栃木旅行

【栃木日光子連れ旅行記】1泊2日周遊コースと鬼怒川温泉泊の予算&費用

「日光観光を楽しみたい!宇都宮餃子を食べたい!益子焼を見に行きたい!」

北関東にある栃木県は、観光する場所も多く、旅行を楽しむのにとても良い場所です。私も、秋の三連休に栃木県へ家族旅行に行ってきました。

今回のブログ記事では、1泊2日で栃木日光旅行で行った観光名所のオススメコースと、家族旅行(夫婦+子ども2人)でかかった合計費用を、旅行記としてまとめました

子連れで栃木旅行を計画している方の参考になれば幸いです。

子連れ栃木旅行1日目

今回の栃木旅行は、前日に決まった旅行。単身赴任中のダンナさんが、休みが取れるのがこの2日のみ。

しかも、前日は次男くんの運動会。もし、運動会が雨天で流れてしまったら行けなくなってしまうので、ギリギリまで宿を抑えることができませんでした。慌ただしく決まった旅ではあるものの、大満喫することができました

益子焼を購入

自宅がある神奈川から栃木県益子町までは、約3時間。首都高の渋滞を避けたかったので、家を朝6時過ぎに出発しました。

途中、ちょっとした渋滞もありましたが、9時半ごろに益子焼共販センターに到着しました。(上のビッグ狸がいるところです。)

次に、共販センターから徒歩5分の「やまに大塚」に移動し、人気作家・よしざわ窯の豆皿を購入しました。

➡ 益子焼・陶器市で人気!有名作家のかわいい食器を買いに栃木旅行へ

めんめんで宇都宮餃子ランチ

めんめんの宇都宮餃子

「パリパリ羽つきの宇都宮餃子が絶品!」と、口コミの評判が高いめんめん休日は大行列になるとの情報だったので、オープン15分ほど前からスタンバイしていました。

オープン後、待ち時間もほとんどなく、美味しい餃子を食べることができました。

➡ 美味しい餃子を求めて宇都宮へ!めんめんの羽つきパリパリ餃子が絶品

大谷石資料館で幻想的な巨大空間を見学

お腹がいっぱいになったところで、少し運動(笑)

みんみんから、車で約20分の距離にある「大谷石資料館」へ向かいました。大谷資料館は、大谷石採掘の歴史に関する資料館。2018年には、文化庁から大谷石採掘の歴史が日本遺産として認定されています。

数々の映画やPVのロケ地撮影も行なわれている隠れた名所です。地下には巨大空間が広がり、幻想的な雰囲気が楽しめます。ただ、地上との気温差がすごいので(地下は10℃前後)上着を一枚持参すると安心です。

➡ 仮面ライダーのロケ撮影も!大谷資料館を子供と楽しむための基礎知識

日光東照宮参拝

日光東照宮近くになると、かなりの大渋滞。ですが、奇跡の抜け道と突如現れてたラッキーすぎる無料駐車場のおかげで、それほどストレスなく移動ができました

東照宮自体も、かなりの混雑で、人気スポットはどこも行列。ですが、念願の三猿や眠り猫が見られたので、良しとしよう!

➡ 日光東照宮の混雑&渋滞を回避したい!休日は無料の臨時駐車場が便利

ホテルハーヴェスト鬼怒川に宿泊

宿泊した「ホテルハーヴェスト鬼怒川」では、17時から夕食のバイキングが始まるプランでした。

日光東照宮を出たあと、急いでホテルに向かい、ギリギリ17時にホテルに到着。バイキングも無事間に合いました。

その後、ゆっくり温泉につかり、早めに家族全員で就寝。たぶん9時頃(笑)

鬼怒川温泉周辺の旅館は、古くて施設がイマイチの割に、料金が高いところが多いです。ネットでも「ハズレだった。」と口コミもたくさん見ました。

わが家が宿泊したホテルハーヴェスト鬼怒川は、々とした和洋室、気持ちよい温泉、美味しい食事と、当たりのホテルでした

ホテルの施設も比較的新しくキレイでした。直前プランで予約したおかげか、値段も相場より安めでしたしね。

➡ 鬼怒川温泉ホテルハーヴェストに宿泊!日光東照宮・江戸村に近くて安い宿

子連れ栃木旅行2日目

栃木旅行2日目は、栃木の観光名所「江戸ワンダーランド日光江戸村」に行きました。忍者体験などができる子連れ人気のスポットです

江戸ワンダーランド日光江戸村

2日目は、朝6時からホテルの温泉に入り、7時から朝食バイキング。それから、すぐに日光江戸村に向かいました。

日光江戸村では、子どもを対象に「江戸職業体験」を行なっています。江戸職業体験は、完全先着順。長男くんは、どうしても忍者修行がやりたかったため、開園と同時に入村できるように計画しました。

