ディズニー旅行

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに子連れで宿泊!口コミや評判は?

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイの口コミ&評判

「ディズニーリゾートを目一杯楽しむために、お泊まりしたい!子供は、添寝プランで宿泊費を安く抑えたい。」

ディズニーリゾートへの旅行は、パスポート代、食事代、お土産代、そしてホテル代と考えたら、かなりまとまった費用が必要になります。

実は、ディズニーパートナーホテルでは、宿泊費が安いお得なプランがたくさんあります。特に、小さい子供連れの旅行の場合、添い寝プランを上手に活用すると、料金が抑えられます。

今回のブログでは、ディズニーパートナーホテルの三井ガーデンホテルプラナ東京ベイの子連れで宿泊したときの様子をご紹介します。

三井ガーデンプラナ東京ベイの基本情報

三井ガーデンプラナ東京ベイは、東京ディズニーリゾートのパートナーホテルです。2015年7月に全館リニューアルしています。

最上階には、海を一望できる宿泊者専用の展望大浴場があり、くつろげると好評です。

フルーツや草原をイメージしたカワイイ客室は、全室30㎡以上。基本的にバスとトイレが分かれており、洗い場もあるので小さい子供でも安心。

2018年からは、ナイトウェアがセパレートタイプになり、全館ナイトウェアとスリッパで過ごせるようになりました。

三井ガーデンプラナ東京ベイへのアクセス

東京ディズニーランドバスターミナル(6番乗り場)および東京ディズニーシーバスターミナル(8番乗り場)から無料のシャトルバスで約15分

ピーク時、シャトルバスは10分間隔で乗ることができます。

早朝のプレチェックインも可能なので、車を駐車して荷物だけ預けてディズニーランドへ向かうこともできます。

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイの格安プラン

ディズニーパートナーホテルは、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ以外にもあります。

パートナーホテルは、ディズニーリゾートまでのシャトルバスが運行していたり、ホテルのフロントでチケットが購入できるなどの特典があります。

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイの格安プランで良かったのは、以下の3点です。

パートナーホテルの中で最安値

わが家が予約した日は、三井ガーデンホテル東京ベイがトータルコスト的に最安値でした。

何と、今回の宿泊プランは、大人2人&子ども2人で合計10556円(税抜)でした。

子供は添寝プランだったため、実質無料。ビジネスホテル並みの料金で、快適なホテルステイを楽しめました。

ママ友と話していても、このホテルのクオリティでこの値段だったら、お泊まりディズニーもありだね!と皆が口を揃えて言います。

駐車場代が安い

駐車場代が安いこともメリットの一つです。

ディズニーリゾートのホテルは、駐車場代のレンジがかなり広いです。1泊無料のところもあれば、1泊するだけで1万円以上かかってしまうところもあります

➡ 徹底比較!ディズニー・オフィシャル・パートナーホテル駐車場料金の最安値はどこ?

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイは、駐車場代が1泊30時間まで1,000円でした。(以後15分超過ごとに100円かかります。)

チェックインは通常時間

ディズニーオフィシャルホテルやパートナーホテルでは、格安宿泊プランがありますが、チェックインが19時~とか20時~と言うものも多いです。

今回のプランは、チェックイン時間が一般的な15時でした

子連れディズニーは、子供たちの体調によっては早めのチェックインや遅めのチェックアウトの可能性があります。

また、海に近いので天気も変わりやすくて心配。前回、次男くん出産前に行った時は、全く雨の予報がなかったのに、夕方から大雨に見舞われました。

雨が降ってしまった場合は、早めに切り上げると思うのでチェック時間も大事です。

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイのお部屋

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイは、家族連れを対象として広いお部屋が特徴です。人数に合せて、様々なタイプが用意されています。

  • モデレートツイン
  • スーペリアツイン
  • ユニバーサルツイン
  • バルコニーフォース
  • プラナフォース
  • テラス
  • テラス(2段ベッド)
  • スイート

バルコニーフォースの4ベッドルームが快適

三井ガーデンプラナ東京ベイ宿泊ルーム

今回わが家が宿泊したのは、バルコニーフォースと言う広さ36㎡の広いお部屋

定員4名で、何とベッドが4台置いてあります。なかなかベッド4台の部屋ってお目にかかれないですよね!

身体が大きい長男くん。ツインベッドで添い寝はちょっと厳しいかなぁっと思っていました。次男くんは私が隣にいないと大泣きするので、必然的にパパと長男くんがセットになります。

180センチのでっかいパパと幼稚園で後ろから2番目の長男くん。(←ほぼ小学生の大きさ)これはちょっとかわいそう。

ベッドは1,100 x 1,970mmと、少し小さ目サイズですが、大人2名子ども2名の添い寝プランでも一人一つずつベッドが利用できるので、とても贅沢!

事前に連絡をすれば、ベッドを4台全てくっつけてもらえるので、とてもゆったりと寝ることができました。

のびのびと寝られてこの上なく幸せ。普段は明け方くっついてくる子供たちも、ディズニーで疲れたのか、寝床が快適だったのか、それぞれのベッドで寝ていてくれて、私もベッド一つ占領して久々に熟睡できました。

img_6046_r

窓際には、カウチソファもありました。ちょっとした夜食を食べたりするのに便利なスペースです。

浴槽&洗い場付きのバスルーム

img_6035_r

三井ガーデンプラナ東京ベイでは、最上階に大浴場があります

パパと長男くんは、大浴場へ入りに行きましたが、オムツがとれていない次男くんは、お部屋のお風呂に入りました。

子供と一緒に入る時にありがたい洗い場付きのバスルーム。自宅のお風呂は狭いので、久々に広めのお風呂に入ることができました。

温度設定が難しくて、かなり熱いお風呂になってしまいましたが…(笑)

