊婦効果が高かったのか、見事に当選しました!

ビッグバンドビートは、抽選なしの場合、2階席から見ることもできます。ですが、抽選でリザーブされた1階席は、なんとなく優越感あり(笑)

時間が決まっており、待ち時間なく見ることができるので、お腹が大きい妊婦も負担なく鑑賞することができました

ただし、3歳以下の子供が同伴している場合は、席がありません。私はお腹が大きかったので、息子はパパのお膝の上で鑑賞していました。ちょっと席が狭くなってしまうので注意してください

ショーは約30分でしたが、息子も退屈することなく、楽しそうに集中して見ていました。ちなみに、この期間は、クリスマス特別バージョンでした。

その他・アトラクションなど

その他、妊婦でも楽しめるアトラクションを中心に回りました。

  • アリエルのプレイグラウンド
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ・
  • キャラバンカルーセル

ディズニーシーは雰囲気が素敵なので、歩いてお散歩しているだけでも十分。写真撮影をしたり、ゆっくり景色を眺めたりしていました。

普段はアクティブに動きまわるわが家ですが、時間にゆとりを持ったゆったりとした旅も良かったです。

無理のないマタニティ旅行にしよう

今回のディズニー旅行へ行って、本当に良かったです。そして、これからの育児も頑張ろう!という気持ちになりました。

ディズニーリゾートは、小さい子どもであれ、妊婦であれ、家族全員が楽しめるように作られている素晴らしいテーマパークです。いつでも暖かく迎えてくれるのがディズニーの魅力ですね。

心と時間にゆとりを持てれば、きっと素敵な想い出作りになるはず。ぜひ、自分の体調と相談しながら、無理のない範囲で楽しんできてください。

▼ 旅行好きファミリー実践中!家族旅行費の節約方法

高くなりがちな家族旅行の費用を抑えるコツをまとめています。節約すれば年1~2回は豪華な旅行にも行けます。

➡ 家族旅行費の節約術!貧乏旅行を卒業してワンランク上の旅をするコツ

▼ オススメ!家族旅行記一覧

➡ 【沖縄子連れ旅行記】4泊5日周遊コースと家族4人の予算&費用

➡ 【長崎ハウステンボス旅行記】2泊3日周遊コースと家族4人の予算&費用

➡ 【四国子連れ旅行記】3泊4日周遊コースと家族4人の予算&費用

▼ ブログランキング ▼


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し