産後のイライラの原因は散らかった部屋。出産前に断捨離&整理整頓をして赤ちゃんを迎えよう

もうすぐ臨月を迎えるKiraです。
二人目の成長は早いと言うけど、本当にあっという間。
お腹もかなり大きくなり、段々動くのも大変になってきました。

っが、ここであとひと踏ん張りしてやらなくてはいけないことが。
それは、赤ちゃんを迎えるための「不要品の整理」「赤ちゃん収納スペースの確保」です。
一人目のときは里帰り出産でしたが、ギリギリまで働いていたため、自宅を片づける暇なく帰省してしまいました。
出産後、自宅に戻ってきたときに、ただでさえ慣れない育児でブルーになっていたのに、ものがグチャグチャに散乱した部屋を見て、気が滅入りそうになりました。
前回の教訓を活かし、今回はできるだけ事前準備に力を入れて、万全体制で赤ちゃんを迎えようと思っています!

スポンサーリンク

オムツ収納の確保

新生児期は一日十数回も替えるオムツ。
出しやすい場所に、オムツ&おしり拭きを収納を確保したいです。
マイホームでは、リビングに引き出し収納があったので便利でしたが、こちらの社宅ではリビングに備え付けの収納は皆無。

今のところ、ピリエの収納ボックスに入れようかと思っています。
ピリエの収納ボックスは、使わない時は、折り畳んでおけるので場所を取らない優れもの。
サイズやデザインも豊富で、ついつい集めたくなってしまうんですよね(笑)

リサ・ラーソンやムーミンのもカワイイ★

   

家に4~5個はありますが、ちょこっと入れるのに便利なので、色々なところで活用中。
いらないものを整理にして、そのうち一つをオムツ用の収納にしたいと思います。

それと、オムツやおしり拭きのストック場所も確保しておかないと。
オムツはまとめ買いすることが多そうなので、2~3パック置いておける場所が必要。

赤ちゃんの衣料品・抱っこ紐などの収納を考える

わが家では、子どもの衣類は全てリビング続きの和室の押し入れに入れています。
先日、和室の押し入れに幼稚園のお支度スペースを作りましたが、その隣。
一番出し入れがしやすいし、子どもの着替えは目の届くところの方が安心。

衣類の収納に使っているのは、大人も子どももアイリスオーヤマのロングチェスト。
和室の押し入れ、下半分が6つの引き出しで埋まっているので、そのうち2つを下の子用に使う予定です。
ここにも、使っていないオモチャや小物が入っているので、いらないものは処分したいと思います。

衣類や抱っこ紐などは、この2つの引き出しがあれば十分入るはず。

ミルク調乳スペースの確保

先日、ウォーターサーバーの検討をしていましたが、哺乳瓶やミルク置き場も決めておきたいと思います。

オススメ! クリクラママのウォーターサーバー。ミルク調乳用に3か月間無料で使ってみた

一人目のときは、友達からミルトンの消毒セットを借りられましたが、今回はないのでどうしようか考え中。
熱湯の煮沸消毒で頑張るか、レンジで簡単に消毒できるセットを購入しようか考え中です。

コンパクトで口コミが良さそうなのはこの辺りかな。

  

母乳育児が軌道にのれば、使用頻度は高くないのであまり高価もの&場所をとるものは買いたくない・・・できれば1000円前後で。

ミルク調乳スペースは、リビングダイニングに作るかキッチンに作るかは検討中。
でも、キッチンはゴチャゴチャしちゃいそうなので、ダイニングのカウンター収納の上が候補地です。

断捨離でものを減らしてスペースにゆとりを

子どもが増えると、物が増えるのは仕方がないこと。
その時に収納場所がないと、物が溢れて、育児ストレスも倍増していまいます。
収納場所にゆとりを持たせるためにも、使ってないものは潔く処分!

今日も、着ていないカットソーとバッグ類をブランディア宅配買取に送りました♪
(年末年始にマザーズバッグを買ったので、一つ処分。)

その他の服はH&Mの古着回収リサイクルへ持っていくために袋詰め。1袋ごとに500円の割引クーポンがもらえます。

参考 H&M古着回収サービスの500円クーポン。リサイクル方法や利用条件などをまとめてみた。

あとは、子どものオモチャをリサイクルショップに持っていきました。近くのリサイクルショップでは、結構使い込んだものでも引き取ってもらえるので、最近は定期的にいらないものをまとめてもっていっています。100円、200円ほどしかならないけど、愛着のあるものを捨てるのはどうも心苦しくて・・・

物を処分するときは、何でも買い取ってくれる最後の砦的なお店を見つけておくと、スムーズにものが減らせますよ!