子供のアメニティも充実

img_6036_r

子供料金は払っていないのに、子供用のアメニティもしっかりと用意されていました。歯ブラシ、スリッパ、寝間着など一通り揃っていました。

1歳の次男くんには、ガウンやスリッパは大きすぎましたが、5歳の長男くんにはぴったり。ちょぴり大人気分でホテルステイを満喫していました。

口コミ評価が高い朝食バイキング「プラナスタイル」

今回、素泊まりプランで予約していましたが、朝食ビュッフェを付けることになりました。

最強の雨男(←ダンナさん)の影響で2日目の朝は見事大雨に見舞われました。予報では曇りだったのに、土砂降り。

前回のお泊りディズニーも晴れ予報に関わらず、雨を降らせてくれたので、少々のことでは動じません(笑)カッパや傘、ベビカーカバーも全て持ってきていました。

➡ ディズニーランド&シー家族旅行記まとめ!3歳児と妊婦でも楽しめたクリスマス時期のお泊りディズニー

ヤフー天気で調べると、お昼前に雨が止む予報になっていたので、ここはゆっくり朝食を食べて、お昼前にディズニーシーに向かう日程に変更しました。

三井ガーデンプラナ朝食ビュッフェ「プラナスタイル」の料金は以下の通り。

  • 大人: 1730円
  • 小学生: 1630円
  • 幼児: 800円 (2歳以下は無料)

朝食付き宿泊プランや事前予約がなくても、当日朝食ビュッフェをつけることもできます。

わが家も予約していませんでしたが、そのまま1階のレストラン「ザ・ガーデンレストラン プラナスタイル」へ行きました。

予約なしで当日直接いく場合は、食事前にお会計を済ます必要あり。お財布は持って行った方が良いです。

朝食の時間は、6:30〜10:00です。

特に時間制限も設けられていなかったと思います。わが家のように、お泊りディズニー2日目の午前中、雨予報が出てしまった場合は、計画を思い切って変更して、美味しい朝食を頂くのも楽しいですよ!

和洋中と、メニューが豊富

img_6048_r

朝食ビュッフェでは、和食、洋食と本当に色々なメニューが揃っていました。

ハニートーストやパンプディングなど、朝食ビュッフェでなかなか登場しないオシャレなメニューもたくさんありました

朝、パン食にするか、ごはんにするか、カレーにするか。少しずつほとんどのメニューを食べた結果、やはり食べ過ぎました…(笑)

バイキングに子供用コーナー

img_6049_r

手前側には、子供用のビュッフェコーナーがありました。高さが低いので、子供が好きなメニューを自分の目で選んで取ることができます。

長男くん、たこ焼きばかり取ってきていました。子供ってどうしてこんなにたこ焼きが好きなんだろう。1歳の次男くんには、危険すぎるので席で待機してもらいました。

館内施設が充実

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイは、総客室550室というとても大きなホテルです。大人数に対応できるように、館内施設はとても充実していました。

キッズエリア

img_6064_r

意外と便利だったのが、ロビー付近にあるキッズエリア。チェックインやチェックアウト、シャトルバスの待ち時間など自由に利用できます。

広いオープンスペース、オモチャが少し用意されているだけのエリアですが、体を思いっきり動かせるので子供たちは十分楽しそうでした。

いつの間にか知らない子と仲良くなって遊んでいたりするので、子供同士のちょっとした交流の場にもなっていましたよ。

コンビニ「ナチュラルローソン」

三井ガーデンプラナ東京ベイの1階には、ナチュラルローソンが入っていて、おにぎりや菓子パン、ドリンクなど一通りのモノが普通のコンビニの値段で購入できます。

ただ、肉まんは売っていませんでした。ドーナツはあったのに…肉まんが食べたかった。

ディズニーファンタシー

ディズニーファンタシーでは、東京ディズニーリゾートのお土産を購入することができます。

パークで買い忘れた!混み過ぎて買えなかった!など、ちょっとしたお土産の買い物に便利です。

雨の日は、ディズニー公式の雨具も販売されているので、レインポンチョや傘などパークへ行く前に購入できます。営業時間は8時~21時です。

三井ガーデンプラナ東京ベイでお得に泊まろう

ディズニー旅行は、何かとお金がかかります。ですが、子供が小さいうちは、日帰りで忙しくするよりも、宿泊してのんびりするのも良い思い出になります。

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイは、価格が安いプランが揃っているので、気軽にお泊まりディズニーが楽しめます。

ファミリー向けの広いお部屋でとてもくつろげるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

≫≫ 三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ

▼ ディズニーリゾート旅行まとめ記事はこちら

➡ お泊まりディズニーの予算は?家族4人ランド&シー格安旅行の費用を公開

▼ 旅行好きファミリー実践中!家族旅行費の節約方法

高くなりがちな家族旅行の費用を抑えるコツをまとめています。節約すれば年1~2回は豪華な旅行にも行けます。

➡ 家族旅行費の節約術!貧乏旅行を卒業してワンランク上の旅をするコツ

▼ オススメ!家族旅行記一覧

➡ 【沖縄子連れ旅行記】4泊5日周遊コースと家族4人の予算&費用

➡ 【長崎ハウステンボス旅行記】2泊3日周遊コースと家族4人の予算&費用

➡ 【四国子連れ旅行記】3泊4日周遊コースと家族4人の予算&費用

※このブログ記事は、2016年の旅行記です。随時更新を心がけていますが、最新情報については、必ず公式ホームページにてご確認ください。

▼ ブログランキング ▼


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し