【姉妹ブログ】おうち英語「えいりんご」 詳しくみてみる

カンクン旅行の予算は?オールインクルーシブホテル泊でかかった費用

カンクン旅行の予算と費用

カンクン旅行の費用は?
予算はいくらあれば良い?

メキシコは物価が安いため、滞在費を安く抑えたいのであれば、節約しやすい場所です。

ですが、せっかくカンクンに行くのであれば、少し贅沢な体験もしたいですよね。

オプショナルツアーで遺跡やセノーテを巡り、オールインクルーシブホテルに泊まり、ビーチサイドでトロピカルドリンクを飲みながらゆっくりする。

もう最高です!!

わが家も、家族4人で4泊6日のカンクン旅行で天国のようなステイをしてきました。

実は、お得な裏技を使うことで、予算を抑えながらも高スペックな旅行ができるんです。

今回のブログ記事では「カンクン旅行でかかった全費用」「お得にカンクン旅行を実現する方法」をご紹介します。

広告
目次

カンクン旅行のスペックと予算目安

今回の旅行は以下のような日程でした。

日程行程宿泊ホテル
1直行便機内泊
2カンクン空港着 
オールインクルーシブホテルステイ
ハイアットジーヴァ
3オールインクルーシブホテルステイハイアットジーヴァ
4オプショナルツアー(昼食込)
 ・グランセノーテ
 ・チチェン・イッツア
 ・セノーテイキル
 ・ピンクレイク
ハイアットジーヴァ
5オールインクルーシブホテルステイハイアットジーヴァ
6カンクン空港発 直行便

オールインクルーシブホテルステイを楽しみながら、オプショナルツアーも行く欲張りな日程。

▼ 宿泊したホテルの詳細 ▼

南カリフォルニア在住、4人家族(夫婦+小学生2人)のわが家。

年末のホリデーシーズンに、何も節約せずにカンクン旅行をした場合、おそらく以下のような費用になったと思います。

飛行機チケット(LAX⇔カンクン)3,200ドル(800ドル/人)
ホテル宿泊費4,000ドル(4泊)
空港シャトル170ドル(往復)
オプショナルツアー代1,000ドル

合計:8,370ドル

日本円換算したら100万円越え。

アメリカの物価高騰で大打撃を受けている、一般駐在員には大きすぎる出費です。

この金額の旅をしようと思ったら、日ごろの生活をかなり切り詰めなくてはいけなくなるので、何とか安く抑えられないかリサーチしまくりました。

実際に、どのくらい節約できたのか詳しく解説していきます。

カンクン旅行にかかった費用と節約技

カンクン旅行の大きな出費は航空チケット代とホテル代です。

そのどちらかを節約できれば、予算を抑えることができます。

飛行機チケット代

👛 飛行機代:1861.54ドル

Viva Aerobus1641.54ドル
Cross Border Xpress(CBX)220.00ドル

飛行機のチケット代を節約する方法は主に2通り。

  1. マイル(クレジットカードのポイント含む)を貯める
  2. メキシコのLCCを使う

まず、マイルを貯めるのは王道ですね。

DELTAやUNITEDなどの航空系クレジットカードを作るだけで一気に数万マイル貯まります。

航空系のポイントは無期限で、キャッシュとの併用が可能なので、使い勝手がとても良い。

ただ、今回はコスパ重視でメキシコのLCCを利用することにしました。(貯まったDELTAやUNITEDのマイルは別の機会に使う予定。)

わが家は南カリフォルニア在住なので、国境すぐにあるヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港(メキシコ・ティファナ空港)を利用しました。

サンディエゴ側(Cross Border Xpress)から徒歩でメキシコに行き、メキシコのドメスティックフライトに乗ることができます。治安も問題ないです。

一点注意点があるとすれば、CBX利用料が往復約50ドル/人かかることです。オンライン上で事前支払いすると、少し割引になります。

メキシコのLLCとしてメジャーなのはこの3つ。

  • VIVA AEROBUS(ビバアエロブス)
  • VOLARIS(ボラリス)
  • INTERJET(インテルジェット)

今回はビバアエロブスを利用。

まさかのリクライングもできない座席にビックリしましたが、価格はアメリカ便の半額でした。

フライト時間は5時間程度だったのでここは我慢。

その分、豪華なホテルステイやオプショナルツアーを楽しむことにしました。

サンディエゴ~ロサンゼルス周辺にお住まいの方は、こちらの空港も検討してみると良いかもしれません。

ビザホルダーの方はI-94を印刷しておいた方が良いです。
わが家はメキシコからアメリカに入国する際、提示を求められました。(慌ててオンライン入手)
イミグレでI-94の更新もできそうな雰囲気でしたがグレーです。

ホテル宿泊費

👛 ホテル宿泊費:119.36ドル

Hyatt Ziva (観光税x4日分)4.56ドル
Teepee Night(@57.40ドルx2)114.80ドル

カンクンのホテルでは、観光税のようなものが1日1ドルちょっとかかるようです。宿泊費と別で取られます。

ホテルで有料のキッズイベントも参加したので、その費用も追加されています。

ですが、ホテル宿泊費はゼロ

ハイアット系のホテルは、周囲のオールインクルーシブホテルに比べると価格帯が少し高めです。

ハイアットジーヴァカンクンは、夫婦+小学生2人で予約する場合、オフシーズンでも$700前後/泊、ハイシーズンだと$1,000/泊近くします。

検索すると部屋代が500ドル台の場合もありますが、別途オールインクルーシブ費用が子供にかかるので注意してください。

ここで、究極の裏技!

