赤ちゃんのつかまり立ち対策に!北欧インテリアに合う安全対策グッズ

image

6ケ月つかまり立ちが始まった次男。
7カ月に入ると、つかまれるとこはどこでもつかまり、伝い歩きまでしています。
赤ちゃんの成長は嬉しい反面、動ける範囲が広がる分、安全対策もしっかりする必要があります。

夫婦揃ってインテリア好きと言うこともあり、マイホームを建てた際、家具選びは時間と労力を惜しまず行いました。
北欧&ミッドセンチュリーな雰囲気に合う家具を中心に購入しました。
マイホームから社宅へ引っ越したとき、間取りや広さが異なるため、一部手放すことも考えましたが、奇跡的に全てが上手く配置できたので、思入れのある家具たちは今も健在。
ただ、当時は見た目重視で家具を購入したため、赤ちゃんにとっては、ちょっと危ない部分もあります。

スポンサーリンク

テレビボードにコーナークッション

テレビボード北欧

このテレビボード、幅は2メートル以上あります。
高さといい、幅といい、赤ちゃんにとっては、絶好のつかまり立ちポジション。
ここに立つと上機嫌の次男くんですが、まだしっかりとつかまり立ちができないので、角で顔をぶつけてしまうことが多発。
慌ててコーナークッションを購入しました。

上の子のときは、他の赤ちゃんメーカーのものを付けていましたが、すぐに取れてしまい、意味を成していなかったような・・・

今回はアマゾンでコーナーガードクッションを購入しました。
両面テープが強力なので、今のところ剥がれたりすることはありません。
一般的なコーナーガードと比べると、しっかりとした作り。分厚くクッション性は抜群!
ぶつけても全く痛くない様子。

image

上の子のときは、ベージュしかありませんでしたが、最近は色々な色が出ているんですね。テレビボードに合わせて、ブラウンにしてみると、結構わが家のインテリアには馴染みました。
このコーナークッションがあるかないかでつかまり立ちの安心感が違ってきます。
ぶつけて怪我してからでは、遅いので早めの対策が大事ですね。

開閉式のガラス扉には

テレビボードのガラス部分にDVDデッキが入っており、扉を開け閉めできますが、ここに赤ちゃんの指が挟まれたら大変。
ここには、リッチェル はがせる多目的ストッパーを付けました。

ただ、上の子がDVDを見るので、難しすぎるロックはNG。
その点、リッチェルの多目的ストッパーは、4歳児でも問題なく開閉ができました。
取り付けも簡単だし、2段階で長さ調整もできるようになっています。

リビングのつかまり立ち対策はこれでバッチリ。
触られたくないものはしまうようになったので、ありがたいことに、部屋が以前よりも片付くようになりました。
残るは、おふろの中の安全対策!

こちらも参考に
トラコミュ インテリア・雑貨・ハンドメイド大好き♪
トラコミュ 暮らしを楽しむ
トラコミュ 暮らしをつくるインテリア*
トラコミュ 北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器