カリフォルニア旅行

子連れでレゴランドホテルに宿泊すべき7つの理由【カリフォルニア旅行記】

「カリフォルニアのレゴランドホテルってどうなんだろう?」

アメリカのカリフォルニア州にあるレゴランド。本場のレゴランドに遊びにいくなら、ぜひオフィシャルホテルに泊まってみたいですよね。

カリフォルニアのレゴランドの敷地内には、2つホテルがあります。

  • レゴランドホテル
  • レゴランドキャッスルホテル

わが家も、レゴが大好きな子供たちと、カリフォルニア・カールスバッドのレゴランドホテルに宿泊してきました

▼ その他、レゴランドに関する記事はこちら。

✔ ミニフィグトレード祭り!お台場「レゴランド東京」のツウな楽しみ方

✔ 子連れでレゴランド名古屋へ行ってきた!アトラクションやレストランのオススメ情報を紹介

レゴランド・カリフォルニアに行った理由

渡米してから、旅行らしい旅行はほとんどできてなかったわが家。

当時、レゴランドカリフォルニアもCOVID-19の影響で閉鎖中でしたが、ハロウィンのみ期間限定っでオープンしていました。

アトラクションなどは規制が入っていたため、ホテルくらいはランクアップしてみようということになりました。結果的に大正解!とても楽しい時間を過ごすことができました。

レゴランドホテルの基本情報

カリフォルニアの観光地として有名なレゴランド。アメリカのテーマパークなので、もちろんオールイングリッシュです(笑)

ホテルやレストランの受付や対応も英語になりますが、子ども向けの施設なので、皆とても親切です。

また、非接触型のシステムも多く取り入れられているため、英会話が苦手な方でもスマホで完結できることが増えています。反対に、スマホがないと不便に感じるかもしれません。

レゴランドホテルへのアクセス&駐車場

 

わが家が訪れた時、レゴランドホテルの駐車場代は、1泊25ドルでした。(バレットパーキングは28ドル。)

レゴランド用とホテル用で分かれていないので、駐車場入り口の係員にホテルに宿泊する旨を伝えればOK。

チェックイン時に提示したクレジットカードから自動的に駐車料金は引き落とされていました。もし、車を利用していないのであれば、チェックイン時に伝えた方が良いかもしれません

レゴランドホテルのレストラン

ホテル内には”Skyline Cafe”というレストランがあります

わが家が行ったときは、朝食は、テイクアウトのみ。(通常は豪華なビュッフェがあるようです。)夕食は、カフェテラスで食べることができました。メニューは、ピザやタコスなど、アメリカらしい食事内容。ハンバーガーやチーズバーガーなどのお子様ランチもありました。

予約やメニューなどはQRコードで管理されており、極力人と人との接触が少ないように工夫されていました。

施設内の設備やサービス

コロナの影響か、もともとそういう仕様なのか、荷物などは自分で部屋まで運ぶ形式でした。チェックインは、オンラインで事前に行なえるようですが、わが家は到着後、普通にロビーカウンターで行いました。

各階には、電子レンジと製氷機がありました

子連れでレゴランドホテルに宿泊すべき理由

実際にレゴランドホテルに子連れで宿泊してみて、本当にたくさんのメリットがありました。

むしろ、子どものためにできたホテル。子どもが喜ばない理由がありません。(大人だけで泊まると、少々肩身が狭いかも?!)

ホテル全体がアトラクション

レゴランドホテルは、フロント、ロビー、廊下まで、レゴの世界観が味わえます。ホテル全体がアトラクションのようです

もう、レゴ好きにはたまらない!子供たちも入った瞬間から大興奮でした。

エレベーターは、まるでミラーボールと音楽で、ディスコのようです。次男くんは、エレベーターに入ると、ダンスを開始。

廊下までもレゴ仕様。ここを抜けると念願のホテルルームに到着します。子どもたちはすでに大興奮。

テーマ別の部屋が楽しい

レゴランドホテルには、様々なテーマ別の部屋があります。

  • パイレーツテーマ
  • キングダムテーマ
  • アドベンチャーテーマ
  • フレンズテーマ
  • レゴ・ニンジャゴーテーマ

さらに、部屋のランク別に価格設定がされています。

わが家は、パイレーツ(海賊)テーマ、一番ランクが低い部屋(笑)に宿泊しました。一部屋で200ドルくらいでした。それでも十分満足。

バスルームは、ユニットバス。タオルもたくさん用意されていました。アメニティは、コロナの影響か、全くありませんでした。

サービスのドリンク類は、以下の通り。

  • ミネラルウォーター
  • 子ども用のジュース
  • Keurig(コーヒー&ココア)

追加は有料です。冷蔵庫もあるので、ミネラルウォーターや飲み物類は、持参した方が安く抑えられます。

子供専用の部屋がある

レゴランドホテルの部屋は、基本的に大人用のマスターベッドルームと子ども用のベッドルームに分かれています。こういうところがアメリカっぽい!

子どものベッドルームには、二段ベッド。さらに、ベッドがスライドできるようになっているので三人までは寝られます。

秘密基地のようになっており、子どもが喜ばないはずはない!専用のテレビは、アニメ系のチャンネルがまとめられていました。

レゴブロックで自由に遊べる

お部屋には、ボックスに入ったレゴブロックが完備。自由に遊べるので、空き時間も楽しく過ごすことができます。

宝探し気分が味わえる

レゴランドホテルでは、スカベンジャーハントという宝探しゲームを行なっていました。お部屋には、金庫があり、この暗号(数字)を見つけ出すものです。

ホテルの中を探して、暗号を解読すると、お宝ゲットできます。お宝は開けてのお楽しみ。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

温水プールがある

レゴランドホテルには、屋外の温水プールがあり、無料で利用できます。わが家は、10月末に行きましたが、まだ入ることができました。(朝イチは、ちょっと肌寒かったですが…)

プールは、タオル完備。浮き輪などの持ち込みはできませんでした。

皆、水着のまま移動していました。全体の更衣室は特にありませんが、Cabana(ビーチチェアなどが完備されたテントのようなもの)をレンタルできます

お土産付とは言え200ドルで、正直誰が借りるのかなぁって思っていましたが、意外と利用率が高くてビックリ。

プールの予約は少し注意が必要です。1時間半の完全予約制で、プールの予約はチェックイン後にしかできません。人気の時間帯は、すぐに埋まってしまうこともあるので、なるべく早めに予約した方が安心です。

チェックインが遅くなりそうな場合は、レゴランドホテルから事前チェックインのリンクが送られてくるので、先に済ませておけばプールの予約もできます。

レゴランドに近い

レゴランドホテルは、レゴランドの敷地内になるため、移動がとっても楽です。小さい子どもがいるのであれば、休憩などにも使えるので重宝します。

コロナ禍で、残念ながらレゴランドのアトラクションは休止中でしたが、通常であれば、一般より早いテーマパークへの入場などの優待も用意されています。

レゴランドホテルを目一杯楽しもう

レゴランドホテルは、レゴ好きの子供たちにとって、夢のようなホテルでした。小学生くらいまでなら確実に楽しめると思うので、ぜひ機会があれば訪れてみてくださいね!

詳細はこちら ⇒ レゴランド

※ 当ブログ記事は、2020年10月末の情報を記載しています。必ず、公式ホームページにてご確認いただくよう、お願いいたします。

♡ブログランキング参加中♡

目指せランキング上位!あなたのクリックでランキングが上がります。