家計は年間予算表で管理すると分かりやすい!お金の収支を見える化しよう

「主婦なのに、家計管理ができない。このままだと、教育資金も老後資金も貯められない!」

結婚して家計管理を任されるようになりましたが、失敗の連続でした。

「家計簿をつけても、全く支出が減らせない…。お金も貯まらない…。」

どうしたら、家計管理ができるようになるのか考え、たどり着いたのが年間予算表です。

わが家では、貯金簿と併せて、年間予算表を作るようになってから、急激に貯金ができるようになりました。

▼ 貯金簿についてはこちらで紹介しています。

参考 家計簿よりも簡単!貯金簿エクセルテンプレートを自作したら節約体質に大変身

スポンサーリンク

家計は「月」で管理するとややこしい!

「他の家庭ってどうやってやりくりするんだろう?」

雑誌の「家計簿見せて!」などの特集記事を見るのが好きで、結婚直後はよく見ていました。

一か月の収入と支出を見て「食費から1万円、日用品から5千円減らす。ついでにダンナさんのお小遣いはもう少し我慢してもらいましょう!」と、ファイナンシャルプランナーが家計簿にメスを入れる類のものです。

私も参考にしていた時期もありましたが、こんなに毎月の支出を一定に抑えられない、と思うようになりました。

「コツコツ節約していたのに、車検代で一気になくなってしまった!」

「夏休みの大型旅行。意外とお金がかかりそうだ。」

何か家計管理って思うようにいかないな。食費を減らしてもすぐに特別出費でとんでいってしまうから、一気にモチベーションダウン。

そこで、年間で家計を管理するようになったら、私には合っていたようで、今では「家計簿見せて!」に全く頼ることなく、家計管理をしています。

年間予算表の作り方

年間予算表は、世帯の収入と支出を書き出し、自分にとっての節約目標を立てるためのものです。

社宅に安く住んでいるA家と、都内にマイホームを購入したB家では、同じ給料をもらっていてもその他に使える金額は全く違います。

B家では、住宅ローン以外にも固定資産税などもかかってきますし、マンションであれば修繕・管理費などもかかってきます。

余裕がなければ、子供の習い事を減らしたり、旅行を控えたりしなくてはいけないかもしれません。でも、どこをどれだけ削ればいいのかは、家計によって違いますよね。

そこで、その家計に合わせた予算編成ができるように、エクセルを使って年間予算表を作成しました。

上の画像はサンプルです。平均的な所得水準の30代夫婦+子ども2人(小学生&保育園児)。関東圏に住む共働き家庭の設定で作ってみました。

【 追記 】2018.01

素人が作ったショボショボのエクセルテンプレートですが、テンプレートを使いたいというお問合せをいただいたので、ダウンロードできるようにしました。

ほぼ装飾なしの抜群にシンプルなテンプレートなので、カスタマイズし放題!ぜひ自分仕様にアレンジしてお使いください。(ただし、著作権を放棄してません。再配布・譲渡・販売行為は禁止です。)

エクセルが苦手な方のために、PDF(手書きタイプ)もダウンロードできるようにしています。手計算になりますが、表自体はそのまま使えます。

年単位の出費を算出

家計管理で一番大事なのは、年単位の出費を把握することです。

節約といえば、食費や日用品の見直しから始める方が多いですが、額が大きい特別出費を後回しにしていませんか?

まずは、ここを徹底的に洗い出します。

テンプレートは「年単位の出費」と「年間予算表」の2枚のシートに分かれています。

まずは、「年単位の出費」シートを使い、普段の生活以外にかかるもの、年払いなどをリストアップしていきます。

事前に、家族で話合って「沖縄へ旅行に行きたい。」とか「洗濯機が壊れそうだから買い替えたい」とやりたいことや欲しいものを考えます。

年単位の出費例
  • 年払いの保険料
  • NHK受信料
  • 固定資産税
  • 車検代
  • 家具
  • 家電
  • 大型旅行予算 など

年間固定費と特別費の違いは、保険料や保険代など毎年ほぼ同じ額で必要なものを年間固定費、家具・家電、大型旅行など予算が一定でないものを特別費にしています。

できるだけ細かく具体的にリストアップしておくと、予算表の精度が上がり、予想外の出費が減らせますよ。

エクセルテンプレートでは、項目はリストから選択できるようになっています。

全て記入し終わると、自動的に合計金額が一番下の表に反映されるようになっています。こうしてリストアップしてみると、特に贅沢をしなくても、100万円以上かかっていることが分かります。

