専業主婦のストレスの原因は?発散ではなく解消しないとイライラや不安は消えない

専業主婦のストレス

「今の時代、専業主婦になれるだけでも幸せ!」

仕事を辞めて専業主婦になりたいと思っている人はたくさんいますが、果たして本当に幸せなのでしょうか。

私自身、大学を卒業してからずっと働いていました。夫の転勤を機に退職し、すぐに次男を出産したため、専業主婦になりました。

専業主婦でいることは、私にとって、肩身が狭く息苦しい状況でした。実際に、専業主婦になって感じたストレスの原因を考えてみました。

スポンサーリンク

専業主婦の3つのストレス

お金のストレス

私が専業主婦になって一番に感じたストレスが「夫が稼いだお金を使う罪悪感」です。

正社員でボーナスも出ていた独身時代。年収は400万円を超えていました。それから結婚を機に転職。年収は下がったものの、共働きで稼げる安心感はありました。

それが「0」になるなんて…。お金が入ってこないことに、かなり焦りました。

夫は人並みに稼いできてくれ、そこそこ自由に使わせてはくれています。ですが、人が稼いだお金を使うことにストレスを感じ、お金に対してかなりシビアになっていました。(←家計管理がしっかりできるようになり、結果的にはよかったですが。)

専業主婦で、自分が稼いでいない事に後ろめたさがあり、言いたいことをあまり言えないこともありました。

子育てや家事は立派な仕事の一つですが、目に見えた生産性がないため、自分の存在意義まで疑問に思ってしまうほどでした。

また、お金を稼いでいないことで、将来に対する不安も増すばかり。教育費の不安、住宅ローンの不安、老後資金の不安。

全てが夫の給料に委ねられており、自分でどうすることもできないことに憤りを感じることも。夫のちょっとしたムダ遣いにイライラし、家計を切り詰めてお金を残すことばかり考えていました。

そのため、共働き時代よりもお金を貯めることはできたものの、いつまで経ってもお金に対する不安は消えませんでした。

自由がないストレス

出産後は、独身時代のように、休日自由に出かけたりすることはできません。だって休日がないのだから。

子育て主婦の仕事は24時間365日休みなし。どんなに疲れていても、体調が悪くても、子どもの面倒はみないといけません。

夫は、「子どもをおいて出かけてこれば」と言ってくれることもあり、実際に預けたことも何度かあります。

ただ、子どもを置いて出かけることになったら、スケジュール調整をし、ごはんの用意を済ませ、全て準備した状態にしておかないといけません。

友達とランチしてリフレッシュした~♡と思って帰ってきても、グチャグチャになった台所、オモチャが散らかり放題のリビングを見て、ゲッソリ…。

後々、しりぬぐいをしないといけないと思うと、そんなに気軽に出かけることもできません。

成果が見えないストレス

家事・育児は本当に成果が見えにくいものです。評価されることもないので、しっかりこなしていても、「これでいいのか分からない。」と不安になります。

主婦業が、どんなに大変でストレスがたまる仕事であったとしても、報酬があれば、頑張れるかもしれません。

ですが、整理収納アドバイザー張りの収納システムに改善したり、プロの料理人並みの美味しい料理を作ったりしても、金銭的な報酬はもらえません。

それどころか、褒められたり感謝されたりすることも少ないです。

仕事のように明確なゴールもない、報酬もない、感謝もないとなれば、ストレスになってしまても仕方がありません

ストレス発散ではなく、ストレス解消しないと意味がない!

「専業主婦はお気楽!」というイメージが強い中、意外とストレスが溜まる仕事だということをご理解いただけたでしょうか?

