結婚式の節約術

結婚式の引き出物相場はいくら?質を下げずに安く抑える3つの方法

「結婚式の引き出物相場っていくらだろう?何とか安く抑える方法はないかな?」

結婚式で大きなウエイトをしめる引き出物代。

ゲストに関することだからこそ、極端な節約はしたくありませんが、安く抑えられたにこしたことはないですよね。

今回のブログ記事では、以下をご紹介します。

  1. 結婚式の引き出物相場
  2. ゲスト思いの節約方法
  3. 引き出物代を安く抑える3つのポイント

「引き出物の質を下げずに、節約をしたい!」という花嫁さんの参考になれば幸いです。

引き出物の相場は?

知りたい!引き出物相場
  • 引き出物(ギフト)を用意した割合: 95%
  • 引き出物の総額: 平均34.7万円
  • 引き出物の用意数: 平均58.4人分
  • 一人当たりの費用: 平均6,600円
  • 引き出物の品数: 平均2.8品目
  • 贈り分けをした割合: 贈り分けをした人82%・しなかった人17%
  • 贈り分けのパターン: 平均4パターン

(出典: 結婚トレンド調査2017報告書(首都圏))

最近は、ゲストに応じて贈り分けするカップルがとても多いです。

親族(夫婦)・親族(個人)・来賓(上司)・友人という4タイプで引き出物の種類や品数を変えています。

私の結婚式では、親族(夫婦)は10万円以上、来賓(上司)は5万円程度、友人は3万円程度と、平均的なご祝儀をいただけました。

引き出物の贈り分けをする理由は、もらえるであろうご祝儀に応じて、予算をかえているから。

私たちも、大まかに贈り分けをしました。

友人合計: 6,000円/人

  • カタログギフト 3,500円 (定価:4,300円から2割引きで購入)
  • 引き菓子 1,500円
  • 縁起物 1,000円

親戚・来賓合計: 7,200円/人

  • カタログギフト 4,700円 (定価:5,800円から2割引きで購入)
  • 引き菓子 1,500円
  • 縁起物 1,000円

あまり面倒なことをしたくなかったので、贈り分けは、単純にカタログギフトのランクを変えただけ。

実は、カタログギフトは、裏技を使って2割引で購入ができたため、ランク自体は平均よりも少し高めのものを贈ることができました。

ゲスト思いの節約とは?

引き出物を節約することで、ゲストに不快感を与えないために、いくつか注意した方が良いポイントがあります。

割引率が高いショップを探す

引き出物は、結婚式場以外の場所で購入すると、割引率が高いことが多いです。

私はネットショップを使いましたが、結婚式場で取り扱っている商品を、遜色ないラインナップでした。

結婚式場は、マージンが取られる分、基本的に引き出物の値引きはしません。

ネットショップなどから直接買う場合は、不必要な手数料がカットできる分、同じ商品でも安く手に入れることができます。

引き出物の合計相場は、約6,400円です。

贈り分け前提で、友人は5,000円、親戚は7,000円くらいになるように、引き出物を選べば、ケチった感は少ないでしょう。

例えば、親族用に、6,500円のカタログギフト、1,500円の引き菓子、1,000円の縁起物の3点を購入したとします。

この時点で、合計が9,000円分とかなり高額ですよね。

でも、2割引きで購入できれば、平均予算程度の7,200円で購入が可能です!

