収納・片づけ

お風呂のカビ対策!つっぱり棒を活用した水切り不要のオモチャ収納風呂

水切り不要って・・・自分でつけておきながら豆腐か!と突っ込みを入れたくなるようなタイトルですみません(笑)

さて、1歳児とのお風呂を快適に入るために投入したアンパンマン おふろでピタッと! DX

参考 1歳児とお風呂タイム。ゆっくり入るために投入した秘密兵器

こちらには収納ネットが付いていたので、お風呂の壁に吸盤をくっつけるだけで収納できますが、わが家には、こどもチャレンジでもらったオモチャをはじめ、長男くんのお気に入りのオモチャがいくつか残っています。

お風呂のオモチャ。カビ対策はどうしてる?

ちょっとでも気を抜くと生えてくるのがカビです。お風呂のオモチャで一番気をつけなければいけません。子供が遊ぶオモチャにカビが付いてしまったら大変!

お風呂場のオモチャにカビを生えさせないために一番いいのは、オモチャをお風呂場に置きっぱなしにしないこと。できれば、お風呂に入るときに玩具を持って入り、出るときは持っていき脱衣所などに置いておくのがベストでしょう。はい、わかっています。
ただ、わんぱくな男の子二人を見ながら、オモチャのお世話までする余裕は私にはありません・・・

ダイソーのアイテムを活用

ここは妥協して、オモチャはそのままお風呂に収納することにしました。ただし、床に直に置くとすぐにかびが生えてしまうため、なるべく風通しの良い状態にしてあげています。
使っているのは、ダイソーのフック付きのプラスチックカゴ。この子がとっても良い働きをしてくれています♪

お風呂のオモチャ収納

フックがついているので、ダイソーのつっぱり棒を子どもが届く高さに合わせて配置。そこにオモチャ用のカゴを引っ掛けています。
そうすれば、お風呂を出るときに子供たちが勝手に片づけてくれるので楽!ママは「片づけてね~」っていうだけでOKです。ホント楽チン♪

ついでに、手おけもS字フックを付けてぶら下げています。

わが家ではKEYUCA(ケユカ) Trevi Poco バスボウルを愛用しています。
穴があいてるのでフックに掛けられて便利。白くてスッキリとしているので、汚れも目立ちにくくお手入れも簡単です。

手おけもぶら下げれば、カビ防止になるし、スッキリ収納できます。つっぱり棒1本だけ配置するだけで、応用がききます。

カビが生えてしまったらどうする?

ただ、どうしても浴室は湿気がこもるため、カビを完全にシャットアウトすることはできません。かと言って、赤ちゃんや子供が口に入れるかも知れないものをカビキラーするのにはちょっと抵抗があります。

と言うことで、年末覚えたナチュラルクリーニングを。オモチャのカビを落とすには、重層水またはクエン酸水につけ置きし、こすり洗い。重層やクエン酸がない場合は、中性洗剤でも大丈夫です。

参考 ナチュラルクリーニングに挫折した方必見!正しい掃除方法でキッチン汚れを撃退

さらに、カビを生えにくくするグッズとして、この2つも使っています。

おふろの防カビくん煙剤は、銀イオンの煙で浴室全体の黒カビ原因菌をまるごと除菌。煙が、天井や換気扇の裏までいきわたり、黒カビの原因菌をすみずみまで除菌してくれます。

バイオくんは、浴室の天井に貼るだけで、バイオがカビや悪臭の原因となる物質を抑える防カビ剤です。

防カビくんのあとに、バイオくんを貼ってダブルでカビ対策をしています。この2つを使い始めて、カビが生えにくくなったように思えます。

まとめ

親子でお風呂に入ることができるのは本当に短い間。清潔に安全にお風呂タイムを楽しみたいですね!