【姉妹ブログ】おうち英語「えいりんご」 詳しくみてみる

Chase Sapphire Preferredの審査を最短でクリアする条件

Chaseクレジットカードの審査条件

「Chase Sapphire Preferredを最短で作りたい!」
「審査をクリアする条件は?」

クレジットカード大国のアメリカで、Chase Sapphire Prefferedは、とてつもなくお得だと、耳にしたことがある方は多いはず。

一方、入会審査が厳しく、すぐに手に入れることも難しいとも言われていますよね。

今回のブログ記事では、以下をまとめてみました。

  • Chase Sapphire Preferredクレジットカードがおすすめな理由
  • Chase Sapphire Preferredクレジットカードの審査条件(考察)

Chase Sapphire Preferredの入会を考えている方の参考になれば幸いです。

広告
目次

魅力いっぱい!Sapphire Preferredがおすすめな理由

Chase発行のSapphire Preferredは、年会費95ドルのクレジットカードです。

年会費が無料ではないものの、様々な特典がついており、かなり魅力的なクレジットカードの一つです。

特に、期間限定の駐在生活で、旅行にたくさん行きたい人にはオススメです。その理由はこちら。

入会特典ボーナスが高額

Chase Sapphire Preferredは、入会特典ボーナスが高額

カードを申し込んで3か月以内に4,000ドル以上使うだけで、60,000ポイント(600ドル相当)のキャッシュバックが受けられます。

1%以上のポイント還元

Chase Sapphire Preferredは、通常でも1%のポイント還元があります。

もちろん、1%以上のポイント還元率もあります。

利用場所還元率
Chaseポータルサイトでの旅行予約5%
レストランでの利用3%
旅行関連での利用2%

貯まったポイントは、現金でのキャッシュバック他、提携先に移行することも可能です。

提携ホテル

  • IHG(インターコンチネンタル系)
  • Marriot(マリオット系)
  • Hyatt(ハイアット系)

提携航空会社

  • エアリンガス航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • エミレーツ航空
  • エールフランス
  • イベリア航空
  • ジェットブルー航空
  • シンガポール航空
  • サウスウエスト航空
  • ユナイテッド航空
  • ヴァージンア・トランティック航空

ハイアット系ホテルへの高ポイント還元率 

ポイント移行先として、特にオススメなのがハイアット系ホテルです。移行レートは1:1

例えば、カンクンのオールインクルーシブホテル「ZIVA Cancun」に1泊25,000ポイントで宿泊できます。

入会特典ボーナスをもらった時点で、2泊分無料!

ハイアット系のホテルへの宿泊を考えている方には、MUSTのクレジットカードです。

安定のVISAカード

Chase Sapphire Preferredは、安定のVISAブランド。

アメリカでVISAカードしか使えないところと言えば、コストコです。

コストコは買い物単価が高いので、クレジットカードのポイントも貯まりやすい。

ポイントの合算や移行ができる

Chase Sapphire Preferredを親カードとして、他のChaseクレジットカードで貯まったポイントを移行・合算することができます。

例えば、Chase Freedom Unlimitedは、通常のポイント還元率1.5%です。キャンペーンによっては、食料品(スーパーでの利用)で、5%になることもあります。

還元率が高いChase Freedom Unlimitedを利用し、Chase Sapphire Preferredにポイント移行することで、がっつりと貯めることができます。

また、他のChase系クレジットカードの入会特典ボーナスポイントも移行可能。同一世帯内であれば、名義が異なっても移行できるので、ポイントを余すことなく使えます。

旅行関係の補償が充実している

Chase Sapphire Preferredは、旅行関係の補償が充実しています。

利用付帯:Chase Sapphire Preferredを利用して支払った場合のみ有効。

旅行キャンセル補償 

病気、悪天候などで旅行に行けなくなった場合、一人につき $10,000(旅行全体で$20,000)まで補償されます。

レンタカー補償

アメリカ国内で、レンタカーが盗難にあったり、事故で破損したりした場合など、補償されます。

遅延補償

飛行機などが12時間以上遅延したり、宿泊が必要になったりした場合、航空券に対して500ドルまで補償されます。

ロストバッゲージ補償

スーツケースなどの荷物が破損したり、紛失してしまったりした場合、3,000ドル/人まで補償されます。

6時間以上遅れが生じた場合、100ドル/日x5日分、支払われます。

毎年使った分の10%ポイントバックされる

Chase Sapphire Preferredは、95ドルの年会費が発生するタイミングで、前年に使った金額の10%がポイントで戻ってきます。

もし、年間25,000ドル利用したら、2,500ポイントがもらえます。

48か月後に再度入会ボーナスがもらえる

ブログやSNSでは、Chase Sapphire Preferredを一度解約して、再入会すると、特典ボーナスがもらえるという口コミがあります。(わが家は、まだその期間になっていないので、実践していません。)

