ランドセル選び

【2020年度版】人気&話題の工房系ランドセルメーカーを徹底比較

「話題の工房系ランドセル。どこのメーカーやブランドがおすすめだろう?」

数多くのメーカーからたくさんの種類のランドセルが販売されています。その中から、子供に合ったランドセルを見つけるのは、とても大変ですよね。

また、工房系ランドセルと呼ばれる手縫いのランドセルは、生産数が限られているため、お盆前の早い時期に完売してしまうことも少なくありません

ランドセル商戦に乗り遅れてしまい、欲しかったランドセルが買えなかったという声もよく耳にします。

私自身、自分の子供のために、ランドセルのショールームに出向き、リサーチした内容を細かくまとめました。このブログ記事では、経験を元に、人気の鞄工房系ランドセル10社について、価格、機能、サイズを比較一覧表にしています。

お気に入りのランドセルを見つけて、親子で笑顔いっぱいの入学式を迎えましょう!

各ホームページをもとに、販売スケジュールを2020年度版に順次更新しています。

一生に一度、大事なランドセル選びなので、細心の注意を払っているつもりです。

ですが、情報にミスがあったり、最新情報でなかったりする場合もあるので、必ず公式ホームページにてご確認の上、ご購入ください

量産系と工房系ランドセルの違い

ランドセルは大きく分けて量産系のランドセルと鞄工房系のランドセルがあります。

量産系とは、工場で大量生産され、直営店やインターネットに加え、量販店や百貨店などでも販売されているランドセルです。機能面を重視し、コスパの良いランドセルを、効率的にできるだけたくさん作る傾向があります。

CMで見かける「セイバンの天使のはね」「フィットちゃんランドセル」などが挙げられます。

工房系とは、職人がメインで生産し、手作りを売りにしているランドセルです。直営店やインターネットのみで販売され、数を限定していることが多いです。効率よりも、質や作りの良さを重視している傾向があります。

質感を大事にするため、本革のランドセルは工房系の方がバリエーション豊かです。「土屋鞄製造所」「鞄工房山本」などが有名です。

量産系ランドセルメーカーを含めた一覧表は、以下の記事でまとめています。併せて、こちらもご活用いただけたら嬉しいです。

ランドセルメーカーの口コミ・評判を比較
ラン活を効率的に!人気&定番のランドセルメーカー比較一覧表 「いよいよ子供が小学校へ入学する。ランドセルを買いたいのでオススメのメーカーを教えてほしい。」 子供に合ったランドセルを購...

工房系のランドセルのメリット

量産系ランドセルメーカーと比べ、工房系ランドセルメーカーはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット① デザインがかぶりにくい

鞄工房では、質や丁寧な作りを大事にするため、量産系と比べると、生産数が少ないです。

ランドセルの販売シェアの7割は量産系ランドセルが占めています。さまざまなメーカーがあるので、量産系ランドセルでも、クラスで同じ色、同じデザインになりにくいです。

ですが、工房系ランドセルになると、さらに他の子とおそろいになる確率は減ります

他の子と違うランドセルが良い、個性を出したいという方には、鞄工房系ランドセルを選ぶと良いです。

メリット② 丈夫・丁寧な作り

量産系のランドセルも、補強が必要な箇所は、手縫いがされていることが多いです。ですが、量産系ランドセルと工房系ランドセルの作りを比較すると違いが歴然です。

特に「キザミ」という角のヒダ部分は技術の差が出やすいところです。私自身、ランドセルの質を確認するために「キザミ」の丁寧さは常にチェックしていました。

見ていただくと分かるように、左側の量産系メーカーランドセルは、ヒダが均一ではありません。右側の工房系ランドセルは、きれいにヒダが作られています。

量産系のランドセルメーカーは、基本的に作業効率優先の生産体制です。たくさん作らなくてはいけないので、人数も必要です。そのため、新人やパートのおばちゃんでも対応できるように、作業を簡素化したり、生産力を増やしています。

