シャトレーゼ白州工場見学はアイス食べ放題で大興奮!予約なし&混雑覚悟で行ってきた

シャトレーゼの工場見学

「シャトレーゼの工場見学は、アイスが無料で食べ放題らしい!」

以前から、とっても気になっていたシャトレーゼ白州の工場見学。先日、1泊2日の山梨旅行で、やっと行くことができました。

今回のブログ記事では、シャトレーゼの工場見学の魅力・注意点・混雑状況などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シャトレーゼとは?

シャトレーゼは山梨を拠点とするお菓子メーカー。国内に5つの工場があり、毎日美味しいお菓子を全国の直営店で販売しています。

アイスクリーム、ケーキ、和菓子など、本当に種類が豊富な上、とってもお手頃価格なところが魅力。

私も子どもの頃から、シャトレーゼの大ファン。メロンやぶどうのカップに入ったシャーベットは今も昔も大好物です。

シャトレーゼのここがすごい!
シャトレーゼには、何と、乳・卵・小麦粉を使っていないケーキがあります。

誕生日やクリスマスなどのパーティーにはケーキがつきもの。でも、アレルギーがあるため、ケーキが食べられない子供はたくさんいます。

そんな子供たちの笑顔のために、アレルギー対応のケーキを開発しました!

シャトレーゼの工場見学は予約なしでOK!

工場見学の方法

【 自由見学 】
9:00~16:00 (最終受付15:00)

【 ガイド付きツアー 】
10:00~/14:00~  (平日のみ・1日2回開催)

シャトレーゼ白州工場では、予約なしの自由見学を実施しています。平日のみ、ガイド付きのツアーが行なわれています。

わが家は、土日に訪れたため、ガイドツアーには参加できませんでしたが、時間に縛られることなく動けたので、楽チンでした。

シャトレーゼ工場見学の注意点

シャトレーゼ工場見学

白州工場へのアクセスは自動車のみ

シャトレーゼ白州工場は、自然豊かな森の中にあります。道路が狭いため、安全上徒歩や自転車での入場はできません。

公共交通機関を利用する場合も、レンタカーやタクシーしか入ることしかできませんので、注意が必要です。

工場の敷地内にある広い駐車場は、無料で利用できます。

バリアフリー対応していない

工場内はバリアフリー対応はしていません。工場には、段差や階段があり、車椅子専用のスロープはありません。

同伴者のサポートを条件に車椅子の入場は可能ですが、タイヤの消毒が必要になります。

また、安全のため、ベビーカーの持ち込みはできません。

1時間前後の見学コースになるため、小さい子連れの場合は、抱っこ紐を持参することをオススメします。

シャトレーゼの工場内を一部ご紹介!

(画像出典:シャトレーゼ公式HP

シャトレーゼ白州工場では、主に餡子とアイスクリームを製造しています。二階の受付で、靴を履き替え、工場見学をいざスタート!

名水トンネル

まずは、名水トンネルと呼ばれる通路を通り、工場内部へ入っていきます。

製餡ブース

シャトレーゼ白州工場では、お菓子に使われる餡子の製造をしています。

美味しい餡子の決め手は、白州の美味しい水!広大な自然の恵みを餡子づくりにも活かしています。

アイスクリーム試食コーナー

シャトレーゼ工場見学アイス食べ放題

アイス試食コーナーでは、全面ガラス張りになっているアイスの製造現場を見ることができます。

私たちが行ったときは、休憩中だったのか、残念ながらあまり機械は稼働していませんでした。(アイス製造の工場設備は撮影禁止のため、写真は撮れませんでした。)

最後に、お待ちかねのアイス試食(食べ放題)タイム!季節やタイミングによってアイスの種類や数は変わります。

夏場だったので、シャーベット系のアイスバーが多かったです。

この日のラインナップ
  • 八ヶ岳契約牧場しぼりたて牛乳バー
  • つぶつぶ果実の北海道りんごバー
  • つぶつぶ果実の温州みかんバー
  • ラムネアイスバー
  • 和菓子アイス 十勝あずき
  • かき氷カップ
  • たい焼き最中
  • アイスコーンアーモンドコーヒー

