妊娠・出産

三ツ境駅すぐの産婦人科「堀病院」で出産!快適すぎた入院生活を口コミレポート

堀病院の口コミレポート

「快適な産婦人科で出産したい!」

一人目は、愛知県の実家近くのクリニックで出産しましたが、今回は横浜市瀬谷区(三ツ境駅すぐ)にある堀病院で出産しました。

年間3,000人以上の出産に立ち会う堀病院。24時間小児科医がいたり、救急車が配備されていたり、退院時の送迎サービスがあったりと、妊婦さんにとっては嬉しいこともたくさん。

堀病院は、出産数が全国トップ5に入る大きな病院ですが、出産や入院について書かれたブログやサイトが少なかったので、口コミレポートしたいと思います!

堀病院は部屋のタイプが豊富

堀病院では、値段に応じて個室・2人部屋・4人部屋・6人部屋・7人部屋を選ぶことができます。個室でもいくつかランクがあり、シャワーやソファーが付いたものもあります。

タイプ別料金

タイプ 入院料総額予算 シャワー ソファー
A 個室 57万円
B 個室 56万円
C 個室 55万円 ×
D 個室 52万円 ×
E 個室 52万円 × ×
F 4人部屋 52万円 ×
G 7人部屋 52万円 × ×
H 6人部屋 50万円 × ×

※料金は、6日間入院・正常分娩の目安です。

私は部屋数が多いソファーのついた個室にしました。

堀病院口コミ

トイレはもちろんウォシュレット付。

堀病院トイレ

洗面側はカーテンで仕切れます。

堀病院洗面

部屋は広々していて、とても快適でした。毎日掃除もしてくれるし、入院中に1回シーツを丸ごと取り換えてくれました。

シャワーは付いてないタイプのお部屋でしたが、朝5時から自由にシャワー室を使えたので、特に不便ではなかったです。シャワー室にはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが用意されており、入口に着替えやバスタオルなどは使い放題です。ドライヤーは2台設置されていました。

食事がとっても美味しい堀病院

朝ごはん

堀病院朝ごはん
昼ご飯

堀病院昼ごはん
夜ご飯

堀病院夜ごはん

朝・昼・夕の食事は、和食・洋食の2種類から選べます。さらに、ちょっとした夜食(おやつ)も用意されています。

母乳が良くでるように栄養バランスが良い食事です。ボリュームも満点!豪華なフルコースやケーキなどはありませんが、大満足。

ウォーターサーバーが廊下に設置されているので、水やお茶は飲み放題でした。出産後は、便秘になりやすいので、水分が沢山とれるのはありがたかったです。

ベビー室横にはお菓子やドリンクなどの自販機があるので、小腹がすいたときは利用していました。

スケジュールはタブレットで管理

image

入院中は、一人一台タブレットが貸し出されます。検診や授乳などのスケジュールは全て確認できます。その都度確認ができるので安心でした。食事の選択もタブレットから行えました。

堀病院の入院は母子別室なのでとっても楽

一人目を出産したクリニックは、出産した次の日から母子同室でした。

母子同室の方が、出産後のシミュレーションができて良いという意見もありますが、右も左も分からない状態で赤ちゃんと24時間一緒は大変でした。しっかり休めなくて、精神的にも体力的にもきつく、子育てのスタートとしてはあまり良くありませんでした。

二人目を出産するときは、入院中はしっかりと休みたいと思ったので、母子別室の堀病院はとても楽でした!母子別室と言っても、ママの体調が良ければ昼間(消灯時間まで)は部屋で赤ちゃんと過ごすことができます。

助産師さんによる授乳指導が手厚い

堀病院では、基本的に授乳は助産師さんのもと授乳室で行います。5:00、8:00、11:00、14:00、17:00、20:00は全員。23:00と2:00は希望者のみ。

一人目は完全母乳で育てたので、慣れたもののはずでしたが、二人目の出産まで4年も開いてしまったので意外と忘れてる。

「全然母乳が出ない・・・」

堀病院では授乳の度に助産師さんに気楽に相談でき、乳管マッサージの方法や赤ちゃんの飲ませ方など指導してくれました。おかけで1カ月も経たないうちに、母乳育児も軌道にのりました。

ただ、ミルクをどうしてもあげたくない人には向いていません。母乳が足りなければ、ミルクを足すように言われるし、夜間の授乳にいかない場合はミルクを与えられます。

その他

エステサービス

フェイシャルまたはアロマリフレ(膝下マッサージ)が入院中1回無料で受けられます。
退院後は、子育てに追われてお肌のケアどころではないので、ゆっくりリラックスできてとても良かったです。

インフルエンザ時期は注意

冬のインフル時期は、2階に中学生以下の子どもは上がれません。マスクも着用です。
うちは、上の子がまだ幼稚園児だったので、1階のプレイエリア付近で会っていました。
まだまだ本調子ではない体で、下まで降りていくのはちょっと大変でした。
産まれたての赤ちゃんを守るためなので、仕方ありませんでしたが、せめて個室だったらOKにしてくれればなぁと思いました。

入院セットは充実

移動用の鞄などをはじめ、スリッパやアメニティなど入院グッズは充実しています。
授乳ブラやショーツを2~3枚、化粧品くらいを持ってこれば、問題なく入院生活が過ごせます。
また、ミルク缶やボディソープなどのサンプルも大量にもらえます。ただ、かなりかさばるので私は入院中に、分別しているものだけを持ち帰りました。内祝のカタログやサンプルについてるパンフレットなどは、全部置いてきちゃいました。

自宅に戻ると、赤ちゃんのお世話で整理整頓する時間はなかなか取れないので、病院で断捨離して正解でした!

あとは、スタジオアリスの撮影料無料券(3000円相当)やベネッセの名前入りの絵本応募券などももらえました。

堀病院での入院生活はとても快適だった

出産一時金を除いて、病院に支払った費用は約13万円。横浜周辺の産婦人科にしては、安い方だと思います。ちなみに堀病院では、15時を過ぎると時間外料金が加算されます。

5泊6日の入院生活はとても快適でした。もう出産する予定はありませんが、もしも(ないと思うけど)3人目ができてしまったらまたお世話になりたいと思います!

▼ 二人目出産の様子はこちら。

参考 二人目出産レポート!思ったよりも楽だった経産婦の陣痛とスピード分娩になった理由

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し