もちろん、子供が6年間使う品質としては問題ありません。量産品も十分に丈夫です。ただ、工房系の熟練の職人に比べたら、細かい差が出てしまいます。

工房系ランドセルのデメリット

次に、量産系ランドセルと比較し、工房系ランドセルのデメリットをまとめました。

デメリット① 買うのが大変

工房系ランドセルメーカーは、量産系ランドセルメーカーに比べて、生産数が少ないため、あっという間に売り切れてしまう傾向があります。

人気のモデルは、販売日当日に完売ということも少なくありません。

デメリット② 機能が劣る

A4フラットファイル対応、自動ロック、大きい持ち手など、あったら嬉しい機能は、量産系ランドセルメーカーの方が積極的に取り入れています。

工房系ランドセルメーカーでも、徐々に取り入れていますが、機能を重視したい場合は量産系、特にセイバンやフィットちゃんなど、ランドセル専門の大手メーカーの方が良いでしょう。

デメリット③ 値段が高い

鞄工房は、生産数も少なく、素材にこだわり、熟練の職人が作るため、平均的な価格は量産系ランドセルメーカーよりも高い傾向があります。

格安ランドセルやアウトレット品の本数は非常に少なく、安くランドセルを購入したい方には適していません。

ただし、量産系ランドセルメーカーでも、10万円以上など価格帯が高いものも存在します。素材や品質を比較した場合、トータル的に鞄工房の方が安い場合もあります。

工房系ランドセルメーカーの比較表

まずは、主要な機能を一覧表にしてみました。

全面のポケットタイプがファスナー1本のストレートタイプか、ぐるっと一周するラウンドタイプかとか、細かいところこそ詳しく知りたい。(←私だけ?!)

他にも、自動ロック、持ち手、ネームプレートの可否などを、どちらでも良いように見えますが、私自身が気になった点なども細かくリサーチして、比較できるようにしました。

A4フラット対応 持ち手 自動
ロック
オーダー
メイド
ネーム
プレート
ポケット
タイプ
羽倉 × ×
(有料)
ラウンド
萬勇鞄 × ラウンド
池田屋 × × ストレート
土屋鞄 × × × × ストレート
鞄工房山本 × ×
(一部)
ハーフラウンド
生田
(OP)

(有料)
ラウンド
中村鞄製作所 × × × ストレート
スドウ × ストレート
黒川鞄 × × ラウンド
大峡製鞄 × × ストレート

次の項目では、メーカー毎の特徴(良い点&イマイチな点)や、販売スケジュールをまとめています。

萬勇鞄(まんゆうかばん)のランドセル

萬勇鞄のランドセル

(画像出典:萬勇鞄

個人的に、機能面も価格面にもバランスが取れたイチオシのランドセルです。

萬勇鞄(まんゆうかばん)は、愛知県あま市にある工房で作るランドセルです。男の子に人気のベーシックタイプから、女の子向けの刺しゅう入りデザインまで豊富なラインナップ。

また、ネット上でも周囲のママ友も、人気が急上昇中の注目のランドセルブランドです。

特徴

○ 良いところ

豊富なデザイン・色が特徴の萬勇鞄のランドセル。ミシンと違い、一針一針手縫いで作られるランドセルは非常に丈夫です

萬勇鞄は同じデザインでクラリーノ・天然皮革を選ぶことができます。予算に応じて選択することができるため、親子の意見もまとまりやすいです。

また、工房系ランドセルでは珍しい「立体的な肩ベルト」を採用しています。そのため、背負い心地は抜群!

× 残念なところ

従来から付属しているリコーダーケースを取り外すことができません。

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 32.0cm × 幅 23.5cm × マチ 12.0cm
  • 外寸: 高さ 32.0cm × 幅 25.0cm × マチ 18.5cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ○
  • オート(自動)ロック: ○
  • オーダーメイド: ×
  • ネームプレート: ○
  • ポケットタイプ: ラウンドポーチポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(タフガード): 48,600円~
  • 牛革: 56,160円~
  • コードバン: 79,920円~
  • ヌメ革: -

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2018/12/26~受付(2019/1より順次発送)
  • 展示: 2019/1/2~
  • 販売開始時期: 未定
  • 2019年度完売情報: 2018/12/26 販売終了
  • 早期割引: -
  • アウトレット販売: 有

