沖縄旅行

ゆうなんぎいで本格的な沖縄料理を!国際通り近くで那覇の夜を楽しもう

「国際通り付近で美味しい居酒屋さんはどこだろう。」

国際通り周辺は、沖縄メインの観光スポットと言うこともあり、レストランや居酒屋さんがとても多く、どこにするか迷います。

今回は、口コミ評価がかなり高い「ゆうなんぎい」に行ってきました。旅行雑誌にも度々登場するとても人気のお店をご紹介します。

店内は狭めだけど、席数は多い

ちゅら美人で琉装体験をしたら、ちょうど夕食の時間。そのまま、沖縄料理が食べられる居酒屋「ゆうなんぎい」へ向かいました。

参考 琉装スタジオちゅら美人で沖縄民族衣装体験!じゃらん遊びクーポンならお得に予約できる

ゆうなんぎいは夕方17時30分オープン。(ランチも営業しています。)人気店なので行列ができることもあるそうですが、オープンちょっと過ぎくらいに行ったので、待ち時間なくすんなり入ることができました。

狭い間口を入ると、奥行がある店内。手前側に座敷席、奥にテーブル席、カウンター席もあり、意外と席数は多いです。案内されたのは、手前側の座敷席。隣には外国人の夫婦っぽい人が既に座っていました。観光客と地元のお客さん、どちらもいるような雰囲気。オープン直後とはいえ、既に賑わいを見せていました。

店内には、有名人のサイン色紙もたくさんあり、人気のお店だと言うことが分かります。

美味しい沖縄の家庭料理たち

「沖縄料理は分かりますか?ここは初めてですか?」

と、お店のおばちゃんに聞かれ、オススメメニューを教えてもらいました。

やはり外せないのはラフテー。長男くんが、1泊目ルネッサンスリゾート近くの居酒屋田芋ではまったのでここでも注文。

参考 恩納村で沖縄料理を食べるなら琉球島料理・田芋(たーんむ)!子連れでも楽しめる美味しい居酒屋さん

ゆうなんぎいのラフテーは味噌味。お肉がトロトロで箸で軽く切れる!今まで食べたラフテーランキングで一位かも。わが家でも豚の角煮はよく作りますが、どうやったらこんなにトロトロにできるのか不思議です。

その他、そーめんちゃんぷるー、グルクンの唐揚げなどもオーダー。

ダンナさんが「魚の乗った豆腐が食べたい!」と言っていたので、カラスドーフ(スクガラス豆腐)も頼んでみました。塩からの魚が豆腐の上に乗っている料理ですが、なかなか独特な味でした。

ゆうなんぎいの料理はどれも家庭的で美味しかったですが、私の中で一番のオススメは「野菜の煮付け」

単なる野菜の煮物ですが、お肉や豆腐も入っていて、何が主役なのか分かりません(笑)こってり系が多い沖縄料理の合間に食べるには、ちょうど良い優しいお味でした。

ゆうなんぎいの難点は、一つ一つの席は狭いこと。座敷席も4人家族でぎゅうぎゅう。体が大きいダンナさんは、窮屈そう。隣も近いので、小さい子連れだと結構気を遣いました。次男くん、ゴソゴソ動き回ったり、食べ物をこぼしたりするので…。

ゆうなんぎいで沖縄料理を食べおさめ

沖縄旅行最終日の夜は、ゆうなんぎいで美味しい沖縄料理を食べつくすことができました。ゆうなんぎいは、子連れだと少々くつろぎにくい部分はありましたが、とても美味しい料理の数々で大満足!

食事代は4人家族で5,000円ちょっと。お手頃価格でした。(もちろん夫婦ともども飲んでますよ。)

皆さんも、那覇の夜に訪れてみてはいかがでしょうか。

店名 ゆうなんぎい
住所 沖縄県那覇市久茂地3-3-3
アクセス ゆいレール「県庁前駅」徒歩10分・国際通り近く
駐車場 なし
営業時間 ランチ 12:00~15:00
ディナー 12:00~15:00
日曜・祝日定休

 

▼ 沖縄旅行記まとめ記事はこちら。

オススメ! 沖縄子連れ旅行記まとめ!4人家族・4泊5日格安パックツアーの合計費用を公開