幼稚園

初心者にオススメのミシンを徹底比較!楽天ショップ「ミシンジャパン」で電話相談してみたよ

ミシンの検討

「ミシンは種類がたくさんあって、どれを選んでいいのか分からない。」

幼稚園準備に向けてミシンの購入を考える方はとても多いと思います。私もその一人で、裁縫が苦手な全くの初心者ですが、ミシンを買うことにしました。

ミシンと言っても、ブラザー、シンガー、ジャノメなどメーカーがあります。価格帯もグレードも様々で、初心者には何がいいのか理解不能です。

そこで利用したのが、楽天ショップのミシンジャパンのフリーダイヤル。

ネットショップは、自分が欲しいものをクリックして注文したら、自宅まで届けてもらうというイメージでしたが、電話での相談も意外と便利でした。

画面上で色々な比較表はあるけど、細かい仕様は良く分からない… そんな時は、プロに相談すると安心です。

ミシン選びの条件

実際に相談する前に、ある程度条件を洗い出しておきました。

【 必須 】

  • 予算5万円前後
  • コンピューターミシン
  • 自動糸調子がついている
  • フットコントローラー付き

【 あればGOOD 】

  • ワイドテーブル
  • 自動糸通し
  • 自動糸切り

実家で使っていたミシンは、自動糸調子がなくて、すぐに絡まって作業が中断していました。これが、裁縫嫌いになった最大の理由。

値段は少し高くなってしまいますが、自動糸調子がついているコンピューターミシンは必須条件。

最近は、フットコントロールがついていないミシンも多いので、付属するか確認しておきたいと思います。

ミシンジャパンの無料相談

私が気になっていた機種は、 シンガーの「モナミヌウSC117/SC100」と「モナミヌウプラスSC217/SC200」の違い。

見た目はほとんど変わらないけど、値段には1万円以上の開きが。電話担当の人は本当に親切に教えてくれました。

【 モナミヌウプラス SC217/SC200 】

【 モナミヌウ SC117/SC100 】

モナミヌウプラスの特徴

  • 縫い模様が豊富。
  • 自動糸切り機能あり
  • シンガーのミシンはとても静か(子どもが寝てる間に裁縫するには最適!)

「SC117/SC100」と「SC217/SC200」の違い

大きな違いは「モナミヌウプラスSC217/SC200」は、縫い模様を行う際もコンピュータで自動調整。「モナミヌウSC117/SC100」は手動調整。

初心者ほど、手動調整の設定が難しいので、予算が許すのであればモナミヌウプラスSC217を勧められました。(私も同意見!)

SC200とSC217の違いは蓋の色とパネルの色。SC200の蓋はメタリック色のスケルトンですが、SC217は本体色と同じホワイトで統一していたミシンジャパン限定モデル。またパネルは別注カラーのかわいいオレンジ。

その他おすすめミシン

その他、コスパが良いおすすめミシンは、ジャノメ コンピューターミシン 「JP710N/JP710P/JP510」

押え圧調節機能が付いていて、縫い目がキレイと、お店の方イチオシでした。

ミシン相談のまとめ

個人的には、シンガーのデザインが一番好き。グレードはお財布と要相談ですが、やはり自動調整がついているSC217/SC200が第一候補です

高い買い物になるので、妥協なく購入したいと思います!

▼ 追記: シンガーモナミヌウプラスSC217にしました!

参考 初心者にはシンガーミシン「モナミヌウ」がオススメ!裁縫苦手ママが使ってみた口コミレポ

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し