働き方

ついに配偶者控除の廃止?専業主婦になって働き方について思うこと

最近、よく耳にする配偶者控除の廃止についてのニュース。今までは、共働きだったのであまり関係ありませんでしたが、専業主婦の今となってはやはり気になります。配偶者控除は、いつから廃止されるかは、まだ定かではありませんが、縮小方向になっていくのは確実です。

政府は、
「配偶者控除(103万円の壁)が、女性の社会進出の邪魔をしている」
女性の力が日本経済を活性化させる」

と言っているけど、本当かな?

ただ単に専業主婦からも税金を取りたいだけじゃないかと。さらに、パートなどで安い労働力を確保したいだけなのではと。

今ある制度を廃止する方が、新しいことを始めるよりも、遥かに楽です。
でも、本気で女性の社会進出を願っているなら、配偶者控除制度を廃止する前にやるべきことは沢山あると思います。

再就職する際の選択の幅を広げてほしい

私も、結婚前は総合職の正社員でバリバリ働いていました。結婚を機に、引っ越すことになり、転職活動。運よく正社員として採用されましたが、年収は約半分。さらに、ダンナの転勤で、今度は会社を辞めることになり、現在無職。小さい子どもがいるので、正社員としての採用は難しいと思います。
働く意思があり、スキルや経験は上がっているにも関わらず、どんどん給与は下がっていく。
子どもを産んだあと、家庭と仕事を両立するためには、スキルがあっても、融通の利くパートやアルバイトでしか雇ってもらえない。しかも、社会保障も整っていない。これでは、女性の社会進出とは言えません。

女性の社会進出のためには、まずは子育て中のママが安心して働ける会社・企業を増やすこと。それに加え、比較的融通の利く、在宅ワークやクラウドソーシングなどの場合も、社会保障を整えたり、支援を行ってほしいです。

パパの仕事の仕方を考える

わが家のパパは、海外出張や残業で、家事や育児を手伝ってくれるのは、本当に余裕があるときだけです。共働きだったときは「私も働いているのだから平等に家事や育児をやってほしい」とケンカすることもありました。私と同じような悩みを持ったママは、他にもたくさんいるのではないでしょうか。
パパが仕事で家にいない間、ママが全てを担わないといけないし、かと言って、お給料をもらっている以上、育児を理由に仕事で手を抜くことはできません。

子どもが風邪を引いたとき、パパは仕事を休んで看病してくれますか?
ママが辛いとき、パパはそばにいてくれますか?

女性の社会進出のためには、パパの協力は不可欠です。
ママにばかり負担がかかると、いつかは家庭は崩壊します。その辺りを考えてパパがもっと子育てや家事に携われるようにしえほしいです。

専業主婦を立派な仕事として認める

さらに、今回ダンナに転勤の話が出た際、私は仕事を辞めなくてはいけなくなりました。
ダンナだけ単身赴任させれば良いという考えもあるかも知れませんが、子供が小さい時期に家族が離れて暮らすのことは私の中では考えられませんでした。

これが、転勤族の奥さんだったら尚更。働こうと思っても、すぐに引っ越す可能性がある場合、なかなか雇ってもらえません。
専業主婦をやりたくなくても、選択肢がない人だっているのです。

それを無理やり働かそうとするのはおかしな話。
専業主婦だって、家族がバラバラにならないために、自分を犠牲に頑張っているのです。

根本から女性が働きやすくなる社会になることを願います。

 

こちらも参考に
トラコミュ 一般社会・社会全般
トラコミュ いろんな角度でニュースを語ろう
トラコミュ ワーキングマザー