口コミレポ公式ページ

羽倉のランドセル

羽倉の手作りランドセルの口コミ

(画像出典:羽倉の手づくりランドセル【HAKURA】

羽倉のランドセルは、国産鞄の7割を製造する「鞄の街」として有名な兵庫県豊岡市で作られています。

特徴

○ 良いところ

デザインはかなりシンプルですが、カラーバリエーションが豊富。ピンク系だけでも、ベビーピンク・パステルピンク・ラベンダー・ディープパープルがあり、選び甲斐があります。

革加工に熟知した職人たちが手掛けているため、革本来の良さを引き出す加工がされています。

× 残念なところ

大手ランドセルメーカーでは主流の大きい持ち手がついていません。

また、羽倉は創業昭和38年の老舗メーカーですが、ランドセル業界としては新参物。技術力の高いのランドセルですが、知名度が低く口コミが少ないです。

(2017年より株式会社アーツという代理店の傘下に入り、少しずつ全国区に拡大中。昨年度は完売したそうです。)

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 30.0cm × 幅 23.2cm × マチ 11.0cm
  • 外寸: 高さ 34.0cm × 幅 26.0cm × マチ 20.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ×
  • オート(自動)ロック: ○
  • オーダーメイド: ×
  • ネームプレート: ○(有料)
  • ポケットタイプ: ラウンドポーチポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(タフガード): -
  • 牛革: 59,400円~
  • コードバン: 73,440円~
  • ヌメ革: -

2020年度・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2019/1~受付(3月下旬より順次発送)
  • 展示: -
  • 販売開始時期: 2019/4~
  • 2018年度完売情報: 2018/9/3
  • 早期割引: -
  • アウトレット販売: 有

口コミレポ公式ページ

池田屋のぴかちゃんランドセル

池田屋のランドセル

(画像出典:池田屋ランドセル

飽きずに使えるシンプルなデザインが評判の池田屋。

静岡県では圧倒的なシェア率を誇り、浜松に住む友人は、クラスの半数が「池田屋のランドセル」を使っていると言っていました。他の工房系ランドセルと比べると、価格帯が安めです。

特徴

○ 良いところ

まさに「シンプルイズベスト」なランドセル。静岡県に本拠地を置く池田屋のランドセルは、親世代から愛され続けている老舗ブランド。

子どものことを思い、安全対策には余念がありません。危ない金具は徹底的や不必要な装飾はなくしています。

また、ランドセルが故障した場合は、いかなる理由であれ無償で修理してくれる寛大さも魅力!

× 残念なところ

怪我から子どもを守るための安全対策で金属のフックがナイロンループに変更されています。ナイロンループは強度が少し心配。(←あくまでも、個人的意見です。)

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 31.0cm × 幅 23.0cm × マチ 12.0cm
  • 外寸: 高さ 34.5cm × 幅 26.0cm × マチ 20.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ×
  • オート(自動)ロック: ×
  • オーダーメイド: ○
  • ネームプレート: ○ (イニシャル刻印)
  • ポケットタイプ: ストレートファスナーポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(クラリーノ・ベルバイオ): 36,720円~
  • 牛革: 54,000円~
  • コードバン: 91,800円~
  • ヌメ革: -

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2019/1/9~受付(2019/3~順次発送)
  • 展示: 未定
  • 販売開始時期: 未定
  • 2019年度完売情報: -
  • 早期割引: -

口コミレポ公式ページ

土屋鞄製造所のランドセル

土屋鞄のランドセル

(画像出典:土屋鞄ホームページ

土屋鞄製造所は、言わずと知れた工房系ランドセルの代名詞です。シンプルで飽きがこないベーシックなデザイン。

特徴

○ 良いところ

土屋鞄のランドセルは、6年間飽きなく使うことを考えたオーソドックスなランドセル。ランドセルのグレードに関係なく、ほとんど同じデザインで販売されています。

その分、カラーバリエーションが豊富です。シックな本体にカラフルな背当ての組み合わせのモデル「コンビカラー」はとても人気。天然皮革のシンプルなデザインを探している人にオススメです。

× 残念なところ

土屋鞄のランドセルは、他メーカーのランドセルと比べると1㎝ほど幅が狭いです。A4フラットファイルに対応していません。

→ 土屋鞄もついに、2019年度より対応しました!!

