四国旅行

子連れで金刀比羅宮・こんぴらさん参り!幼児を抱っこしての階段はまさに苦行

「子連れでこんぴらさん参りをしたい!2~3歳児でも階段を上れるかな?」

こんぴらさんの愛称でも有名な金刀比羅宮(ことひらぐう)。全国的にも知名度が高く、四国旅行に訪れたら、ぜひ行ってみたい観光スポットの一つですよね。

こんぴらさんの本境地は、四国香川県の琴平町。

「讃岐のこんぴらさん」として親しまれ、江戸地代には伊勢参りと並び「こんぴら参り」が庶民の憧れになりました。

さて、そんなこんぴらさんですが、本宮に辿り着くまでに785段の石段を登っていかなくてはいけません。

奥社まで行こうと思ったら、合計1368段上る必要があります。

所要時間は、本宮までなら大人の足で往復1時間半、奥社までは往復2時間半ほどが目安と言われています。

このようなハードな道のりを、小さい子連れで行くことができるのか、無謀にもチャレンジしてきました。

こんぴらさん参拝に向かないお年頃

現在3歳(体重14キロ)の次男くん。正直、この年齢が最も参拝に向かないと思います。

抱っこ紐はもう使わない。普通に歩くし、走る。でも、石段のようなところは危ない。こういう難しいお年頃なんですね。

反対に、抱っこ紐が使えるの年齢(0~1歳くらい)であればもう少し楽です。参拝者の中には、抱っこ紐に赤ちゃんを入れて、階段を上っている夫婦も何組かいらっしゃいました。

わが家は、ダンナさんがどうしてもこんぴら参りをしたかったので、次男くんをほぼ抱っこする決意を固め、行くことにしました。

本宮に向けての道のり

この日、宿泊したのは旅館は、湯元こんぴら温泉華の湯 紅梅亭。早めにチェックインして、車を預けてから、徒歩でこんぴらさんに向かいます。

▼ 紅梅亭は、とても素敵な宿でした。

参考 子連れでこんぴら温泉に泊まるなら「紅梅亭」がおすすめ!口コミ通りの素敵なお部屋と美味しい食事に大満足

「杖、使いたい!!」

旅館の入り口では、杖がレンタルできます。男子に持たせると危険ですよね。チャンバラごっこを始めそうな勢い。

「杖がある方が良い」との情報も聞いたので、旅館で1本だけ借りました。

次男くんも欲しがっていましたが、途中で「杖持ちたくない…抱っこ…。」という状態になりかねないので、荷物は最小限に。

階段のふもとの表参道筋は、お店が立ち並んでいたので、楽しくウインドウショッピングしながら通過。

幸せを呼ぶ「嫁入りおいりソフト」も発見!後々、このソフトクリームのおかげで救われることになります…。

春休みの時期は、どこも桜がキレイに咲いています。

ですが、お花を楽しむ余裕が全くないのは、次男くん。すぐに疲れてきたのか、抱っこ攻撃。もう少し頑張れるかなと思っていましたが、最初の50段くらいで、ギブアップ。

ダンナさん、結局ほとんど抱っこで上ることになりました。

一方、長男くんは「ママ遅いよー。」とかなり余裕。

私はゼーゼー言いながら上っているのに、階段を行ったりきたり、ムダに体力を消費する小学生男子。

「もう杖もいらない。ママにあげる。これ使って頑張って上って!」

はい、ありがたい心遣いです。いや、杖を使うのが面倒になっただけ?

こんぴらさん旭社

「やっと見えてきた!」

と思ったら、旭社という建物。本宮ではありません。(628段目)

この辺りで、ダンナさんの体力も限界になってきたので、近くにあったベンチでしばらく休憩。

一端休むと、動きたくなくなりますよね。ですがここは踏ん張りばって再開。

しばらくすると、嬉しい看板が!!

ラストスパートで、長い階段を上っていきます。ゴールが見えれば、足取りも少しは軽くなります。

そして到着!!!

