今人気のランドセルメーカー&ブランド!お気に入りを見つけるための比較検討リスト一覧

ランドセル選び口コミレポート

来年の小学校入学に向けていよいよ始まる長男のランドセル選び。毎年ランドセル商戦は早まっており5月頃からカタログ請求をするのが一般的になっています。人気のブランドだとお盆前に完売してしまうことも少なくありません。

今回は、ランドセル選びをしやすくするために、ランドセルブランドの一覧リスト(専門メーカー・流通系・鞄工房)を作成しました。

スポンサーリンク

ブログ記事の目次

ランドセルと私

自分のランドセルを購入したのは、遠い遠い昔。当時は男の子は黒、女の子は赤(たまにピンク)。海外で1~3年生を過ごした私は、4年生から新品のランドセルを背負って小学校へ編入しました。あと3年しか通わないのに、父は牛革のしっかりとしたランドセルを購入してくれた覚えがあります。周りの友達は既にボロボロになりかけているランドセルの中、私だけきれいで真っ赤なランドセル。恥ずかしいような嬉しいような複雑な思いで通ってたことも、今となっては良い思い出です。

少し横道にそれましたが、ランドセルなんて親のエゴだ!安いもので十分!と言う意見もありますが、意外と子供の思い出に残るもの。高い安いとかではなく「子供のために一生懸命選んだ(選ぶのを手伝った)」と言う気持ちが大事だと思います。長男のランドセル選びはわが家にとって一大イベント。時間をかけてじっくりと比較し、お気に入りの一つを見つけたいと思います。

ランドセルブランドのカテゴリー

ランドセルブランドは大きく3つのカテゴリーに分けられます。ランドセル専門メーカー系ランドセル、鞄工房系ランドセルメーカー、流通系(量販店・デパート)ランドセルです。この3つに分類分けしてリストアップしてみました。

※一通り調べましたが、ランドセル専門メーカーと鞄工房系ランドセルメーカーが曖昧です。一部異なるかもしれませんが、ご了承ください。

ランドセル専門メーカー

ランドセル専門メーカーは、ランドセルを工場で量産している専門メーカーです。有名どころでは、セイバンの「天使のはね」ハシモトの「フィットちゃん」

セイバン/天使のはね

子供向き番組のCMに必ず登場する「天使のはね」。大手ランドセルメーカーセイバンが開発した左右同時に動く肩ベルトは、体の成長が著しい6年間の小学生生活に対応できるように設計されています。ランドセルの体感がとても軽いのも特徴です。

天使のはねは、クラリーノ(人工皮革)のラインナップが非常に多く、お手頃な値段で機能的なランドセルが欲しい方にオススメです。定番商品である「モデルロイヤル」シリーズだけでも、8モデルのバリエーションがあります。

参考 天使のはねランドセルが人気の理由は?セイバンの口コミ評判を徹底リサーチ

セイバン「天使のはね」ランドセルを購入できる場所

  • 【天使のはね】セイバン
  • 直営店(東京・愛知・大阪)
  • 百貨店(高島屋・三越伊勢丹・大丸松坂屋など)
  • 量販店(イオン・イトーヨーカドーなど)

ハシモトBaggage/フィットちゃん

セイバン同様、CMで有名なハシモトBaggageのランドセル「背中にピッタリフィットちゃん」。私の第二の故郷、富山県のランドセルメーカーです。恥ずかしながら、富山に住んでいるときには全く知りませんでしたが・・・

フィットちゃんは年間30万~50万個の販売数のあるトップクラスのブランド。その特徴は、肩や腰の負担の少ない軽量な素材、左右別々に動く独立式の肩ベルトです。全137種38色から選べるラインナップも魅力でオーダーメイドにも対応しています。素材はクラリーノがメイン。

公式ホームページから購入すると約5000円の割引をはじめ、多数の特典があります。

参考 プレミアムフィットちゃんランドセルは機能充実!お得に買うなら断然楽天ショップ

ハシモト「フィットちゃん」ランドセルを購入できる場所

神田屋鞄製作所/カルちゃんランドセル

神田屋鞄製作所のランドセルは、熟練した日本の職人がすべてハンドメイドで仕上げています。オリジナルのカルちゃんランドセルだけでなく、オーダーメイドにも対応しています。神田屋鞄製作所のオーダーメイドランドセルは高いデザインが評価され、第2回キッズデザイン賞を受賞しています。

神田屋鞄製作所の早割特典はオーダーメイドランドセルが最大13%割引、カルちゃんランドセルが最大18%割引とかなりお買い得。

参考 神田屋鞄製作所のカルちゃんランドセル展示会!オーダーメイドも早期割引でお得に買える

神田屋鞄製作所「カルちゃん」ランドセルを購入できる場所

工房系ランドセルメーカー

量産ではなく、職人が一つ一つ伝統的な手法で手作りする工房系ランドセルメーカーの人気が高まっています。素材は牛革やコードバンなどの自然皮革製品がメインで、丈夫さと洗練さを兼ね備えています。