手裏剣を投げたり、城壁を登ったり、小学生には楽しすぎる忍者修行だったようです。

➡ 日光江戸村を上手に楽しむ!混雑必至の忍者体験攻略法&割引サービス

佐野らーめん餃子 八竹(はたけ)で遅めの昼食

人気店の佐野らーめんを食べる予定でしたが、少し時間をずらしたにも関わらず、1時間以上の待ち時間。

このお店は諦め、第二希望だった「佐野らーめん餃子八竹(はたけ)」へ。塩ラーメンとしょうゆラーメンを頼んでみました。スープはあっさりしつつ、とろっとしたチャーシューがとても美味しい。

ただ、次男くんがお昼寝モードにハマってしまい、全くラーメンを食べてくれず…。注文してしまったので、必死に完食しましたが、もうお腹がパンパンでした。

にっこり梨をお土産に購入

栃木県は、「にっこり」というブランドの梨で有名ラーメン屋さんを探している途中、道路脇に直売所がいくつも並んでいました。

にっこり梨は、5キロ(大サイズで5玉前後)で4,000円くらいする高級梨。直売所では、梨が5個で1,000円と言う破格でした。しかも、もう一つおまけまでつけてくれました。

にっこり梨は、普通の梨の3倍以上のサイズ感!栃木旅行から帰ってからしばらくの間、食後のデザートがかなり充実していました。

家族4人・1泊2日の栃木旅行でかかった費用

最後に、栃木旅行でかかった費用を精算しました。大きい旅行をしたときには、ブログに掲載するようにしています。

栃木旅行合計: 69,862円

詳細は以下の通りです。

【 宿泊費 】

【 1日目 】

  • やまに大塚(益子焼) … 4,752円
  • めんめん(昼食) … 2,700円
  • 大谷石資料館 … 2,000円
  • ロックサイドマーケット(ジェラート・ダブル) … 500円
  • 日光東照宮 … 3,050円
  • 団子 … 300円

【 2日目 】

  • 日光江戸村(パスポート) … 10,000円
  • 日光江戸村(駐車場代) … 800円
  • 日光江戸村(変身処) … 3,000円
  • 日光江戸村(団子)… 300円
  • 佐野ラーメン八竹(昼食) … 2,100円
  • にっこり梨 … 1,000円

※ 高速代・ガソリン代は含まれていません。

栃木旅行は内容が濃い旅だった!

1泊2日で行ってきた栃木旅行。日光東照宮や日光江戸村など、観光スポットや見どころがたくさんあり、盛りだくさん詰め込んだ旅になりました。

国内最大級の「益子陶器市」に行きたいという希望もあるので、また近いうちに栃木に訪れるかもしれません。

皆さんも、ぜひ栃木旅行で楽しい思い出を作ってくださいね。

≫≫ 楽天トラベル栃木旅行特集を見てみる

▼ 旅行好きファミリー実践中!家族旅行費の節約方法

高くなりがちな家族旅行の費用を抑えるコツをまとめています。節約すれば年1~2回は豪華な旅行にも行けます。

➡ 家族旅行費の節約術!貧乏旅行を卒業してワンランク上の旅をするコツ

▼ オススメ!家族旅行記一覧

➡ 【お泊まりディズニー旅行記】1泊2日格安ホテル宿泊の予算&費用

➡ 【沖縄子連れ旅行記】4泊5日周遊コースと家族4人の予算&費用

➡ 【四国子連れ旅行記】3泊4日周遊コースと家族4人の予算&費用

➡ 【長崎ハウステンボス旅行記】2泊3日周遊コースと家族4人の予算&費用

➡ 【山梨子連れ旅行記】1泊2日周遊コースと家族4人の予算&費用

※このブログ記事は、2018年11月の旅行記です。随時更新を心がけていますが、最新情報については、必ず公式ホームページにてご確認ください。

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し