また、土屋鞄の人気に伴い、生産数は増加傾向です。その反面、周りのこどもとかぶる確率も高くなります。息子のクラスメイト二人は、全く同じデザイン&色のランドセルを持っています。

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 31.0cm × 幅 23.2cm × マチ 11.5cm
  • 外寸: 高さ 32.3cm × 幅 26.0cm × マチ 18.1cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ×
  • オート(自動)ロック: ×
  • オーダーメイド: ×
  • ネームプレート: ×
  • ポケットタイプ: ストレートファスナーポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(クラリーノ): 56,000円~
  • 牛革: 62,000円~
  • コードバン: 90,000円~
  • ヌメ革: 90,000円

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2018/11~受付(3月末より配送予定)
  • 展示: 未定
  • 販売開始時期: 未定
  • 2019年度完売情報: 2019/10/17
  • 早期割引: ‐
  • アウトレット販売: -

口コミレポ公式ページ

鞄工房山本のランドセル

鞄工房山本ランドセル

(画像出典:鞄工房山本ホームページ

わが家の息子に選んだのは鞄工房山本のランドセルです。渋めでシンプルなデザインが好きな方におすすめ。

特徴

○ 良いところ

1949年に創業した鞄工房山本。新しいデザインを取り入れつつも、素材や背負い心地を大事にしているランドセル

男の子なら、黒いランドセルでも個性的なレイブラックや、デニム生地が特徴のリベルタなど。女の子ならティアラモチーフがカワイイグレースシルバーラフィネが一番人気。

鞄工房山本ののランドセルの特徴はコバ塗り。高級紳士鞄に使われるコバ塗り仕上げは、耐久性と見た目のシンプルさを兼ね備えています。

× 残念なところ

あると便利な大きな持ち手はついておらず、昔ながらの金属フックのみです。生産数は少しずつ増えているもの、人気の高さからすぐに完売してしまいます。

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 31.0cm × 幅 23.3cm × マチ 11.5cm
  • 外寸: 高さ 33.0cm × 幅 25.8cm × マチ 20.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ×
  • オート(自動)ロック: ○
  • オーダーメイド: ×
  • ネームプレート: ○ (コードバンのみ)
  • ポケットタイプ: ポーチポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(アーシック): 59,000~
  • 牛革: 49,000円~
  • コードバン: 89,000円~
  • ヌメ革: -

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2018/9/20~受付
  • 展示: 2019/1/5~ (全国展示会予約受付 2019/2/1~)
  • 販売開始時期: 2019/4/7~
  • 2019年度完売情報: 2018/5?(2018/9~アウトレット&キャンセル分販売)
  • 早期割引: -
  • アウトレット販売: 有

口コミレポ公式ページ

ランドセル工房生田

ランドセル工房生田

(画像出典:ランドセル工房生田

自社工房ですべて職人が手作りしているランドセル工房生田。鞄工房でありながら、機能面も充実したランドセルです。

特徴

○ 良いところ

ランドセル工房生田では、本革ランドセルを裁断から仕上げまで一貫して手作りしています。本革素材にこだわるのは、使い続けるほどに魅力を増すから。職人技が光る本格ランドセルです。

セレクトオーダーに対応しており、ベースのランドセルをカスタマイズして世界で1つのランドセルを作成することもできます。

× 残念なところ

機能面も必要なものは全て網羅して、ランドセル自体は非常にバランスが取れて優秀だと思います。

ただ、ショールームが大阪にしかありません。また、展示会の日程がWEB販売の開始後になるため、実物を見ずに購入せざるを得ないかもしれません。

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 30.0cm × 幅 23.2cm × マチ 11.0cm
  • 外寸: 高さ 34.0cm × 幅 25.5cm × マチ 20.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ○ (オプション2,000円)
  • オート(自動)ロック: ○
  • オーダーメイド: ○
  • ネームプレート: ○ (オプション2,000円)
  • ポケットタイプ: ラウンドファスナーポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(クラリーノ): 40,000円~
  • 牛革: 41,000円~
  • コードバン: 70,000~
  • ヌメ革: ‐

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2018/10/19~受付 (2019/3~順次発送)
  • 展示: 2019/2/9~2/11店頭にて 2019/3~WEBにて
  • 販売開始時期: 店頭・2019/4/15~ WEB・2019/4/20~
  • 2018年度完売情報: 2018/7/10(アウトレット商品のみ9月に発売)
  • 早期割引: -
  • アウトレット販売: 有

