ウエディングブーケの節約方法!手作りなら格安で豪華な仕上がりに

「素敵なブーケを持って結婚式を迎えたい!」

結婚式の必須アイテムと言えば、ウエディングブーケ。ウエディングドレスとカラードレス、それぞれに合わせてコーディネートすることが多いです。

ウエディングブーケはとても高価で、ブーケ代だけで10万円以上かかってしまった友人もいました。一生に一度の結婚式なので、ついつい財布の紐がゆるくなりがちですが、メリハリをつけてブーケ代も節約してみませんか?

スポンサーリンク

ウエディングブーケはなぜ高い?

結婚式用のウエディングブーケは、通常の花束と違い、とても高いです。

同じ本数を使った花束であれば、ウエディングブーケの約1/10くらいの予算で作ることができます。

なぜ、ウエディングブーケが高い理由は、花嫁さんのために一番良い状態のお花を厳選しているからです。

生花ブーケは、お花屋さんの中で最上級のお花を使用します。そのため、金額も高くなります。

さらに、結婚式場でブーケを依頼した場合は、式場への中間マージンが発生してしまいます。式場によってマージンの割合は異なりますが、半分近く取られてしまうこともあります。

もし、可能であれば式場提携のお花屋さんよりも、外注した方が安く抑えることができます。

ウエディングブーケの相場は?

式場 外注
生花ブーケ 3万円~ 1.5万円~
プリザーブドブーケ 5万円~ 2万円~
造花ブーケ 2万円~ 1万円~

一般的なラウンドブーケの相場費用です。

ボリューム感のあるカスケードタイプのブーケは、豪華な分値段も高くなります。また、束ねただけだけのクラッチタイプのブーケは、ガーデンウエディングやカジュアルパーティーなどに人気で、費用も比較的安いです。

ウエディングブーケは手作りして節約

結婚式ブーケ

私は、節約のためにウエディングブーケを全て手作りしました。手先はあまり器用ではない初心者ですが、素敵なブーケに仕上がりました。

上の写真は、実際に私が結婚式で使用したブーケたちです。(左:二次会用  真ん中:カラードレス用  右:ウエディングドレス用)

造花(アートフラワー)のブーケを手作りする

造花のブーケなら、生花よりも安く抑えることができます。さらに手作りすれば、もっと安くなります。

私の叔母は、ブーケ作りが趣味だったため、結婚式用にブーケをプレゼントしてくれました。

ドレスの色と雰囲気を伝えると、ヘッドパーツやブートニアも作ってくれました。「プレゼントだから~♥」とかかった費用もタダ。ありがとう、おばちゃん!

造花のブーケのメリットも多い

結婚式のブーケは造花よりも生花がいいと思われている方が多いかも知れませんが、造花のメリットは沢山あります。

造花のブーケは、生花に比べて軽いです。生花のブーケの中には、水をたっぷり含んだオアシスが入っていて、ズッシリと重く、意外と手に負担がかかります。

また、生花のブーケだと結婚式まで仕上がりの確認ができないので、イメージ通りに仕上がっているかどうかとう不安もあります。生花のブーケは、前撮りなどで使うことができませんが、造化のブーケなら何度でも使えます。結果的に、大幅な節約にもつながります。

【楽天市場】ウェディングアイテムでは、ブーケキットを多く取り扱っています。市販の手作りブーケキットなら、ハンドメイドが苦手な方でも無理なく作れますよ。

生花のブーケを手作りする

生花のブーケは結婚式前日に母と一緒に試行錯誤しながら手作りしました。

事前に、近くの花屋さんにブーケのイメージを伝え、切花を用意してもらいました。花屋さんでは、結婚式の日にちを伝えると、最適な状態の花を準備しておいてくれました。

ブーケは格安で仕上がった上、結婚式前に母と素敵な思い出が出来て本当によかったです

ちなみに、母も私もブーケ作りは初めて。ちょっと心配だったので、お花屋さんに注文に行く際に、見切りの花を買って事前に練習しました。

花の資材屋e-Annasakkaでは、ブーケ用品(ブーケホルダ・リボンなど)一式を安く揃えることができます。ブーケホルダは、500円前後です。

     

ウエディングブーケの作り方

私は、何も考えず直感で作ってしまいました(笑)

大きな花(大輪のバラ)をまずは差し込み、バランスを見ながら小ぶりの花(トルコキキョウ)やグリーンで隙間を埋めました。

こちらの動画がとても参考になります。

ウエディングブーケ、ヘッドパーツ、ブートニアの作り方から、ブーケの保管方法まで丁寧に説明しています。

ブーケの作り方と手作りするときの注意点

実際に作ってみて、初心者でもパッと見なんの遜色もない見栄えの良いブーケが出来上がりました。

私のように何も経験がない人が作るなら、小ぶりのラウンドブーケをオススメします。

カスケードタイプも素敵ですが、バランスが難しい。大きな白ユリを傷つけないようにするのも一苦労だし、ワイヤーなども使わないと上手く形が作れません。

ブーケホルダーを使ってラウンドブーケを作る場合は、ワイヤーも必要なく、差し込むだけなので比較的簡単に作ることができます。

ブーケを外注する

「ブーケを手作りするのは難易度が高そう…。」

そのような場合は、外注するだけブーケ代を半分くらいに抑えられる可能性もあります。一度、持ち込みが可能が聞いてみましょう。

ネット通販で造花の格安ブーケが1万円前後で購入可能です。

≫≫ ブライダルブーケランキング

素敵なブーケでも節約できる!

前日バタバタと準備に追われる花嫁ですが、母と一緒にゆっくりブーケ作りができたことは最高の思い出になりました。

結婚式でブーケ作りのエピソードを紹介することもでき、暖かいウエディングになりました。

気になる費用はブーケ2つ作って約2万円でした

バラは、ランクによって異なりますが、ウエディングブーケに使うものは1本200円~300円くらいのものが大体の相場です。

ブーケ1つにつき、バラ20~30本、補助で使う花20本ほど用意すれば、豪華なブーケが出来上がります。

ブーケのイメージ画像を持って花屋さんで相談すると、予算に応じた花を紹介してくれたので、初心者でも安心でした。

皆さんも、ブーケを手作りして節約してみませんか?

▼ 結婚式の節約のまとめ記事

参考 結婚式を成功させる手作り&節約アイディア!結婚準備をとことん楽しむ方法

▼ 装花代を節約する方法

参考 ゲストテーブル装花代の相場は?結婚披露宴を豪華に見せる節約方法

▼ 引き出物代の節約には宅配がオススメ!

参考 人気の引き出物宅配ショップ5社を徹底比較!口コミ・評判を元にランキングを発表