妊娠・出産

二人目妊娠中のつわりがつらい!最悪にきついピーク時の乗り越え方

tsubame
妊娠生活も中期に入り、落ち着いてきましたが、2人目のつわりは想像以上に大変でした。

1人目を妊娠中は、フルタイムで働いていたので、パートしか行っていなかった今回の方が絶対楽だと思っていました。

っが、甘かった。

つわりは人によって(お腹にいる赤ちゃんやママの体質で)全然違うと言いますが、私の場合、明らかに2人目の方がつらかったです。

恐らく、まわりの環境が一番大きいと思います。

  1. ダンナが出張でほとんど家にいない
  2. 3歳の息子が夏休みでずっと家にいる
  3. 近くに頼れる実家がない

この3つが重なったストレスで、予想以上に重いつわりになってしまったように思えます。

母親という立場である以上、普段はどうしても無理をしてしまいがちです。でも、お腹の子のために無理は禁物なので、頼れるものには思いっきり頼ることにしました。

悪阻ピーク時の乗り越え方

食事の支度は極力しない

ごはんの炊けるニオイをはじめ、台所に立つだけで気分が悪くなっていました。

気分が悪くなるくらいなら、ごはんは作らない!と冷凍食品やレトルトに頼り切りました。
でも、息子のことを思うと、添加物なども心配。

そこで、冷凍パックになっている手作りのお惣菜をネットで購入し、レンチンで乗り切りました。

私がお世話になったのは、ふきや(お惣菜専門店じゃがいも)さん。

自社工場で全て手作りしているそうです。メイン料理の他、ひじきや切干大根とかも選べるので、栄養バランスも良いです。

他にもネットスーパーや生協に頼って、食事問題を解決しました。おうちコープに登録しておいたので、妊娠中は本当に助かりました。

参考 パルシステムとおうちコープを徹底比較!価格・商品数・安全性から選んだのは

つわりが終わった今では、何もかもが美味しくて、気持ち悪かった頃が嘘のよう。こうして、人って辛いことを忘れていくのね(笑)

上の子には我慢してもらう

虐待やネグレクトと言われようが仕方ない。

気持ち悪くてあまりにも動けない日は、一日DVDを見せていたこともありました。
基本的には、ソファーに寝ながら、遊びに付き合う程度。

息子は3歳でお腹に赤ちゃんがいることをちゃんと理解してくれたようで、あまりにも辛そうにしていると、

「ママ、寝てていいよ。」とか「今日は一人でお風呂入る!」と優しい言葉をかけてくれるようにもなりました。

まだまだ小さいと思っていた息子ですが、しっかりしたお兄ちゃんになろうと頑張ってくれているのかも知れません。

つわりが治まった今、目一杯甘えさせてあげようと思います。

実家に帰る

しばらく息子と2人で頑張っていましたが、調子が悪くて体が思うように動かない、息子と遊んであげたいと言うジレンマがストレスになり、思い切って実家に帰ることにしました。

妊娠初期に遠出をするのは良くないと聞きますが、新幹線で1時間半ほど、在来線など全部合わせて3時間ほどの距離を移動しました。

結局、1カ月ほど実家でお世話になることに。

ごはんも作らなくていい、息子もじじばばと楽しそうに遊んでいる、この2つでストレスが半減し、つわりも大分楽になりました。

つわりは病気じゃないけどつらい

つわりは病気じゃないと言いますが、病気じゃないから治療もできないのです。

ただその期間が終わるまで耐えるしかない。でも、ストレスを軽減させるだけで、少しマシになりました。

ホント、妊婦にストレスは大敵です!!

妊婦生活も後半戦へ。体調管理に気を付けながら頑張っていきたいと思います。