困った時はカタログギフト

何を選んでいいのか分からない。そのような時なカタログギフトが無難です。

私自身、数多くの友人や会社関係の方の結婚式に出席し、もらった引き出物はとても多いです。

ですが、残念ながらもらった引き出物の中で、今も活躍しているものは本当にごくわずかです。

場所が限られている社宅住まいなので、ものが増やせないのが現状です。申し訳ないと思いつつ、リサイクルショップに持っていき、処分してしまいました。

現在残っているのは、ほとんどカタログギフトでいただいたものばかり。

商品の場合、ピンポイントで欲しいものが贈ってもらえると「気持ちがこもっている。」「本当に嬉しい♡」と思ってもらえます。

ですが、暮らしに合わないもの、趣味に合わないものの場合は「残念だった。」「欲しいものではなかった。」という印象になります。

カタログギフトは、最高のギフトにはならないかもしれませんが、失敗も少ないです。

商品なら贈り分けが必須

カタログギフトにも「値段がばれる」「心がこもっていない」といったデメリットもあります。

もし、引き出物で商品を選ぶ場合は、贈り分けをすることをオススメします。

少し時間と手間はかかりますが、ゲストそれぞれの生活スタイルや家族構成などを考慮し、ぜひピッタリのギフトを選ぶと、とても喜ばれると思います。

  • 食器好きの親族 → ウェジウッドのカップ&ソーサー、紅茶、フルーツケーキのセット
  • 一人暮らしのOLさん → ロクシタンのハンドクリーム、フルーツジュースセット、個包装のお菓子
  • 新居を建てたばかりの夫婦 → イルムスのカタログギフト、今治タオルセット、バームクーヘン

私は、無難にカタログギフトにしてしまいましたが、相手のことを思うなら、贈り分けがベストです!

引き出物代を安く抑える3つの方法

節約① 引き出物をネットショップで購入する

持ち込み料が全くかからない結婚式場であれば、引き出物をネットショップで購入し、 持ち込むことで節約できます

私の場合も持ち込み料がかからなかったので、この方法を取りました。

実店舗よりもネットショップの方が、割引率が高いことが多く、配送も式場に直接してもらえば手間もかかりません。

注意点としては、基本的にウェブ上やりとりになるため、購入する際はショップの口コミを確認すると安心です。

ミスや手違いなどを防ぐためにも配送完了は3日前までに済ませておくと良いでしょう。

節約② 引き出物の持ち込み料を負担してくれるショップを探す

結婚式場によっては、引き出物持ち込み料が1点に付き500円程かかってしまうところも。

もし、3点持ち込んだら手数料だけで1500円…割引率がいくら良いショップで購入しても、これでは全く節約になりません。

そのような場合は、持ち込み料を負担してくれる親切なショップを利用しましょう。 ショップによって負担額は異なりますが、提携式場であれば満額払ってくれるところもあります。

節約③ 引き出物宅配サービスを利用する

結婚式場によっては、引き出物を持ち込むことさえできないところもあります。 そんな時は、直接ゲスト宅へ送ってしまいましょう

引き出物宅配サービスとは、披露宴当日には、「後日、引き出物をご自宅にお送りします」と 記載されたメッセージカードを渡し、 引き出物をゲスト宅に直送するものです。

2次会に重い荷物を持っていかなくてよい、遠方からのゲストの負担も軽減できるなど、 ゲストにとってもメリットが大きいです。

例えば、GIFT NAVI(ギフトナビ)の引き出物宅配サービス「引出物直送便」は4,000円以上で送料が無料、10万円以上の購入で最大20%引きの割引きも適用されます!

➡ 人気の引き出物宅配ショップ5社を徹底比較!口コミ・評判を元にランキングを発表

引き出物は節約してもOK!

結婚式は、縁起物なのでどうしても「値引き」や「節約」をするのが苦手という方がとても多いです。

ですが、結婚はゴールではなくスタートです。やがて、子供ができて、マイホームを建てて、老後資金も貯めてと、かなりお金が必要になります。

今回ご紹介した節約方法は、ゲストに不快な想いをさせることなくできます。

今後、豊かな暮らしをするためにも、ぜひクオリティの高い節約をしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
結婚式を成功させる手作り&節約アイディア!結婚準備をとことん楽しむ方法先輩花嫁の経験や口コミを元に、結婚式を成功させる手作り&節約アイディアをまとめました。結婚式場・披露宴会場費用、ドレス・ブーケ代、ペーパーアイテム、会場装飾費、演出、写真・DVD、引き出物・プチギフトの節約方法を一挙にご紹介します。このブログ記事さえ読めば、結婚式準備を楽しみながら、100万円以上の節約することも可能です!...