工房系ランドセルは、手作業のため数に限りがあります。昨年、鞄工房山本は7月中に全品完売してしまったほど。人気の工房系ランドセルを購入したい場合は、早めの動き出しが肝心です。

池田屋/ぴかちゃんランドセル

創業66年を迎えた池田屋鞄の「ぴかちゃんランドセル」。静岡の老舗ランドセルメーカーです。浜松の友達に聞いたところ「ぴかちゃんランドセル」が圧倒的なシェア率。

キャッチフレーズ「子ども思い」の池田屋のランドセル。丈夫な素材、使いやすい部品、高い縫製技術など、職人の思いがつまったランドセルです。ランドセル以外でも牛革を使った小銭入れやベルト、バッグを製作している高い品質のブランドです。

参考 池田屋のぴかちゃんランドセル!日本一を目指す子ども思いの機能とは

池田屋「ぴかちゃん」ランドセルを購入できる場所

生田鞄のランドセル

大阪の老舗工房、生田鞄では、本革ランドセルを裁断から仕上げまで一貫して手作りしています。ランドセルの制作には、革の裁断から鋲打ち、縫製から仕上げまで、200以上の工程があります。生田の手作りランドセルは、すべての作業を自社の工房でおこない、確かな品質を維持しています。

デザイン、素材、機能など細部のこだわりから「かばん創作技術ファッションコンクール」で受賞した経験もあります。オーダーメイドにも対応しています。

参考 ランドセル工房生田が気になる!鞄工房山本と価格・デザイン・機能を徹底比較

生田鞄のランドセルを購入できる場所

大峡製鞄のオオバランドセル

大峡製鞄(おおばせいほう)は東京都足立区に本社、ランドセル工場を栃木県河内郡に構えています。昭和10年より職人の手縫いで制作されているのがオオバランドセルです。10年使っても壊れることなく使い続けられるだけの強度と品質を持っています。

大峡製鞄のオオバランドセルは、皇室から各界の著名人の間で使われていることでも有名。学習院初等科はオオバランドセルを採用しており、愛子さまも愛用していることからさらに人気が出ました。

大峡製鞄のオオバランドセルを購入できる場所

鞄工房山本のランドセル

鞄工房山本は奈良に工房を持ち、60年以上の歴史を持つの老舗ランドセル製作所。「機能」にも「美しさ」にも妥協しない「つくりの良さ」を目指したランドセルは爆発的な人気に。昨年は、実質販売期間1ヶ月で7月18日に全商品完売したほどです。

鞄業界では作業の委託・分業が多くなってきていますが、鞄工房山本では一貫製造体制を守りつづけています。革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、奈良の工房でおこなっています。天然革にこだわりを持ち、全て手作業で作り上げます。

参考 鞄工房山本のランドセルの下見で表参道のショールームへ!即完売モデルの秘密に迫る

鞄工房山本のランドセルを購入できる場所

黒川鞄工房のランドセル

富山では、知らない人はいないと言うほどの老舗の黒川鞄工房。明治28年(1895年)創業で100年以上も鞄を作り続けています。黒川鞄のランドセルは、天然皮革とクラリーノの取り扱いがありますが、魅力は天然皮革の豊富なカラーリング展開。なんと11色もあります。

カタログ請求は4月時点で終了、5月上旬から受付開始とかなりスタートが早いです。昨年は8月末には全てのランドセルが完売になっています。

黒川鞄工房のランドセルを購入できる場所

土屋鞄のランドセル

ママ友の中でも、一番人気が高かった土屋鞄。土屋鞄は、創業50年以上のランドセル老舗ブランド。土屋鞄のランドセルは、丈夫さと美しさが一番の要です。飽きがこないスッキリとしたシンプルな箱型はこだわりが濃縮されています。素材は、4種類。牛革・コードバン・クラリーノに加え「革の中の革」といわれるヌメ革が使われています。

人気カラーは例年、8月~11月の間で完売しています。7月1日から販売が開始されるため、ショールームへは早めに足を運んでおいた方がよさそうです。

参考 土屋鞄のランドセルを見にショールームへ!口コミ人気No.1の理由を徹底調査

土屋鞄のランドセルを購入できる場所

萬勇鞄のランドセル

萬勇鞄は創業60年以上を誇る、知る人ぞ知る老舗の名古屋のランドセルブランドです。知名度はさほど高くはありませんが、口コミでの評価はかなり高いです。

カラーや素材のバリエーションがかなり豊富な上、良心的な価格設定。牛革を使った最高級モデルの中が4万円台で購入することも可能です。

参考 工房系ランドセルなら萬勇鞄が狙い目!種類・カラー・デザインが豊富でお手頃価格

萬勇鞄のランドセルを購入できる場所

中村鞄製作所

中村鞄製作所は、創業1960年、東京足立区にある中村鞄製作所は熟練職人による手作りランドセル工房です。中村鞄のランドセルは、目に見える部分はもちろんのこと、気付きにくい所まで、こだわりぬいた素材や加工がなされています。例えば、NASAで使用されているもの同じものを使用したクッション素材。6年間同じ厚さを保ち肩ベルトと背中が子どもの体にフィットします。

