マリーンシャトルなら横浜港のクルージングを予約なしで楽しめる!周遊コース・料金・割引のまとめ

マリーンシャトル

「横浜観光をするなら、クルージングも楽しみたい!」

日本有数の港町、横浜。ぜひ横浜の観光プランの一つに組み込みたいのが、クルーズです。乗船のみのリーズナブルなものからディナーやビュッフェ付のリッチなものまで、多種多彩なクルーズが揃っています。

その中から、今回は子連れでも気軽に楽しめる「マリーンシャトル」を利用しました。

大人4人、子ども4人の大所帯で横浜観光。横浜マリンタワーの展望フロアで景色を眺めていると、山下公園近くに乗船場を発見。

そうだ、遊覧船に乗ろう!と、次の観光スポットが決まりました。(かなり行き当たりばったりの旅行です…笑)

スポンサーリンク

マリーンシャトルは横浜港を周遊できるクルーズ

マリーンシャトルとは、株式会社ポートサービスが運営しているクルージングです。

株式会社ポートサービスでは、マリーンシャトルの他、マリーンルージュ(ワンランク上のダイニングクルーズ)とシーバス(水上バス)も就航しています。

マリーンシャトルは、40分・60分・90分コースがあります。

山下公園乗車場に行き、予約なしで乗船のみのチケットを購入。何せ行き当たりばったりの旅だったので、ちょうどタイミングよく乗車できた60分コースになりました。

マリーンシャトル就航ルート

(画像出典:横浜クルージングHP

このコースの見どころは、大迫力のベイブリッジを船から見上げることができます!ベイブリッジを車で通ることはあっても、真下から眺めるなんてなかなかできない経験ですよね。

これは楽しそう!とみんなワクワクドキドキ。

マリーンシャトルの船内の様子

マリーンシャトルの旅客定員は約540名。全長46メートル・764トンと、かなり大きい観光船です。

3階立ての観光船には、レストランスペース、オープンデッキ、ロイヤルルームなどを兼ね備えています。内装は「南欧のカフェ」をイメージしているそうです。

まず、私たちが座ったのが、ビューシートという場所。どの席からも180°のパノラマビューが楽しめるようになっています。

持参したドリンクやお菓子で(子連れには必須)パーティー気分の船旅を開始しました。

船内でもドリンクやお菓子は購入できますが、値段は高めです。乗船場付近にも自動販売機があったので、事前に購入しておくと良いと思います。

ベイブリッジに近くなった頃に、オープンデッキに移動。デッキから落ちそうになる子供たちヒヤヒヤなりながらも、大迫力のベイブリッジを見上げることができました。

赤灯台も通過。

マリーンシャトル赤灯台

みなとみらいの街並みは美しすぎる!

横浜は写真スポットが豊富で楽しいですね。まだまだ、写真の腕は未熟ですが、一眼レフ持参してよかった♡

60分の周遊コースはあっという間に終了。小学生長男たちは、あんなに船に乗りたいと言っていたのに、お菓子を食べ過ぎたり、かくれんぼをしたり、満喫できたのかどうなのか…(汗)

まぁ、楽しそうにしていたので、よしとしよう!

マリーンシャトルの料金

時間 大人 子供
40分 1,000円 500円
60分 1,600円 800円
90分 2,200円 1,100円

※こども料金は小学生対象(0歳児~幼稚園年長までは大人1人様につき1人無料)
※団体割引(乗船料10%引き)は15名様以上

マリンタワーほどお得な割引クーポンはありませんでしたが、ジョルダンまたはHISクーポン提示で10%割引。(最大5名まで)

参考 横浜マリンタワーは穴場の観光スポット!割引サービスで入場料金が30%オフ

マリーンシャトルで横浜観光を海から楽しもう

「クルージングは高そう!」というイメージが強かったですが、一人1,500円ほどで楽しむことができました。

海からの眺めは、また違った良さもあるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。