住居費・マイホームの節約術

ハウスメーカー選びの決め手は?大和ハウスの注文住宅を建てた理由

「家を建てるとき、どうやってハウスメーカー選びの決め手は何だろう?」

マイホームを購入するときの決め手はさまざま。私たち夫婦は、結婚して1年目に大和ハウスで注文住宅XEVO(ジーヴォ)を建てました。

今回のブログでは、ハウスメーカーを大和ハウスに決めた経緯をご紹介します。ハウスメーカー選びに難航している方の参考になれば幸いです。

手探り状態のハウスメーカー選び

当時、ダンナさんの会社では、家賃手当が3,000円しか出なかったため、20代ながらもマイホームを持つことを決断しました。

マイホームの購入を検討し始めたときは、全く知識がなかったので、手探りでした。たくさんのハウスメーカーや工務店で話を聞くうちにいくつか、譲れない条件が出てきました。

  1. 注文住宅でこだわりの家を建てたい
  2. 小学校まで1キロ以内
  3. 徒歩圏内にスーパーなどの商業施設、病院があること
  4. 予算は3,000万円(土地+家)
  5. 車3台以上のスペース有り

条件をクリアするハウスメーカーや工務店はいくつかありましたが「一番の決め手となったのは営業マンとの相性」かもしれません。

ハウスメーカー選びの経緯

限られた予算はローンで2500万円

20代で家を建てたので、予算はあまり高く設定できませんでした。

頭金は、600万円ちょっとありましたが(独身時代に私がまぁまぁ貯めていたので)ダンナさんの勤務年数が転職したばかりで短かったことから、35年ローンを組んだとしても、かなり予算が限られていました。

銀行によって異なるけど、2500万円くらいの融資金額が上限でした。

建売やマンションも見ましたが、やはり憧れは自分たちでカスタマイズした注文住宅。夫婦ともにインテリア好き、こだわりも強い方なので、注文住宅以外は考えられなくなっていました。

積水ハウスにバカにされた

値段的なこともあり、当初は大手ハウスメーカーは無理だと思っていました。そのため、地元の工務店で建てるつもりで話を進めていました。

と言うのも、興味本位で積水ハウスに見学に行ったときのこと。

積水ハウスの営業マンに、予算を伝えると、注文住宅を建てたいと言っているのにも関わらず、明らかにグレードの低い建売を紹介され、「これより安い物件はありませんね」と鼻で笑われました。

今後、この営業マンと付き合いながら家を建てるなんて、トラブルの元だと思い、もちろんお断り。正直、積水ハウスには全く良い印象がありません

地元の工務店で話を進めていましたが、購入しようと思っていた土地を調べたところ、水がつくかもと、ハザードマップに問題があり、ペンディング状態に。

土地探しからまた始めないといけなくなり、一から他のハウスメーカーにも相談することにしました。

大和ハウスとの出会い

大手ハウスメーカーはどこも一緒。きっと、積水ハウスのようにバカにされると思いつつも、大和ハウスにも見学に行きました。ですが、対応が全く違いました。

担当してくれた若い営業マンは少し頼りないながらも、親身に相談に乗ってくれ、必ず予算内で注文住宅を建てると約束してくれました。

まず問題だった土地。相場よりも安い条件の良い土地を見つけてくれ、地主さんと値引き交渉までしてくれました。住宅ローンに関しても、ネット銀行を含めて、金利が安いところを探してくれました。

注文住宅と言うことで、間取りも何度も書き直してもらい、理想的な図面も出来上がりました。ここまで、一切費用はかかっていません。

この時点で、大和ハウスに決めようと気持ちは固まっていましたが、最大の難関は予算です。何せ、2500万円までしか住宅ローンが組めなかったので、正直厳しいと思っていました。

ネットなどの口コミだと、大和ハウスで家を建てると、坪単価は70万円前後。外構費や地盤改良などを加えると明らかに予算オーバーでした。最終的には、支店長まで出てきて、価格交渉をしました。

内覧会モニター値引き、決算値引きなどをしてもらい、建坪37坪のXEVO(注文住宅)を予算内で建てることが決定しました。

➡ マイホーム購入の値引き相場は?ダイワハウスの注文住宅を安く建てる方法

契約をする日は、担当の営業さんがケーキを買ってきてくれ(夫婦二人なのに6個も…笑)、大和ハウスの支店で一緒にお祝いをしました。こういう心配りは大事ですよね。

大和ハウスの印象は?

大和ハウスなど大手のハウスメーカーは、家の資材を工場で量産し、現場で簡単に組み立てる工法を取っています。

そのため、大工さんの腕や天候にほとんど左右されずに、高水準の家が完成します。

家を建てている最中も、大きなトラブルはありませんでしたし、出来上がってからも不具合はありませんでした。(1点、決めていた色と異なる箇所がありましたが、すぐに変更してもらえました。)

また、実際に住んでみて、地元のハウスメーカーや工務店に比べてアフターサービスがしっかりしていると感じました。

ローコストメーカーで建てた友達は「引き渡し時にリビングのドアが取り付けられていなかった。1カ月点検さえも来なかった。」と言っていました。

大和ハウスのアフターサービスは抜群に良いとは言いませんが、24時間つながるコールセンターがある、独自の定期点検のシステムが確立されていることは、安心です。

わが家は急な転勤があり、マイホームを借家に出すことになってしまいました。

その際、大和ハウスの担当の方が親身に賃貸仲介業者と取り合ってくれました。また、大和ハウスブランドのおかげで、相場よりも高く家を貸すことができました。

➡ マイホーム購入後に急な転勤!持家を売却せずに賃貸に出すことを選んだ3つの理由

決め手はインスピレーション!

ハウスメーカー選びは本当に大変な作業です。

自分たちの好きな雰囲気、工法、予算などの条件はもちろんのこと、営業マンや設計士さんととの相性が大事です。

注文住宅の場合は、数か月打ち合わせに毎週のように通います。その時に嫌な思いをしていたら、せっかくの夢のマイホームへの第一歩が台無しです。

ハウスメーカーの決め手はインスピレーション

私たちも大きな買い物だけに悩みに悩みましたが、最終的には営業マンとの相性を含め、自分の直感を信じるしかありません。

その直感を信じたことで、素敵なマイホームを手に入れることができました。皆さんも、納得いくマイホームが建てれますように!

ハウスメーカーの比較をするなら

大手ハウスメーカーの比較をしたい場合は、「注文住宅一括比較 タウンライフ家づくり」が便利です。累計利用者も100万人突破した人気サイトです。

お住まいの地域のハウスメーカーの費用や間取りプランを一括で請求することができます。ハウスメーカーの比較は、値引き交渉においても大事です。相見積をするだけで、相場価格よりも安く家を建てられる可能性大!

公式HP ≫≫ 注文住宅一括比較 タウンライフ家づくり

▼ マイホーム関連・おすすめのブログ記事。

➡ 大和ハウス注文住宅xevo(ジーヴォ)の坪単価は?新築購入で支払った合計費用を大公開

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し