何とも言えない達成感です。

春休み中とは言え、平日だったので、混雑もほとんどなく、ゆっくりお参りすることができました。

本当は、御朱印をもらう予定だったのにも関わらず、御朱印帳自体を忘れてしまうという大失敗も。

御朱印集めは鎌倉の鶴岡八幡宮から始め、こちらの御朱印帳を使っています。

▼ 鎌倉の鶴岡八幡宮もオススメ!

参考 【赤ちゃん&子連れ旅行】鎌倉観光コース1:江ノ電~人力車で鶴岡八幡宮へ

御朱印帳を忘れた場合、半紙でもらう手もありますが、今回はやめておきました。また近い将来、ちゃんと御朱印帳を持って、再度785段にチャレンジしたいと思います。

行きも大変だけど、帰りも大変。次男くんを抱っこして石段を下りるのは想像以上に危ないです。

半分くらい下りた時点で、次男くんと交渉開始。

「頑張って歩けたら、下のお店でソフトクリーム食べよう!でも、早く下りないと、お店が閉まっちゃうかもしれないよ。」

(実際に、表参道のお店は17時前に閉店するお店も多く、本当にギリギリでした。)

そういうと、次男くんのやる気スイッチが入ったのか、一人で歩くと言い出してくれました。

そこから、ハイペースで下山。何気に次男くんも体力あるんですよね。やればできる子だけど、スイッチが入るまでが長い。

念願の嫁入りおいりソフトクリーム

ソフトクリームのトッピングは、嫁入りに配る「おいり」というお菓子。てっきり砂糖菓子だと思っていたら、あられでした。

中は、空洞になっていて、サクサクと軽い食感でした。和三盆のソフトクリームとの相性も◎でした。

次男くんも、大満足。このソフトクリームのおかげで、無事にこんぴらさん参りをすることができました。

参拝の裏ワザってあるの?

子連れのこんぴらさん参りは、想像以上にハードな結果に終わりました。

わが家のダンナさんは、身体が大きく力も強いので頑張れましたが、私だけだったら途中で挫折していたと思います。

お参りをしたいけど、抱っこして歩くのはしんどい。そういった場合、石段500段までショートカットする手もあります。

金刀比羅宮境内、石段500段目には、資生堂パーラー系列の「カフェ&レストラン神椿」があります。

なんともありがたいことに、駐車場完備!車でここまでこれば、残り285段なので、小さい子連れでも何とか頑張れそう。

神椿は、立地条件だけでなく、名物のおいり神椿パフェや、お食事の口コミ評判もかなり良いレストランです。(駐車場の利用のみは不可・予約や利用事項については、事前に要確認)

また、琴平パークホテルでは、「神椿ディナー&タクシー送迎付きプラン」や「こんぴら石段らくらくプラン・神椿ワンドリンク付き」を用意しています。(2018年4月現在)

このようなプランを上手に活用するのも良さそうです。

≫≫ 琴平パークホテルの宿泊プランを見てみる

こんぴらさんの御利益に期待大!

家族4人で頑張って参拝したこんぴらさん。石段はかなり大変でしたが、とても良い経験になりました。

のぼっているうちに、心も頭も空っぽになっていき、本宮に到達した時には、何だか浄化された気分になりました。

こんぴらさんは、「つらい」と思わず、笑顔でのぼることで、幸運を引き寄せるそうです。

四国旅行の際は、ぜひこんぴらさん参りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

▼ 今回の旅行は、楽天トラベルの航空券+宿泊セットプランで予約しました。

参考 家族旅行におすすめ!四国四県に旅の魅力を感じた5つの理由

参考 楽天トラベルの航空券付き宿泊プランは家族旅行におすすめ!ラ・クーポン利用でさらに格安に

▼ 高級旅館にも泊まれる!家族旅行の節約方法は?

参考 家族旅行費の節約術!貧乏旅行を卒業してワンランク上の旅をするコツ

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し