子育て・育児の悩み

何とかしたい育児中のイライラ!辛い子育てから脱却するための解消方法

子育て中のイライラは日々起きています。
赤ちゃんや子供が天使だって言ったのはどこの誰!と疑いたくなる行動の数々。
このイライラを解消するために、皆さんはどうしていますか?

今朝は三度お湯を沸かしました。
5時半ハイテンションの長男に起こされ、(さっき次男くんに授乳して寝かしたばっかりなのに、もっと寝ててくれと思いつつ)眠気を覚ますためにコーヒーを飲もうとお湯を沸かす。間もなくして、次男の泣き声。(ほら、長男くんが起きるから次男くんまで起きたじゃん。)そのままコーヒー飲めず。

朝ごはんのあと、さぁコーヒーを!と思いまたお湯を沸かす。(この辺りから、ちょっとずつイライラが・・・。コーヒーを飲んで落ち着こう。)すると、次男くんのおしりからブリブリブリっと音が。(このタイミングで?!)オムツを替えて一息と思いきや、長男くんが「ママ、仕上げ磨きして~。」その後、「コップの水こぼれた!拭いて~」(あー面倒だ。イライライラ。)

長男くんを幼稚園にお見送りして、次男くんを寝かしつけて、3度目の正直でお湯を沸かし、やっとコーヒーが飲めました。一杯のコーヒーを飲むのに、3時間以上もかかりました・・・

これは、ごく日常的な生活の一部です。
今回は、イライラを解消するためにどうしたら良いか考えてみました。

子育て・育児中のイライラの原因

先日、「しつこい怒り」が消えてなくなる本と言う本を読みました。

どうしても許せない、忘れられない!ほんとうは傷ついているのに、ガマンしてませんか?言いたくても言えない、つい相手に従ってしまう、自分のことはいつも後回し、そんな「心のクセ」がみるみる変わる!一番シンプルな方法。
(「BOOK」データベースより)

この本では、他人の顔色ばかりうかがいながら生活する他者中心の考え方をしていると、怒りが蓄積されていく。自分中心の考え方をすれば、驚くほど心が軽く生きやすくなると言う内容でした。

「しつこい怒り」が消えてなくなる本
石原加受子 すばる舎 2011-05-20
売り上げランキング : 14578

by ヨメレバ

確かに、大人同士の付き合いであれば、自分中心の考え方は成り立つかもしれません。ですが、育児は全く別世界。0歳や1歳の子に「ちょっと今コーヒー飲みたいから、あとにしてくれる?」と言っても通用しません。

疲れてるのに朝は強制的に子どもに起こされる、一人でやれば10分で終わる家事が2時間もかかった、ダンナは全然協力してくれないなど、自分の意思だけどうにもならないことばかり。

他者にコントロールされることは、人にとっては多大なストレス。振り回されっぱなしの育児でイライラするのは、自然なこと。イライラしても仕方がないことです。なので、子育て中はイライラしないためにはどうしたらいいのかではなく、イライラをどのように解消していくかが重要です。

ここでは、私が実践中のイライラ解消法をご紹介します。

育児中のイライラの解消方法

子育て本やブログなどで見る育児中のイライラ解消方法は「ダンナさんに協力してもらいましょう」「ママ友に話を聞いてもらいましょう」などが多いです。でも、他人に頼ることをしても根本的な解決にはなりません。自分の感情は自分でコントロールしなくては、すぐにまたイライラして自己嫌悪になります。

完璧主義はやめて、自分にとことん甘くなる

子ども食べさせるのは栄養満点の手作りごはん。
テレビは悪影響だから、あまり見せたくない。
清潔に保つため、毎日お風呂に入らないといけない。

子育てをする上で、自分が作ったたくさんのルールがあります。
ルールばかり作ると、息苦しくなります。できない自分にイライラしてしまいます。

私自身、結構完璧主義のところがあります。
私のいい面でもあり、すっごく面倒な面。この完璧主義があるから、自分にも厳しく人にも厳しくなってしまいます。だから、子育て期間はこの完璧主義の範囲をすっごく狭くすることにしました。

栄養満点の手作りごはんは食べさせられなかったけど、ご飯と味噌汁は用意して、お惣菜で美味しく食べれた。
寝る前にリビングだけはしっかり片づけられた。
テレビにもお世話になったけど、子どもが好きな工作を一緒に作ってあげられた。など。

9割うまくいかなくても、1割がうまくできたなら、上出来。一日の終わりに、「今日もよくできた!」と自分を褒めてあげるようにしてます。

一つのことを完結する

子育てをしていると、中断させられることばかり。特に子どもが二人になってからは、あっちこっちからSOSがとんできて、やろうと思っていたことが全くできません。

次男くんのお昼寝中、ブログを更新しようと思っても、10分もしないうちに泣きはじめ、結局添い寝しないと寝付いてくれない。落ち着いてまた書こう!と思ってパソコンに向かうものの、あれ?何かこうとしたか忘れた。あ!もう長男くんのお迎えの時間だ。と言う具合に全然進みません。

こういう小さな「できない」の蓄積が、慢性的なイライラにつながってしまいます。反対に、小さな「達成感」があれば、イライラは自然と緩和されます。

なかなか更新できないブログですが、必ず「できない」ままにしておかずに、時間がかかってもいいから一記事を仕上げて、投稿して完結するようにしています。

その他、子どものアルバムの1ページだけ整理する、いらない服を厳選する、トイレを床までぴかぴかにするなどして、日々小さな達成感を味わっています。

体を動かす

イライラに一番効果があるのは、外で遊ぶこと!子どもも大人も外で目一杯体を動かすといつの間にかイライラがなくなっています。最近は、長男くんとサッカーのパス練習をしたり、自転車の練習をしたり。(次男くんは常におんぶ紐に縛り付けられていますが)

長男くんが幼稚園に行っているときは、ベビ―カーを押してちょっと遠いスーパーや雑貨屋さんまでウォーキング。歩くと、思考の整理ができ、目的地に着くことで達成感も味わえるので一石二鳥。

子育てのイライラ解消法まとめ

育児でイライラするのは仕方ない。イライラしたときは、解消すればいいだけと思うようにしたら、壊滅的に落ち込むことは減りました。子どもが「ママ来て~」「ママ遊ぼう~」と言って必要としてくれるのは、人生のうちごくわずか。ある意味最大のモテ期かもしれません。

偉そうに書いてみましたが、自分なりの育児イライラの解消方法、二人目にしてやっとわかった気がします。子育ては日々成長ですね。