口コミレポ公式ページ

中村鞄製作所のランドセル

中村鞄のランドセル

(画像出典:中村鞄製作所ホームページ

中村鞄製作所は、創業1960年の老舗工房です。若手から熟練職人までが一丸となってランドセルを手作りしています。

特徴

○ 良いところ

NASA(米・航空宇宙局)の宇宙飛行士のために開発されたアメリカEAR社製の高性能で耐久性に優れた素材を使った背当て。

× 残念なところ

必要な機能は網羅しているランドセル。デザインもシンプルですが、ラインアップが少なめ。

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 31.0cm × 幅 23.2cm × マチ 11.3cm
  • 外寸: 高さ 35.0cm × 幅 26.2cm × マチ 20.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ×
  • オート(自動)ロック: × (マグネット式)
  • オーダーメイド: ×
  • ネームプレート: ○
  • ポケットタイプ: ストレートファスナーポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(クラリーノ): 48,000円~
  • 牛革: 62,000円~
  • コードバン: 88,000円~
  • ヌメ革: -

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2018/9/1~受付
  • 展示: 未定
  • 販売開始時期: 2018/4/18~
  • 2018年度完売情報: 2017/7/2
  • 早期割引: -

公式ページ

スドウのランドセル

スドウランドセル

(画像出典:スドウホームページ

スドウのランドセルは、熟練の職人が真心を込めて一つ一つ丁寧に手作りしています。他のランドセル工房よりも安くオーダーメイドにも対応しています。

特徴

○ 良いところ

色鮮やかな牛革のランドセルが特徴のスドウ。パープル、イエロー、ホワイトなど珍しいカラーラインアップです。

またスドウのランドセルの価格帯は低め。革のダイヤモンドと呼ばれるコードバンが6万円台牛革は4万円台で購入できます。

× 残念なところ

実物を確認できるのが東京都葛飾区にある工房のみ。展示会などの開催もしていません。

ホームページやカタログの洗練さにかけるところもありますが、良い意味で老舗感を出しています。

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 31.6cm × 幅 23.5cm × マチ 12.0cm
  • 外寸: 高さ 34.0cm × 幅 26.0cm × マチ 21.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: × (オーダーメイドのみ)
  • オート(自動)ロック: ○
  • オーダーメイド: ○
  • ネームプレート: ○
  • ポケットタイプ: ストレートファスナーポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(クラリーノ): -
  • 牛革: 45,000円~
  • コードバン: 65,000円~
  • ヌメ革: -

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2018/12/26~受付
  • 展示: 未定
  • 販売開始時期: 未定
  • 2018年度完売情報: -
  • 早期割引: -

公式ページ

黒川鞄工房のランドセル

黒川鞄ランドセル

(画像出典:黒川鞄工房ホームページ

私の第二の故郷、富山県の工房です。雪国向けのランドセルということもあり、防水性や丈夫さが魅力。

特徴

○ 良いところ

黒川鞄ランドセルの一番の特徴は選べる素材と豊富なカラーバリエーション。コードバンは赤か黒のイメージでしたが、黒川鞄ではピンク、紺、キャメルなどもあります。

牛革は豊富な色展開に加え、シボかスムースの質感も選べます。工房系では珍しく、大きな持ち手も標準仕様でついています。

× 残念なところ

店舗数が少ないところ。富山総曲輪本店と銀座のみです。

ランドセル販売に向けての動き出しが早めなので、乗り遅れると、カタログ&革見本請求さえ間に合わない可能性があります。(私は、間に合いませんでした…。)

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 31.0cm × 幅 22.5cm × マチ 12.0cm
  • 外寸: 高さ 34.0cm × 幅 25.5cm × マチ 20.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○
  • 持ち手: ○
  • オート(自動)ロック: ○
  • オーダーメイド: ×
  • ネームプレート: ×
  • ポケットタイプ: ラウンドポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(クラリーノ): -
  • 牛革: 58,000円~
  • コードバン: 98,000円~
  • ヌメ革: 98,000円~

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2018/11/1~受付 (2019/3月~順次発送)
  • 展示: 2018/11/1~
  • 販売開始時期: 未定
  • 2019年度完売情報: 2018/11/29 予約終了
  • 早期割引: -

