沖縄旅行

恩納村で沖縄料理を食べるなら琉球島料理・田芋(たーんむ)!子連れでも楽しめる美味しい居酒屋さん

恩納村居酒屋田芋口コミレポート

「恩納村のリゾートホテルに泊まるけど、夕食はどうしよう。」

沖縄旅行初日の夜は、「やっぱり沖縄料理が食べたい!」と思い、恩納村にある琉球島料理・田芋(たーんむ)という居酒屋へ行きました。

田芋へのアクセス

田芋は、宿泊先のルネッサンスリゾートオキナワから徒歩圏内。天気もよかったので、夕方のお散歩がてら行くのに、ちょうど良い距離でした。

▼ 琉球島料理・田芋(たーんむ)へのアクセス ▼

店名 沖縄居酒屋 琉球島料理 田芋(たーんむ)
住所 沖縄県国頭郡恩納村仲泊 沖縄県国頭郡恩納村仲泊 2081-1
アクセス 車:石川インターより10分。おんなの駅そば徒歩3分。
駐車場 あり(無料)
営業時間 ランチ 12:00~17:00
ディナー 17:00~23:00
ランチ営業、日曜営業

座敷ありの広々とした店内

田芋店内

(写真がブレブレですみません…。)

小さい子どもがいると、テーブル席よりも座敷の方がくつろげますよね。田芋では2階に広い座敷スペースがあり、ゆっくりすることができました。

子ども用の椅子も置いてあり、次男くんは嬉しそうに、自分の席を確保していました。

田芋のメニュー

田芋のメニューは沖縄料理がメイン。

田芋盛り合わせ

お店の由来にもなっている田芋3点盛り合わせ。田芋とは、田んぼで育つ沖縄のお芋でタロイモの仲間です。沖縄のお正月などのお祝い事には欠かせない食材の一つで、スイーツにも使われることも多いそうです。

方言で「たーんむ」または「たーむ」と呼ばれています。今回の旅行で初めて田芋料理をいただきましたが、里芋のように粘りがあり、ほんのり甘かったです。

ふーちゃんぷるとおじさんのから揚げ。子供たちは苦めのゴーヤちゃんぷるは食べられなさそうだったので、麩にしてみました。

おじさんのから揚げにも挑戦!おじさんというのは、スズキ目ヒメジ科のお魚です。愛称かと思いきや「おじさん」がれっきとした正式名称。日本の南部に生息する魚で、沖縄ではよく食べられているそうです。

そういえば、黄金伝説の無人島生活で濱口が「おじさん」を食べていたような…。

白身が柔らかく、食べやすい魚でした。沖縄の人は頭や骨も食べるとお店の人に言われましたが、結構太くて食べずらかったので断念してしまいました。すみません!

おじさんは、メニューに値段が載っていなく、採れた日のみ時価で提供されます。この日は1皿1,700円ほどでした。

長男くんは、ラフテーの美味しさに感激!さすが肉食男子。

定番のジーマーミー豆腐や海ぶどうも。

ポテトフライの代わりに頼んだ紅芋スティックもなかなか!サツマイモのような感じなのに、中身も紫。

田芋の料理は、ハズレがなく全て美味しかったです。お子様専用メニューはありませんでしたが、おにぎりや白いごはんもあるので、取り分けで対応できます。(と言っても、わが家の次男くん(1歳)は、既に大人とほぼ一緒のメニュー。

田芋で美味しい沖縄料理を堪能しよう

以前は送迎をやっていたそうですが、ルネッサンスリゾート側から指摘を受け、遅い時間のみ無料で行なっています。ルネッサンスリゾート以外の読谷村・恩納村のホテルは無料往復送迎も可能です。(詳細はお店にお問い合わせください。)

ルネッサンスリゾートオキナワから徒歩7~8分と、気持ちよく歩ける範囲です。お店では、沖縄の雰囲気も味わえるので、ホテルレストラン以外で食事がしたい場合は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

今回の旅行は、楽天トラベルの航空券+宿泊セットプランで予約しました。

何と、ホテル代・航空券・レンタカー込みで、家族4人約10万円でした!オフシーズンとは言え、かなり安く抑えることができました。

楽天トラベルは楽天スーパーポイントが貯まります!さらに楽天カードで支払うと、最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

期間限定のお得なクーポンも配布されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

➡ 楽天トラベルの航空券付き宿泊プランは家族旅行におすすめ!ラ・クーポン利用でさらに格安に

+ + +

▼ 沖縄旅行のまとめ記事(旅行記の目次)はこちら

➡ 【沖縄子連れ旅行記】家族4人格安パックツアー4泊5日の予算&費用

※このブログ記事は、2017年1月の旅行記です。随時更新を心がけていますが、最新情報については、必ず公式ホームページにてご確認ください。

♡ブログランキング参加中♡

目指せランキング上位!あなたのクリックでランキングが上がります。