アメリカ在住の方は、クレジットカードのポイントを使うと宿泊費を無料にできます。

❁ オススメのクレカ 

合算すると80,000ポイント

夫婦それぞれが同じクレジットカードを作れば160,000ポイントゲットできます。

実は、Chaseクレジットカードのポイントがむちゃくちゃ優秀で、ハイアットポイントへトランスファーが1:1で可能。

ハイアットジーヴァは通常シーズンで25,000ポイント/部屋(家族4人の場合は50,000ポイント)なので、クレジットカードを申し込むだけで、家族4人分の3日分の宿泊費に充てることが可能です。

クレジットカードのポイ活は、アメリカ在住者にとって当たり前になりつつあるので、ぜひご活用ください。

わが家も、もちろんポイント利用。

4泊分だったので、4,000ドル(50万円)近く得した計算になります。

ハイアットジーヴァカンクンだけでなく、ハイアット系列ならばどこでも同じ手法で無料にできます。

カンクン周辺であれば、ジラーラ、ゾエトリ、ドリームリビエラ、グランドハイアットもあります。

空港シャトル代

👛 空港シャトル代:77.88ドル

Cancun Shuttle77.88ドル

オールインクルーシブホテルでは、別途空港シャトルの手配をしてくれます。

ですが、ものすごく高いので、よっぽどのお金持ち以外は使わない方が良いです。

例えば、ハイアットジーヴァーカンクンの料金は以下の通り。

  • ラグジュアリー・5名まで(片道): 110ドル
  • ラグジュアリー・5名まで(往復): 220ドル
  • 標準・10名まで(片道): 85ドル
  • 標準・10名まで(往復): 170ドル
https://www.hyatt.com/en-US/hotel/mexico/hyatt-ziva-cancun/canif/maps-parking-transportation

安心を買うという意味でも、少々高すぎる印象です。

わが家はネット検索で出てきたCancun Shuttleというところで手配しました。英語には対応しています。

往復で約78ドル。バンタイプの完全貸し切り。

復路は、渋滞のため15分ほど遅刻。でも、WhatsAppのテキストメッセージでやりとりができたのでよかったです。

もし、日本のサイトで予約したい場合は、ベルトラの貸し切り空港送迎サービスもあります。片道50ドルほど。

オプショナルツアー代

👛 オプショナルツアー:880.00ドル

ベルトラオプショナルツアー(一日)880.00ドル

オプショナルツアーはベルトラで予約。

レンタカーやバスを乗り継いで観光することも考えましたが、語学と治安の不安から、個人旅行は断念しました。

お金はかかりましたが、費用帯効果はとてもよかったです。

利用したツアー

わが家が利用したのは、大人気のカンクン4大観光地周遊ツアーです。

カンクンの人気観光地『 チチェン・イッツァ遺跡 』『ピンクレイク』 『グランセノーテ』 『セノーテイキル』を一日で全て巡ります。

朝5時にホテルにピックアップしてくれ、夜9時過ぎに戻る弾丸ツアー。

▼ ツアー詳細はこちら ▼

日本人ガイドさん同行で、各観光地について詳しく説明していただけました。観光バスにトイレもついており安心。

1日の弾丸ツアーで4大観光地(グランセノーテ・チチェンイッツア・セノーテイキル・ピンクレイク)を巡るツアーで、大人一人280ドルでした。

お土産代

👛 お土産代合計:28.90ドル

Starbucks16.50ドル
Beach Market(マグネット)2.00ドル
Pink Lake(マグネット・塩)6.50ドル
Cancun Airport(シール)3.90ドル

