家計は年間予算表で管理すると分かりやすい!お金の収支を見える化しよう

「主婦なのに、家計管理ができない。このままだと、教育資金も老後資金も貯められない!」

結婚して家計管理を任されるようになりましたが、失敗の連続でした。家計簿をつけても、全く支出が減らせない…。お金も貯まらない…。

どうしたら、家計管理ができるようになるのか考え、たどり着いたのが「年間予算表」です。

わが家では、貯金簿と併せて、年間予算表を作るようになってから、急激に貯金ができるようになりました。

▼ 貯金簿についてはこちらで紹介しています。

参考 家計簿よりも簡単!貯金簿エクセルテンプレートを自作したら節約体質に大変身

スポンサーリンク

家計の年間予算表とは?

「今月から食費を月3万円にしよう!日用品代を1万円減らそう!」

食費や日用品など、とりあえず減らそうとしていませんか?もちろん、それぞれの項目を少しずつ減らしていくことは大事ですが、果たしてその金額はあなたの家計にとって適切なのでしょうか?

例えば、寝ることよりも食べることが好きなAさんが1万円の外食費を減らすのと、毎日カレーでも構わないBさんが減らすのだと、全く価値が変わってきます。Bさんは食費を減らすのは苦にならないけど、肌が弱くて化粧品にはこだわりたいと思っているかもしれません。

また、支払い方法も家庭によって違います。保険の年払いがあったり、特別出費があったり、月単位で計算すると計算が合わなくなってしまうこともありますよね。

そこで、年間の収入と支出を見える化し、自分にとっての理想の家計バランスを考えてみることにしました。そのために、年間予算表を作りました。

年間予算表の作り方

年間予算表は、自動計算されるようにエクセルでテンプレートを自作しました。年間予算表のテンプレートを作る際、気を付けたポイントを説明します。

収入は手取りで記入

収入は、分かりやすいように昨年の手取り年収を記入。手取り年収は、毎年12月頃に発行される源泉徴収票で確認できます。

子供手当の額は?
支給対象年齢 支給額(月)
0歳~3歳未満 15,000円
3歳~小学校修了前 10,000円(第1子・第2子) 15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円
所得制限世帯(約960万円以上) 5,000円

※ 2月・6月・10月に、4ヶ月分まとめて支給されます。

夫は、普通のサラリーマン。年収は600万円代です。妻である私の収入は在宅ワークがメインです。

わが家は持家の家賃収入(毎月約4万円)があるので、世帯収入が多めです。普通に会社勤めしているだけでは、給与はなかなか上がらないので、不労所得はかなり助かります!

▼ 無料面談で7,000円分のJCBギフトカードがもらえる!人気の不動産投資会社

オススメ! コンパクトマンション投資 – 資産形成で将来の不安を解消!マンション投資は正しいやり方

支出は年単位で考える

知り合いのファイナンシャルプランナーさんに聞いた「家計の黄金比率」を目安のために書いています。

通常、家計の黄金は月単位で比較することが多いですが、年間予算表では、年単位で比較ができるようにしています。

毎月の平均的支出に加え、年単位の支出などを記入できるようにしました。

毎月の平均はどうやって計算するの?

簡易的に家計簿アプリをつけているので、そちらを参考に記入しています。

私が愛用している、家計簿アプリ「マネーフォワード」は、銀行口座やクレジットカード情報を自動で取得してくれます。また、月平均の支出も確認できるので、大変便利です。

特別な支出にはメモを残して、何に使うのかを明確にしておきます。

事前に、家族で話合って「沖縄へ旅行に行きたい。」とか「洗濯機が壊れそうだから買い替えたい」とやりたいことや欲しいものを考えます。

年払いの例
  • 年払いの保険料
  • NHK受信料
  • 固定資産税
  • 車検代
  • 家具
  • 家電
  • 大型旅行予算 など

できるだけ細かく具体的にリストアップしておくと、予算表の精度が上がり、予想外の出費が減らせますよ。

家計の黄金比率と比較ができる

家計の黄金比率と実際の割合を比較できるようにしておけば、どこを節約すべきかすぐに分かります。

住居費、保険料、通信費は、一度の見直しでガクッと支出を抑えられるので、見直し甲斐があります。

ただ、家計の黄金比率は、あくまでも目安。洗濯機を日用品代に含めると、理想よりも大幅赤字になってしまいます。また、旅行が好きなわが家はレジャー費を多くとりたいと思っています。

そのような場合は、他から捻出します。「ここに重点的に使いたい!」という気持ちから、積極的に節約をすることができ、お金を有意義に使えるようになります。

貯金可能額は明確に

収入と支出を記入すると、自動的に貯金可能額が算出されるようにしています。

今年は、洗濯機を買っても、レジャー費を50万円近く使っても、170万円以上貯金ができる計算になります。これは、ムダ遣いさえしなければ、全く無理をしなくて貯められるお金です。

もちろん、予想だにしない急な出費も出てきますが、大幅にずれる可能性は少ないです。

このように、事前に支出の計画を立てておくことで、衝動買いを防げたり、無計画な出費が減らせます。

年間予算表では項目の調整が可能

この年間予算表の良いところは、金額を変更した時の貯金額が瞬時に確認できること。

わが家は、現在社宅住まいで家賃は4万円と関東圏の相場に比べてかなり安いです。もし、今マンションを購入して、月々の支払が10万円になった場合も、100万円以上は貯金できることが分かります。

年間予算表にて簡易的なシミュレーションができるので、大きな買い物や継続的な支出がある場合にも、活用できます。

家計を見える化してムダ遣いを防ごう

「頑張って節約しているのに、いつの間にかお金がなくなっている。」

ムダ遣いが多い方は、お金のコントロールが上手にできていない方が多いと思います。知らず知らずのうちに、お金を使っていませんか?家計管理で、何に使ったか分からないことが、一番怖い状態です。

家計の年間予算表を作ることで、お金としっかりと向き合うことができるので、買い物にも慎重になります。そして、自然とお金のコントロールができるようになります。

ついで、誘惑に負けてその場のノリで物を買うことが減るので、物に溢れた暮らしからも卒業できます。暮らしも家計もシンプルになり、まさに一石二鳥です。

皆さんも、一度年間予算表を作って、ぜひ家計を根本から見直してみてください。ストレスが多い節約を卒業して、ゆとりある貯金生活を目指しましょう!

▼ こちらもオススメ記事です。

参考 お金がないなら固定費を削れ!家計の出費を減らすための節約チェックリスト

参考 賢いママは隙間時間を有効活用!在宅ワークで子育て主婦が稼ぐ5つの方法

保険の見直しできていますか?
保険のビュッフェでは、ウナギやお米などがもれなくもらえる「特選ギフトキャンペーン」を実地中。

無理な勧誘はなく、希望の保険がなければ加入する必要は一切ありません。

▼ 無料相談の予約はこちらから ▼

「節約術を知りたい!」「ライフプランのシミュレーションをしてほしい!」「家計の改善策を知りたい!」という方にもオススメです。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク