【姉妹ブログ】おうち英語「えいりんご」 詳しくみてみる

アメリカ最強クレジットカード!Chase Freedomがオススメな理由

Chaseアメリカ最強のクレジットカード

「アメリカでクレジットカードを作るならどれがオススメ?」
「究極の一枚を選ぶとしたらどれ?」

アメリカには、たくさんのクレジットカードが存在し、どれを選ぶか迷われる方も多いのではないでしょうか。

駐在期間中、クレジットカードでマイル(ポイント)を貯めるため、日々リサーチを行なっているわが家。アメリカのクレジットカード事情に、かなり精通してきました。

その中で、私が最強だと思うのが「Chase Freedom Unlimted」です。

今回のブログ記事では、なぜこのクレジットカードが最強なのかという理由を徹底解明していきます。

あなたのクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

広告
目次

Chase Freedom Unlimtedが最強な理由

わが家のように、ポイントのために、クレジットカードを何枚も作る人は少数派。

多くの方は、何枚もクレジットカードを持つに抵抗があると思います。

できるだけ枚数を絞って、効率よくポイントを貯めるのであれば、Chase Freedom Unlimtedが最も使いやすいです。

その理由はこちら。

年会費無料なのに入会特典ボーナスあり

Chase Freedom Unlimitedは、年会費が無料です。家族カードも無料で作れます。

年会費無料なのに、入会特典ボーナスとして、200ドルキャッシュバックしてくれます。

入会特典をもらう条件として、ミニマムスペンド(最低利用金額)がありますが、3か月でわずか500ドルなので、ほぼ問題なくクリアできるはずです。

現在のキャンペーン

入会特典として、入会一年以内スーパーでの買い物は、5%のキャッシュバック中。(最大12,000ドルまで)

つまり、12,000ドル使った場合、600ドルキャッシュバックされます。

国際ブランド「VISA」のカード

Chase Freedom Unlimitedは、VISAカードです。

アメリカ駐在員の多くは、アメリカンエキスプレス(通称:アメックス)を保有しています。理由は、グローバルトランスファーで日本の利用履歴を引き継げるから。

グローバルトランスファーについてはこちらで。

アメックスも魅力的なカードであるものの、アメリカのコストコでは使えないんですよね。コストコで使えるのはVISAカードだけ。

コストコのように、VISAは使えて、アメックスが使えないというケースは、結構存在します。

反対に、アメックスが使えて、VISAが使えないというケースは少ないです。(日本のコストコは、マスターカードだけという、かなりレアケース。)

やはり、持つべきものは、国際ブランドのVISAカード。

ポイント還元率は基本1.5%

Chase Freedom Unlimitedのポイント還元率は、基本が1.5%

どこで買い物をしても、最低1.5%という安心感は大きいです。

それ以上の還元率もあります。

  • レストラン(テイクアウト含む) … 3%
  • ドラッグストア … 3%
  • Chaseポータルサイトで旅行の予約 … 5%

しかも、ポイントの有効期限はないので、カードを持っている限り貯めておくことができます。

銀行口座・カード支払いへキャッシュバック

ポイント還元率がよくても、還元先がイマイチだと、元も子もありません。

Chase Freedom Unlimitedは、貯まったポイントを単純にキャッシュバックしてくれるので、ポイントが絶対に無駄になりません。

仮に、生活費で毎月4,000ドルの支払いをしている場合、年間で48,000ドル。1.5%還元なら、72000ポイントです。

還元率は1:1なので、720ドルのお小遣いが無料でゲットできちゃいます。

ポイント還元先の裏技がある

Chase Freedom Unlimitedの残念な点は、マイルやホテルポイントへの移行ができないこと。

それを払拭するのが、年会費有料の親カードの存在です。

親カードを持つメリット

親カードを持つことで以下のことができるようになります。

  • 航空会社のマイルやホテルポイントへ移行できる
  • 複数のカードのポイントを合算できる
  • ポータルサイトでの使用でポイントが割増しされる(25~50%増)
きら

どうせ年会費を払うのなら、親カードだけ持てばいいんじゃないの?

そう思われる方もいますよね。

理由は、Chase Freedom Unlimitedの方が、通常での買い物のポイント還元率が良いから。

  • ポイントを貯めるカード ➡ Chase Freedom Unlimited
  • ポイントを使うカード ➡ 親カード

といった位置づけです。

以下が、親カードとChase Freedom Unlimitedの対比表です。

親カードの種類と比較

【子】 Freedom Unlimited【親】Sapphire Preferred【親】Sapphire Reserve
年会費無料$95$550
通常1.5%1%1%
ドラッグストア3%1%1%
レストラン3%3%3%
ポータル使用時(※1)なし25%UP50%UP

※1 Chaseポータルでポイントを使用時のボーナスポイントです。

例:ポイントを10,000ポイント使う場合、Sapphire Reserveでは15,000ポイントとして利用ができます。

親カードのポイント交換先

Chase Freedom Unlimitedでもらった入会特典やお買い物で貯めたポイントは、親カードに移行し、提携ホテルのポイントや航空会社のマイルに交換します。

また、同一世帯内(妻→夫)であれば、電話一本で、ポイントの移行もできます。

もちろん、手数料などは一切かかりません。

一か所に集結することで、無駄なく消費することができます。

きら

わが家は、カンクンの高級ホテルハイアットジーヴァを予約しました。クリスマスシーズン、1泊800ドル越えの部屋を4泊抑えました。

提携ホテル

  • IHG(インターコンチネンタル系)
  • Marriot(マリオット系)
  • Hyatt(ハイアット系)

提携航空会社

  • エアリンガス航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • エミレーツ航空
  • エールフランス
  • イベリア航空
  • ジェットブルー航空
  • シンガポール航空
  • サウスウエスト航空
  • ユナイテッド航空
  • ヴァージンア・トランティック航空

▼ 親カード「Chase Sapphire Preferred」についてはこちら。

入会特典ボーナスが再度もらえる

Chase Freedom Unlimitedは、一度解約して申し込むと再度、入会特典ボーナスがもらえるという噂があります。

実際に、ブログやSNSの口コミでもよく見かけます。(わが家はまだ実践していません。近々試してみる予定。)

24か月、期間を開ける必要はありますが、同じ金額のキャッシュバックが受けられるのは魅力的ですよね。

任期が決まっている駐在員が2周するためには、早い時期にChase Freedom Unlimtedをゲットしておく必要があります。

Chase Freedom Unlimitedの注意点

Chase Freedom Unlimitedは最強のクレジットカードと言えますが、唯一欠点があるとすればコレ。

Chaseの審査が厳しい

Chaseのクレジットカードは、審査が厳しいことでも有名です。人によっては、渡米後1年間も審査に受からなかったという方もいます。

夫は、Chase銀行の銀行口座を作り、ある程度預金をしておいたところ、夫はChase Freedom Unlimitedよりも難関だと言われている「Chase Sapphire Preffered」の審査に、渡米3か月で通っています。

\口座開設で200ドルもらえる/

アメリカ最強のクレジットカードを手に入れよう

Chaseのクレジットカードは、アメリカ人の友人も一枚は持っているメジャーなカードです。

中でも、Chase Freedom Unlimitedは、ポイント還元率が良く、年会費無料でとても人気。

ある程度のクレジットスコアがある方でしたら、申請する価値は大いにあります。

ぜひ、アメリカ最強のクレジットカードで、効率的のポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

❁ まとめ ❁

Chase Freedom Unlimitedが最強クレジットカードの理由

  • 年会費無料なのに入会特典が高額
  • 国際ブランドのVISAカード
  • ポイント還元率は1.5%以上
  • 現金でキャッシュバックしてくれる
  • 親カードと併用でマイル・ホテルポイントにも交換できる

Chase Freedom Unlimited申込みの注意点

  • 審査が厳しめなので、戦略を考える

\ キャッシュバック中 /

  • 当記事は2022年11月現在の情報を元に作成しています。
  • 当記事のリンクには「紹介コード」が含まれます。
Chaseアメリカ最強のクレジットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次