お土産はかなり控えめです。

と言うのも、結構な頻度でメキシコ出張がある夫。お菓子やお酒などは、いつでも頼めるので全く買っていません。

スタバのマグカップ、マグネット、ステッカーなど、定番のお土産だけにしました。

カンクンのお土産の価格は買う場所によって全く違います。

空港 > ホテル > ホテル繁華街 > ダウンタウン

小物類を買うのであれば、チチェン・イッツア内の路面店がとても安かったです。マグネット1ドルとかでした。

カンクン旅行合計費用

👛 合計費用:2889.80ドル

  • チップは含んでいません。(+150ドル程度)
  • 1ドル=20ペソで計算しています。

当初の予算の半額以下で夢のような旅が実現しました。

一人当たり約720ドル。ホテル代が完全無料にできたことが大きかったです。

カンクン旅行で失敗しないために

今回のカンクン旅行では、本当に良い思い出を作ることができました。

ですが、中にはかなりの予算をかけた割に、満足度の高い旅ができなかった、後悔が残る旅になってしまったという方もいます。

なぜそのような違いが出たのでしょうか。私なりに、満足度が高い旅をするポイントをまとめてみました。

オールインクルーシブのホテル代はケチらない

カンクンでオールインクルーシブホテルに泊まるなら、絶対にホテル代をケチらない方が良いです。

なぜなら、ホテルに滞在する時間が長く、ホテルの満足度が低ければ、旅の満足度も下がってしまいます。

オールインクルーシブホテルならどこも大差ないだろう。
少しでも安いところにしよう。

と、ホテルを決めるのはとっても危険です。

今の時代、ホテル予約サイトから口コミを誰でもチェックできます。とても参考になりますよ。

私はHotels.comで予約することが多いですが、最低でも8.0/10以上のホテルを予約するようにしています。

それだけでも、大きな失敗は減らせます。

しっかりとホテルの情報や口コミを確認し、ご自身の目的にあった場所を選ぶことをおすすめします。

≫ 宿泊予定のホテルの口コミを見てみる

メリハリをつけて観光する

カンクンは観光する場所も多く、ホテル以外のアクティビティもかなり楽しめます。

観光メインにしたい場合は、メリハリを考えてホテル予約をすると良いです。

観光する日は、オールインクルーシブの費用は無駄になってしまうので、ここは節約してもOK。(もちろん、口コミはチェックしてね。)

ダウンタウン方面なら4つ星ホテルでも、一部屋100ドル程度で泊まることもできます。

前泊付きのツアーを利用するのもアリだと思います。

≫ グランセノーテ+チチェン・イッツァ+セノーテイキル+ピンクレイク カンクン4大観光地1日周遊ツアー<昼食付/日本語カメラマン兼公認遺跡ガイド/前泊付プランあり>

カンクン旅行を避けたいシーズン

ビーチやプール、遺跡ツアーなどは、雨が降ってしまったら十分に楽しむことができません。

カンクンは雨季と乾季に分かれています。雨季は5月~11月、乾季は12月~4月。

ベストシーズンは、雨が少ない乾季です。

わが家は乾季の12月末に行きましたが、ビーチやプールに入ることもできたし、雨も一日目に少し降っただけだったので、過ごしやすかったです。

ただ現地の人曰く、雨季でもスコールや通り雨がほとんどで、1日中雨が降り続くことは少ないそうです。

メキシコの天気予報の的中率は10%程度なので、全部雨予報でも心配しなくて大丈夫。

最も避けなければいけない時期は、9月~10月です。本格的にハリケーンシーズン到来。

観光ができないだけでなく、フライト自体がキャンセルされ、最悪旅行に行くことができないという可能性も出てきます。

混雑する時期も注意が必要です。

【 混み合う時期 】

  • 11月末(アメリカのサンクスギビング)
  • 12月末~1月上旬(ホリデーシーズン)
  • 3月末~4月(メキシコの復活祭)
  • 7月~8月(バケーションシーズン)

例えば、12月。カンクンはベストシーズンと言われていますが、例年、北米(特にニューヨーク・シカゴ方面)に大寒波がくる時期でもあります。

実は、カンクン旅行の復路、わが家でも天候不良(濃い霧が原因)で、急きょ別の空港に不時着するという経験をしました。

私たちは半日遅れで無事に帰ることができましたが、カンクンに向かう便はキャンセルされてしまったようです。

ホリデーシーズンの飛行機はほぼ満席。天候不良などで飛ばなくなってしまうと、キャンセル拾いはほぼ不可能だと考えた方が良いです。

万が一に備えて、キャンセル規約、補償などをしっかりとチェックしておくようにしましょう。(クレジットカードに付帯されている場合もあります。)

質を落とさずに安くカンクン旅行を楽しもう

カンクン旅行は、アメリカ駐在生活当初からの家族の夢でした。

そのために、クレジットカードのポイ活を頑張ってきたといっても過言ではありません。

おかげで、質を落とさずに満足度の高い旅をすることができました。

ちょっと、ポイ活を頑張りすぎたこともあり、実はまだまだポイント・マイルは残っています(笑)

すでに折り返し地点に入ったわが家の駐在生活。残り期間で、どれだけ旅行にいけるか、また入念に計画しなきゃいけませんね。

どうぞ皆さんも、素敵なカンクン旅行ができますように。

おうち英語ブログのお知らせ

幼児~小学生向けのおうち英語ブログ「えいりんご」を開設しました✨

フォニックスやサイトワードといった英語圏特有の学習方法を中心に、親子で英語学習するアイディアを紹介しています。

無料で使えるオリジナル教材やポスターも多数ありますので、ご活用いただけたらと思います。

カンクン旅行の予算と費用

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次