収入は手取りで記入

予算を作成するためには、目安となる収入が必要です。

ここでは、分かりやすいように昨年の手取り年収を記入。手取り年収は、源泉徴収票で確認できます。

他にも、子供手当や、株や不動産投資・副業などの副収入がある場合は記入します。

子供手当の額は?
支給対象年齢 支給額(月)
0歳~3歳未満 15,000円
3歳~小学校修了前 10,000円(第1子・第2子) 15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円
所得制限世帯(約960万円以上) 5,000円

※ 2月・6月・10月に、4ヶ月分まとめて支給されます。

支出は年単位で考える

家計簿は月単位でつけることがが多いですが、年間予算表では、一年間の合計金額を確認することができます。

月払いは、家計簿をつけている方であれば、昨年の実績(12ヶ月の平均値)を記入。つけていない方は目標金額でもOK!

毎月の平均はどうやって計算するの?

私は、毎月の家計簿記入に時間をあまりかけたくないので、家計簿アプリを使っています。

家計簿アプリ「マネーフォワード」は、銀行口座やクレジットカード情報を自動で取得してくれるので、全く手間がかかりません。また、月平均の支出も確認できるので、大変便利です。

年払いは、「年単位の出費」シートに記入すれば、自動的に反映されるようになっています。

家計の黄金比率と比較ができる

家計の黄金比率と実際の割合を比較できるようにしておけば、どこを節約すべきかすぐに分かります。

知り合いのファイナンシャルプランナーさんに聞いた「家計の黄金比率」を目安のために書いています。年収に応じて、理想の金額を出しているので、参考にしてみてください。

住居費、保険料、通信費は、一度の見直しでガクッと支出を抑えられるので、見直し甲斐があります。

洗濯機の買い替えがあったり、大型旅行に行ったりすると、理想よりも大幅赤字になってしまう場合もあります。ですが、家計の黄金比率は、あくまでも目安。

旅行が好きなら、レジャー費を多く取る代わりに他から捻出。

「ここに重点的に使いたい!」という気持ちから、積極的に節約をすることができ、お金を有意義に使えるようになります。

貯金可能額が瞬時に分かる

年間予算表では、①収入、②月払いの2カ所を記入するだけで、年間の貯金可能額が分かるようになっています。

サンプルの家庭では、年1回の大型家族旅行、洗濯機の買い替えをして、住宅費月10万円でも75万円貯金ができる計算になります。

収入と支出を記入すると、自動的に貯金可能額が算出されるようにしています。もちろん、予想だにしない急な出費も出てきますが、年単位の出費の管理さえしっかりとできていれば、大幅にずれる可能性は少ないです。

このように、事前に支出の計画を立てておくことで、衝動買いを防げたり、無計画な出費が減らせます。

家計を見える化してムダ遣いを防ごう

「頑張って節約しているのに、いつの間にかお金がなくなっている。」

ムダ遣いが多い方は、お金のコントロールが上手にできていない方が多いと思います。知らず知らずのうちに、お金を使っていませんか?家計管理で、何に使ったか分からないことが、一番怖い状態です。

家計の年間予算表を作ることで、お金としっかりと向き合うことができるので、買い物にも慎重になります。そして、自然とお金のコントロールができるようになります。

ついで、誘惑に負けてその場のノリで物を買うことが減るので、物に溢れた暮らしからも卒業できます。暮らしも家計もシンプルになり、まさに一石二鳥です。

皆さんも、一度年間予算表を作って、ぜひ家計を根本から見直してみてください。ストレスが多い節約を卒業して、ゆとりある貯金生活を目指しましょう!

▼ こちらもオススメ記事です。

参考 お金がないなら固定費を削れ!家計の出費を減らすための節約チェックリスト

参考 賢いママは隙間時間を有効活用!在宅ワークで子育て主婦が稼ぐ5つの方法

保険の見直しなら保険ビュッフェ!
保険のビュッフェでは、ウナギやお米などがもれなくもらえる「特選ギフトキャンペーン」を実地中。

無理な勧誘はなく、希望の保険がなければ加入する必要は一切ありません。

▼ 無料相談の予約はこちらから ▼

「節約術を知りたい!」「ライフプランのシミュレーションをしてほしい!」「家計の改善策を知りたい!」という方にもオススメです。

▼ 体験談はこちら ▼
参考 プロに聞く保険の活用術!保険ビュッフェのプレゼント付き無料相談で家計改善
スポンサーリンク

▼ ブログ村・暮らしのテーマ(トラコミュ)
・ シンプルで豊かな暮らし 
・ 丁寧な暮らし 
・ 暮らしの見直し 
・ 頑張らない節約

▼ ランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

読んだ印にポチッと押していただけると励みになります♡
いつも応援ありがとうございます。

関連記事
スポンサーリンク