家族4人で分け合いながら、かき氷カップ以外は全て試食しました!一人平均3個。

「アイスがタダで食べ放題なんて…夢みたい!」

長男くんは、あれよあれよと4個も食べていました。まだまだ食べる勢いでしたが、お腹が痛くなりそうだったので、強制ストップ。

恐ろしすぎる、小学生男子の食意地&脅威の胃袋…。

お土産/アウトレットコーナー

1階に降りると、お土産コーナーがあります。ここで一番人気なのが、ミルクラスク。白州工場限定です。

日によって異なりますが、破格のアウトレット商品もあります。この日はお饅頭が安く売られていました。

工場見学の所要時間は?食べ放題の制限時間はあるの?

「シャトレーゼのHPには、目安時間60分って記載があるけど、実際のところどうなんだろう?試食時間も制限はあるのかな?」

実際に行ってみて、自由見学の場合は、アイスの試食を含めて所要時間は60分もあれば十分でした。特に制限時間はなかったので、ゆっくり見てまわることもできます。

工場見学自体は、とてもコンパクトにまとまっています。と言うより、工場見学を期待して行くと、少し物足りない感じもします。完全に、アイス食べ放題がメインです。

また、アイスの食べ放題も制限時間は設けられていませんでした。全く焦ることなく、アイスタイムを満喫できました。

ただ、時間無制限の食べ放題だからと言って、欲張って食べ過ぎると後々大変なことになりそうなので、ほどほどに。

工場見学の混雑状況は?

「夏休み期間中は、大渋滞で2~3時間待ち!」

事前に口コミサイトやブログなどで調べたところ、かなりの混雑だった様子。工場に入るまでの道が大渋滞で、駐車場に入るまで2時間以上かかった日もあったようです。

この混雑状態を覚悟しつつ、9月の土曜日に訪れましたが、駐車場にもすんなり入れ、待ち時間なく見学することができました。

それでも、アイス試食コーナーは、たくさんの人!席はほぼ埋まっていたので、行儀が悪いと思いつつ、終始立ち食いでした。

夏休み期間中は注意が必要
夏休み期間中は、混雑状況によっては入場を制限される可能性あり。また団体予約やガイドツアーもお休みし、自由見学のみ実施されます。

シャトレーゼの工場見学は楽しい!でも時間も大事!

シャトレーゼ工場見学

「アイスをお腹いっぱい食べたい!」

シャトレーゼの工場見学では、子どもの夢を叶えることができました。しかも、無料なので親としては、本当に頭が下がる思いです。

最後に一言。これだけシャトレーゼの工場見学を推しておきながら恐縮ですが、個人的には2~3時間の待つほどではないかなと思います。

シャトレーゼの白州工場の近くには、他にも素敵な観光スポットがたくさんあります。

例えば「サントリー天然水南アルプス白州工場」では、事前予約ができるガイドツアーが申し込めます。水遊びやキャンプが楽しめる「白州・尾白の森名水公園べるが」も近くにあります。

どうしても、シャトレーゼのアイス食べ放題をしたいなら、1000円もあればかなりの種類が食べられるので、アイスパーティーとかしても楽しそう♪

せっかく時間と高速料金をかけて山梨まで旅行に来たなら、待ち時間に使うよりも、しっかりと観光を楽しんだ方が良いかなと思いました。

タイムイズマネー!

時間もお金と同じくらい大事です。どうぞ、皆さんが山梨で素敵な思い出が残せますように。

【 シャトレーゼ白州工場へのアクセス 】

▼ 今回の山梨旅行まとめ記事はこちら。

参考 いくらでいける?1泊2日子連れ家族の山梨旅行記おすすめコースと合計費用

▼ 節約しながらも満足度の高いレジャーを楽しむ秘訣。

参考 レジャー費の平均予算や理想の割合はいくら?節約しながら質の高いお出かけや旅行を楽しむ7つのコツ

スポンサーリンク

▼ ブログ村・暮らしのテーマ(トラコミュ)
・ シンプルで豊かな暮らし 
・ 丁寧な暮らし 
・ 暮らしの見直し 
・ 頑張らない節約

▼ ランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

読んだ印にポチッと押していただけると励みになります♡
いつも応援ありがとうございます。

関連記事
スポンサーリンク