申込みから48か月、期間を開ける必要がありますが、また60,000ポイントもらえるなんて太っ腹すぎます。

AMEXは、同じ系列のカード申込みで、入会特典ボーナスが貰えるのは、生涯一度きりです。

Chase Sapphire Preferredの審査を最短でクリアした条件

魅力的な特典がつまったChase Sapphire Preferredですが、唯一の欠点をあげるとしたら、入会審査が難しいこと。

渡米後コツコツクレジットスコアを貯めて、1年がかりで審査が通ったという人もいます。

一方、夫は、約3か月という短い期間でChase Sapphire Preferredを手に入れました。そのときの条件をまとめました。

あくまでも考察なので、必ずしも同じ結果が得られる訳ではありません。

ChaseのSaving Account(貯蓄口座)開設

渡米直後に、Chase銀行のChecking Account(普通口座)とSaving Account(貯蓄口座)を開設

夫の会社では、アメリカ生活の立ち上げにかかる費用(賃貸契約・車の購入・家具家電の購入など)は、基本的に建て替えをしなくてはいけなかったため、日本からまとまった金額を送金しました。

すぐに使う予算以外は、Saving Accountに入金。

色々と口コミを見ていると、Saving Accountを持っていた人は少ないので、そこも審査クリアのポイントかもしれません。

\口座開設で200ドルもらえる/

Amexのグローバルトランスファーを利用

SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)をゲット後、Amex(アメリカン・エキスプレス)のグローバルトランスファーで、アメリカの正規AMEXクレジットカードを手に入れました。

グローバルトランスファーは、日本で一定期間、Amexを持っていれば、信用情報の引継ぎができるシステムです。わが家は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを持っていました。

意外と知られていない裏技なので、オススメです。詳しくはこちらの記事で説明しています。

AMEXがない場合は?

日本で作れるアメリカのクレジットカードとして、ANA USA(VISAブランド)やJAL USA(Master Cardブランド)の航空系クレジットカードを持つ方も多いです。

渡米90日から作れるというメリットはありますが、SNSと紐付けされていないと、いくらクレジットカードを使っても、クレジットスコアは貯まりません。

審査時点でクレジットカード2枚保有

夫は、日本にいるうちに給与口座として、Union Bankでも口座開設をしていました。

既にAmexカードを1枚持っていましたが、コストコでガソリンを入れたいのにVISAがないと、不便に感じ、COSTCO VISA CARDを申請。見事、惨敗。

次に、Union Bankの窓口で相談したところ、Union BankのVISAクレジットカードをゲットできました。

その後しばらくして、Chase銀行経由で、クレジットカードのオファーがきたと言っていました。

Chase Sapphire Preferredまでのステップ

流れをまとめるとこんな感じです。

渡米前
渡米直後~1か月
  • SSNを取得
  • Chase銀行で口座開設
  • 住居決定
  • グローバルトランスファーでAMEXカードをゲット
  • 生活立ち上げでクレジットカードを鬼のように使う
渡米2か月
  • Costco VISA CARDを申請⇒審査落ち
  • Union Bank VISAクレジットカードを申請⇒ゲット
渡米3か月の終わりごろ
  • Chase 銀行からクレジットカードのオファーがくる
  • Chase Sapphire Preferredを申請⇒ゲット

今考えると、ちょっと常識外れなペースでクレジットカード申請してますね。

一般的に、90日空けた方が良いと言われていますが、あまり関係ないのかとさえ思えてきます。

人によって状況は異なりますが、結局のところ…

クレジットカードをたくさん利用して、
真面目に支払うこと。

それに尽きます。

Chase Sapphire Preferredを手に入れよう

Chase Sapphire Preferredは、旅行をたくさんしたい人にオススメのクレジットカード。

審査条件は厳しめという声が多い中、スルっと審査をクリアしてしまったケースもあります。

アメリカは担当者の対応によっても異なります。ある程度クレジットスコアがある方は、ぜひ審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

❁ まとめ ❁

Chase Sapphire Preferredがオススメの理由

  • 入会特典ボーナスが高額
  • 1%以上のポイント還元
  • ハイアット系ホテルへの高ポイント還元率
  • 安定のVISAカード
  • ポイントの合算や移行ができる
  • 旅行関係の補償が充実している
  • 毎年使った分の10%ポイントバックされる

Chase Sapphire Preferredを最短で手に入れる方法

  • ChaseのSaving Account 開設
  • Amexのグローバルトランスファーを利用
  • 審査時点でクレジットカード2枚保有

\ キャッシュバック中 /

  • 当記事は2022年11月現在の情報を元に作成しています。
  • 当記事のリンクには「紹介コード」が含まれます。
Chaseクレジットカードの審査条件

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次