砥部焼窯元めぐり初心者におすすめ!観光センター炎の里でカワイイ豆皿ゲット

砥部焼 炎の里の口コミ

「愛媛観光をしたいけど、おすすめスポットはないかな?」
「四国に行った記念のお土産に砥部焼の器がほしい。」

作家さんの食器、窯元巡りなど、和食器ブームが続いていますよね。

私も今回の四国旅行で、お気に入りの豆皿を買いたいと思い、砥部焼の窯元を覗いてきました。手始めに訪れたのが、砥部焼観光センター炎の里(えんのさと)です。

松山空港からレンタカーで約30分ほど。広い駐車場があり、車でのアクセスが便利です。

スポンサーリンク

砥部焼とは?

砥部焼とは、四国の愛媛県伊予郡砥部町を中心に作られている陶磁器。四国を代表する讃岐うどんの器にも愛用されています。

砥部焼は、ぽってりとした厚みのあるフォルムに、藍色の手描きのイメージが強いですが、現在は、シンプルなものから北欧やアジアっぽいものまで様々。

「必ずお気に入りが見つかる!」と言って良いほど、バリエーションが豊富です。

ただ、砥部焼の窯元は、大小100軒以上あり、全てを巡るのは至難の業です。そこで、一番に立ち寄ると良いのが、砥部焼観光センター炎の里です。

砥部焼観光センター炎の里とは?

砥部焼

砥部焼観光センター炎の里では、100軒の窯元のうち、約80軒の器と取り扱っており、実際に購入することができます。

【 砥部焼人気の窯元 】

  • 千山窯
  • 梅山窯
  • 梅乃瀬窯
  • 陶房遊
  • 中田窯
  • すこし屋松田窯
  • ヨシュア工房

私自身、砥部焼については、ネットなどで事前に少し調べていましたが、実際に見てみると、知らない窯元がたくさん!

上の写真のように、一覧になって並んでいるので、お気に入りの窯元が見つけやすいです。

砥部焼は、お皿やお茶碗はもちろんのこと、蕎麦猪口がとても多い印象でした。

炎の里では、知名度が高い窯元だけでなく、個人の作家さんの器を見ることができました。砥部焼初心者には、全体を見ることができるので、とても参考になりました。

購入した砥部焼

炎の里で購入したのは、STUDIO ECCOの中村智子さんという作家さんの豆皿

1枚1枚、燕の表情や空の表情が違うので、吟味。他の窯元も行く予定だったので、とりあえず2枚だけ購入しました。

しっかりと梱包してくれたので、割れることなく飛行機に乗せることができました。

食器は、毎日使うもの。小さくても旅の思い出がいっぱい詰まっているので、自分へのお土産としておすすめです。

豆皿は収納スペースもそれほど取らないので、お気に入りを旅先で少しずつ集めていこうと思います。

炎の里は体験も充実!

炎の里では、ショッピングエリアの他に、同じ敷地内に千山窯の見学や砥部焼の器を使ったカフェ「Jutaro」もあります。

また、体験コーナーも充実しており、砥部焼の絵付けにも挑戦できます。

じゃらん遊び・体験からも、ネット予約が可能です。2,000円割引きなどお得なクーポンも配布しているので、ぜひお役立てください。

≫≫ じゃらん遊び・体験クーポン一覧

≫≫ 砥部焼観光センター炎の里

スポンサーリンク

▼ ブログ村・暮らしのテーマ(トラコミュ)
・ シンプルで豊かな暮らし 
・ 丁寧な暮らし 
・ 暮らしの見直し 
・ 頑張らない節約

▼ ランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

読んだ印にポチッと押していただけると励みになります♡
いつも応援ありがとうございます。

関連記事
スポンサーリンク