公式ページ

大峡製鞄のオオバランドセル

オオバランドセル

(画像出典:大峡製鞄ホームページ

全国の有名私立小学校のランドセルを手掛けている大峡製鞄。ビームスとコラボしたり、三越伊勢丹オリジナルの高級ランドセルも販売しています。

特徴

○ 良いところ

大峡製鞄のオオバランドセルは、皇室から各界の著名人の間で使われている高級ランドセル。学習院初等科はオオバランドセルを採用しています。質の良いランドセルは多くの百貨店も取り扱っています。最近ではビームスとのコラボモデルも話題。

× 残念なところ

一部のみA4フラットファイルに対応しているものの、コードバンなどはまだA4ファイルのみです。

良いランドセルを作っていることは口コミで広まっていますが、それ以前にホームページが見にくいです。もう少しテコ入れすれば、分かりやすいのになぁと思いました。

ランドセルのサイズ例

  • 内寸: 高さ 31.0cm × 幅 23.5cm(22.2cm) × マチ 12.0cm
  • 外寸: 高さ 34.0cm × 幅 26.5cm(25.5cm) × マチ 19.0cm

ランドセルの機能

  • A4フラットファイル対応: ○(一部)
  • 持ち手: ×
  • オート(自動)ロック: ○(百貨店モデルは対応しているようです)
  • オーダーメイド: ×
  • ネームプレート: ○(コードバンのみ)
  • ポケットタイプ: ストレートポケット

ランドセルの価格

  • 人工皮革(クラリーノ): 42,000円~
  • 牛革: 58,000円~
  • コードバン: 145,000円~
  • ヌメ革: -

2020年度モデル・販売スケジュール

  • カタログ請求: 2019/02/01~受付
  • 展示: 未定
  • 販売開始時期: 未定
  • 2019年度完売情報: -
  • 早期割引: -

公式ページ

わが家のランドセル選び

鞄工房山本レイブラック

わが家の長男のランドセルは、鞄工房山本のレイブラックに決定しました。

大きな持ち手がなかったり、立体的な肩ベルトがないため、背負い心地は他と比べてイマイチかもしれません。

ですが「作りの丈夫さ」と「デザイン性の高さ」に魅力を感じて決めました。

この1つに決めるまでに、パンフレットや革見本と取り寄せたり、ショールームや展示会に行ったりと、かなり時間をかけてきました。

➡ 鞄工房山本の手づくりランドセルが届いた!男の子に一番人気のデザイン「レイブラック」

ランドセルについての比較サイトはたくさんあるけど、ほとんどが量産系ランドセルメーカーの比較ばかりです。シェア的に量産系の方が多いので仕方のないことかもしれませんが…。

工房系のランドセルメーカーは良い意味でも悪い意味でも個性が強く、しっかりと比較しなくてはいけません。

実際に知りたかったサイズや細かい機能などは、一つ一つカタログやホームページをじっくり見て、情報収集しました。マイナスの部分もしっかりと比較できたことで、満足いくランドセル選びができました

そのような経緯で、このブログ記事を書いてみました。この体験談があなたのランドセル選びに活用していただけたら、本当に嬉しいです。

ランドセル選びは子供の笑顔のために!

ランドセルは種類も多く、価格も安くはありません。そして、子供たちが毎日学校へ持っていく必需品。じっくりと選びたいですよね。

年々、ランドセルの販売は、早まっています。早い方だと、年中さんの冬頃から動き出しています。工房系のランドセルを購入するには、ぜひ早めに情報収集を始めてくださいね。

どうぞ、お気に入りのランドセルを背負って笑顔いっぱいの入学式を迎えられますように。

自宅学習教材はもう決まりましたか?

わが家の長男は、進研ゼミを習慣化しています。毎朝5~10分程度の学習ですが、学校の勉強で困ることは今のところありません。

二年生からは少し余裕ができたので、追加教材の「考える力プラス」もセットで受講しています。

➡ 進研ゼミチャレンジタッチを一年間学習して感じたメリット&デメリット

➡ 進研ゼミ小学講座「考える力プラス」がすごくいい!Z会を考えている方におすすめ

 

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し