土屋鞄と似たようなテイスト。シンプルで長く持つことのできるランドセルです。

中村鞄製作所のランドセルを購入できる場所

工房系ランドセルの詳細記事はこちら

参考 【2019年度版】手作り工房系ランドセル10社の徹底比較!価格・機能・サイズのまとめ

流通系ランドセル

百貨店やデパートでは、天使のはねやフィットちゃんをベースに、別注ランドセルを展開しています。

イオンやニトリなどの大手量販店では、自社のオリジナルランドセルを製造販売しています。大量生産することで、コストも大幅に削減しているのが特徴です。

またファッションブランドやスポーツブランドも、天使のはねやフィットちゃんをカスタマイズし、自社のロゴで販売しています。百貨店や大手量販店にも卸しているので、店頭で手に取って確認できます。

イオンのランドセル

「かるすぽランドセル」はお馴染みのイオンが製造販売するランドセルです。カラーバリエーションの豊富さは、業界トップクラス。かるすぽランドセルは、高いコストパフォーマンスで人気。約3~5万円の価格帯がメインで、カスタムランドセルでは140万通り以上のバリエーションでオリジナルのランドセルを作ることができます。

イオンには、天使のはねやフィットちゃん、アディダスやプーマなどのスポーツブランドのものも置いてあります。

WEB早期特典で5%割引やネットWAONのプレゼントがあります。

私のまわりのママ友は、イオンで購入した人が一番多かったです。近くに大きなイオンモールがあるため、試着や実物の確認がしやすいのが最大の理由。店頭で見たあと、イオンネットショップのWEB早割を使って買うと良いと教えてもらいました。

参考 イオンかるすぽランドセルは軽量&低価格!さらにお得に購入する方法を徹底リサーチ

イオンのランドセルを購入できる場所

イトーヨーカドーのランドセル

イトーヨーカドーのランドセルは、イオンと同じく店頭のランドセル売り場え現品確認がしやすいランドセルブランドです。

天使のはねコラボランドセル「Fine Fit」の種類がとても豊富。一番人気は珍しいナイキのシルバーランドセルです。Nanacoポイント10倍や早期特典として10%割引があります。

参考 イトーヨーカドーのランドセル!セイバン「天使のはね」が15%割引になる節約方法

イトーヨーカドーのランドセルを購入できる場所

タカシマヤのランドセル

タカシマヤランドセルの特徴は、豊富な牛革製のラインアップ。タカシマヤ限定モデルのコラボランドセルも多数あります。女の子なら、洋服ブランド系(メゾピアノ・Private Label・Jill Stuart)男の子ならオロビアンコやスポーツブランド系(Nike・Adidas・Puma)が人気。など人気ブランドとのコラボアイテムが根強い人気です。

夫婦共に好きなオロビアンコのランドセルを見たときは「これにしよう!」と買う気満々。冷静に詳細を知るために、カタログ請求しました。

タカシマヤのランドセルを購入できる場所

三越・伊勢丹のランドセル

三越伊勢丹オリジナルのランドセルはカラーやデザインが豊富。その他「KIDS AMI」など個性的なランドセルを取り扱っています。

三越伊勢丹のランドセルの多くは8月中に売り切れまたは品薄、現品限りになっています。

タカシマヤのランドセルを購入できる場所

大丸松坂屋

大丸松坂屋のオリジナルブランドをはじめ、百貨店モデルのメゾピアノやシャーリーテンプル、バービー、べべ、ナイキ、プーマ、コンバースなどを取り扱っています。

タカシマヤ同様、オロビアンコのランドセルを取り扱っています。大丸松坂屋別注カラーもあり。

大丸松坂屋のランドセルを購入できる場所

ランドセル選びの一覧リスト作成のまとめ

以上、友達やママ友・インターネットの口コミを元に、カタログ請求してみました。(黒川鞄工房は間に合わなかったため、三越伊勢丹はカタログ請求に対応していないため、WEBにて確認。)

【 その他のランドセルブランド 】

専門メーカー系: ららやLIRICOふわりぃあんふぁん

工房系: スドウガルソンカザマ

流通系: アピタピアゴニトリ

改めてリストアップしていみると、ランドセルブランドって本当に多いですよね。一生に一度のランドセル選び。息子にとってお気に入りの一つが見つけられるように、時間をかけて選んでいきたいです。(次男のときに同じくらいの情熱が注げるかは謎ですが・・・笑)わが家のランドセル選びについては、随時ご報告していきたいと思います。

皆さんも、まずは資料請求から始めてみてはいかがでしょうか?

▼【追記】わが家のランドセル選びは無事こちらに決まりました。

参考 ランドセルは鞄工房山本のレイブラックに決定!初日完売の人気モデルを購入した裏技は