子供のイベント

人をダメにするソファの秘密!無印良品風のビーズクッションがやってきた

IMG_1661

口コミでも人気の高い無印良品の「体にフィットするソファ」通称「人をダメにするソファ」。5歳の長男がサンタさんへのクリスマスプレゼントとして、お願いしました。

サンタさんの予算の関係上、無印良品の正規品は難しかったので、ネットで見つけた類似品「人をダメにするクッション」を購入しました。

息子からサンタサンへの手紙。

image

クリスマス当日は、私の実家(愛知)でプレゼントを開封、その後ダンナの実家(富山)に行き、自宅(神奈川)に戻ってきました。何とも長旅だったソファちゃん。

使い始めて数週間、実際の使用感などをご紹介したいと思います。

無印良品の「人をダメにするソファ」とは?

「人をダメにするソファ」は、2013年に9万個、2014年に13万8000個も売れました。

正式名称は「体にフィットするソファ」で、くつろぎに合わせて自由に変形することが特徴です。

サイズは2種類あります。

幅65×奥行65×高さ43cmの通常タイプと幅55×奥行55×高さ38cmのミニタイプ。

詰め物の重量は、通常タイプが5.7㎏、ミニタイプが3.8㎏。

値段は、通常タイプが12600円(カバー3150円が別売り)、ミニタイプ12000円(カバー付き)と、ビーズクッションにしてはかなり高いです。

人をダメにするクッションの使い心地

わが家は「人をダメにするクッション」という類似品になりましたが、その使い心地はかなり良い!

5歳児には十分すぎる。

サンタさんからのメッセージには、「テレビを見るときは、ソファに座ってね」と書いてあったので、落ち着きのない息子もしっかりと座って見るようになりました。

image

ただ、段々ダメになっていっています・・・

image

そして、0歳児までもが使うように。

水分には劇的に弱いそうなので、チビちゃんは色んな意味で心配。

image

子どもたちが寝たあとは大人もしっかり使わせてもらっています。体にフィットするので、ダラダラリラックスしながらテレビを見るのが心地良い。

ビーズソファなら、自由に移動できるし、省スペースになります。わが家のように、そんなに広くない社宅には最適です。

(コルビジェの3人掛けソファも置いてるから、部屋がパンパン・・・)また、オットマンとしても使えますよ。

ただソファカバーの耐久性が少々心配。激しい5歳児とよだれ多き0歳児。ソファカバーだけは無印良品で買い換えるか、自作しようかとも考え中です。

人をダメにするソファは危険

人をダメにするソファは、快適すぎて本当にダメになりそうです。一度座ってしまうと、なかなか動きたくなくなる危険なソファでした。

息子、大人になったら、ビーズソファもらったってネタにするのかな(笑)喜んで毎日使ってくれたので、良いプレゼントになりました。

≫≫ 人をダメにするクッションを探す

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し