もちろん、ネガティブな面だけでなく、子どもと一緒にいられて成長を間近で見ることができる幸せもありますよ。

ですが、私にとっては、ストレスが多いので、どうしたら気持ちが楽に暮らせるのか考えるようになりました。

「主婦におススメ!ストレス発散方法○選」など一通り調べて挑戦してみましたが、どれも効果は長く続きませんでした。

【 専業主婦のストレス発散方法の例 】

  • 夫に内緒で美味しいものを食べる
  • 睡眠時間をしっかりとる
  • ネットショッピング
  • DVD鑑賞
  • おうちエステ など

ストレス発散をすると、その場はスッキリします。ただ、根本は解決していないので、時間が経つとすぐにストレスが溜まってしまいます。

「そうか、ストレス発散ではなく、ストレス自体を解消しないと意味がないんだ!」

やっとこのことに気付くことができました。

解消と発散は似ていますが、解消は問題となっている原因を根本から解決すること、発散は他の事に集中して気持ちを切り替えることの違いがあります。

だから、ストレス解消とストレス発散では、全く違う意味になります。

専業主婦のストレス解消方法はライフプランを立て自分で稼ぐこと!

ストレス解消

専業主婦の3大ストレスは、お金・自由・成果です。この3つの問題を解決しなけらば、ストレスにさらされた生活を送り続けなくてはいけません。

そこで私がやったのがこの3つ。

  1. お金 ⇒ ライフプランを作り、お金の不安を取り除く
  2. 自由 ⇒ 一時保育などで自分の時間を作る
  3. 成果 ⇒ 自らお金を稼ぐ手段を身に付ける

お金

今は、毎日バタバタした生活ですが、子どもがある程度大きくなったら、時間的に余裕ができます。まず、自分の好きなこと・得意なことはなにか、将来的に何がやりたいのかを考えました。

夢リスト、人生のミッション、ドリームマップなどを試しましたが、個人的には一番ドリームマップがオススメです。とても楽しい気分になれます。

参考 人生でやりたい夢リスト100の作り方!楽しく生きる目標を考えてみよう

参考 人生のミッションとビジョンの作り方!価値観を整理して生きる目的や目標を持とう

参考 【実例付】夢を叶えるドリームマップの作り方!誰でもなりたい自分になれる簡単な方法

目標が決まったら、次にお金の不安を取り除きました。専業主婦は自分に稼ぎがないことで、漠然とお金の不安がある方が多いように思えます。

実際には、ムダ遣いさえしなければ夫の給料だけで十分やっていけるのに、働いていないからお金がないと感じているだけかも知れません。

そこで、ライフプラン表を使って、将来の収支をシミュレーションしました。

わが家は、社宅住まいということもあり、現在のところは専業主婦生活を続けても問題ないという結果になりました。

ですが、まだまだ出費を見直す余地があったため、固定費をザックリ削ることにしました。これで、100万円くらい浮いたので、無理に働かなくても共働き時代と同じくらいの生活レベルを保つことができるようになりました。

参考 お金がないなら固定費を削れ!家計の出費を減らすための節約チェックリスト

自由

時間の余裕がないとき、気持ちの余裕がないときは保育の一時保育を利用することにしました。

参考 働いていない専業主婦ママでも保育園に預けたい理由!誰でも育児に疲れる時はある

成果

自分がやりたいことでお金を稼ぐため、在宅ワークの道に進みました。まだまだ稼ぎは少ないですが、自分の力で稼げていることが自信につながっています。

これで、ストレスが全て解消された訳ではありません。イライラしたり、不安に思うこともあります。ですが、大幅に軽減されたことは確かです。

参考 賢いママは隙間時間を有効活用!在宅ワークで子育て主婦が稼ぐ5つの方法

ストレス解消して理想の暮らしを手に入れよう

理想の暮らし

女性の生き方は多種多様。子供がいてもバリバリ働く友達、独身主義で自由な生き方を選んだ友達を見て羨ましく思うこともあります。

ですが、羨ましく思っているだけでは、今の状況は変わりません。

もし、あなたが専業主婦で今の生活にストレスを感じていたら、少しずつ変わっていくことが大事。

あなたの人生はあなた自身のもの。ストレスフルな毎日を根本から見直して理想の暮らしを手に入れてみませんか。