【姉妹ブログ】おうち英語「えいりんご」 詳しくみてみる

【イエローストーンのホテル】オールドフェイスフルスノーロッジに宿泊

イエローストーン国立公園内のホテル

「イエローストーン国立公園でオススメのホテルは?」
「オールド・フェイスフル・スノーロッジの口コミは?」

イエローストーン国立公園内には、9か所も宿泊施設があります。国立公園としては、かなり数が多い。

ただ、選択肢が多い分、どこに泊まるのか迷うのではないでしょうか。

2泊3日でイエローストーンに行ってきたわが家。どこに泊まるか悩んだ結果…

  • 1泊目:オールドフェイスフルスノーロッジ&キャビン
  • 2泊目:キャニオンロッジ&キャビン

この2つに宿泊しました。まずは、オールドフェイスフルスノーロッジの様子からお届けします。

▼ イエローストーン観光モデルコースはこちら。

広告
目次

ロッジとキャビンの違いは?どっちがオススメ?

国立公園の宿泊施設の多くは主に2タイプに分かれます。

  1. ロッジ
  2. キャビン

私も、最初はその違いがよく分かりませんでした。実際に、国立公園の宿に何度か泊まってみて、やっと違いが分かりました。

ロッジ

ロッジは、山小屋風のホテルです。1棟の中に、ロビーや客室が備わっています。レストランやギフトショップも入っていることが多いです。

国立公園では、一般グレードがロッジ、ちょっとグレードが上がるとホテルと呼び名が変わっています。

ヨセミテのアワニーホテルとかが、有名ですよね。

国立公園内の宿泊施設の値段は高めで、ラスベガスなら高級スイートに泊まれるくらい強気の料金設定ですが、客室設備は期待しちゃダメです。

感覚的に、内装はベストウェスタンクラス。

あくまでも、国立公園内という立地の付加価値です。

キャビン

キャビンは、The 山小屋。はい、あなたがイメージしているのような、山小屋が近いと思います。

1軒1軒分かれていることもあれば、2~3室が1棟になっていることもあります。

設備自体は、ロッジと変わりありませんが、場所によってはバス・トイレなしの大自然満喫タイプもあります。

清潔度で言えば、キャビンよりもロッジの方が上です。

値段は、キャビンのが安いことが多い。車を横付けできるので、荷物の積み下ろしは楽。

きら

わが家は、キャビンタイプを選ぶことが多いです。

オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンの特徴

続いて、オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンに泊まってみた感想(よかった点・イマイチだった点)を紹介します。

オールド・フェイスフル・ガイザーに近く観光に便利

オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンは、イエローストーンの定番観光スポット「オールド・フェイスフル・ガイザー」へ徒歩圏内です。(キャビンは、少し離れます。)

オールド・フェイスフル・ガイザーは、約90分おきに噴出がおきる間欠泉。フェイスフル=忠実と言われるだけあって、100年以上もの間、定期的に噴出を続けています。

時間が合えば、滞在中に何度もガイザーショーを楽しむことができます。

オールド・フェイスフル・ガイザーだけでなく、気持ちよくお散歩ができるアッパー・ガイザー・ベイスントレイルも近いです。

ここのトレイルでは、間欠泉や温泉を心ゆくまで堪能できます。

レストラン、ジェネラルストアも充実しているので、観光拠点としてとても便利です。

キャニオンビレッジに宿泊しましたが、こちらのビレッジの方が断然良かったです。

(レストランを利用せずに、カップラーメンを食べてしまったことに、次の日、激しく後悔することになります。詳しくは、キャニオンロッジの記事で。)

オフシーズンでも泊まれる

イエローストーン国立公園内の宿泊施設は、一部をのぞき、冬期は閉鎖します。この一部には、オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンが含まれています。

オフシーズンでも泊まることができる数少ない宿泊施設。見た目も、スキー場にあるようなロッジです。

広くてファミリー向け

キャビンタイプの部屋は、広々としており、家族4人で泊まっても十分な広さでした。

スーツケースも余裕で広げられました。

ただ、土足文化なので、床はあまりキレイではありません。

気になる方は、スリッパやサンダルをご持参ください。

洗面所とお風呂が別だったので、何かと便利。浅いながらも、バスタブがありました。

こんなカワイイ石鹸もありました。(こっそり持って帰った。)

ギフトショップに、同じものが2ドルくらいで売られていました。

思ったよりも設備が整っていた

設備は全く期待していませんでしたが、思ったよりも整っていました。

部屋に、冷蔵庫やコーヒーメーカーも置いてありました。テレビ、電子レンジはありません。

アイスディスペンサーは、キャビンから少し離れていたので、やや不便でした。

キャビンは目の前に駐車できる

オールド・フェイスフル・スノーロッジのキャビンは、4部屋が1棟になったタイプでした。

車は、玄関のすぐそばに駐車できたため、荷物の積み下ろしがとても楽。(上のジープは、今回のレンタカー。山小屋と一緒だと絵になる✨)

オールドフェイスフル・インに比べて安い

ガイザーエリアに宿泊する場合の選択肢はこの3つ。

  • オールド・フェイスフル・イン
  • オールド・フェイスフル・ロッジ&キャビン
  • オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビン

名前が似ていますが、全て異なる施設です。

イエローストーンの象徴的なオールド・フェイスフル・インは、この中で一番値段が高い。その分、立地条件と重厚感は他よりも断然良い。

オールド・フェイスフル・ロッジ&キャビンは、価格を抑えたい人におすすめ。バス共同タイプと、バス付きキャビンがあります。

オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンは、客室も建物もキレイで、オールド・フェイスフル・インに比べると価格が抑えられるためか、口コミは一番よかったです。

暖房はあるけど冷房はない

イエローストーン国立公園は、年間を通して気温はあまり上がりません。むしろ、朝夜が冷え込むので、暖房の方が必須。

上の写真で、ちょっと分かりにくいですが、窓際に暖房の吹き出し口がついています。

私たちが訪れたときは9月末でも、夜間ずっと暖房をつけていました。

暖房はありますが、冷房はありません。

もし、冷房が必要な場合は、園外のホテルやモーテルに宿泊した方が良いでしょう。

オールド・フェイスフル・スノーロッジの予約方法

イエローストーン国立公園内のロッジやキャビンは、公式サイトから予約が可能です。キャンセル料は、30日前から発生。

ベストシーズンとも言える夏休みシーズンは、早い時期から予約が埋まってしまいます。ただ、キャンセルもポツポツ出るため、粘ればなんとかゲットできるはず。

ディズニーのキャラダイのキャンセル拾いよりは、難易度低めです😉

夏休みシーズンは期待できませんが、空きがある場合、民間サイトからも予約できるようになります。

公式サイトは、BEST RATE GUARANTEE。でも、 Hotels.comの1泊無料サービスの方が、結果的にお得になる場合もあるので、比較してみてくださいね。

ホテル予約で損してない?

わが家が、ホテル予約のメインに使っているのは、Hotels.comです。

ややアプリが使いにくいという難点があるものの、10泊するごとに獲得できる1泊分のボーナスステイが本当に本当に魅力的。

\ ホテル代1泊無料 /

オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンに泊まろう

イエローストーン旅行に行くなら、公園内に宿泊することを強くオススメします。

もし1泊しかしないのであれば、オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンが、観光拠点的にも、雰囲気的にも一番バランスが取れているように思えます。

ロッジのロビーでのんびりとくつろいで贅沢な時間を過ごすこともできますよ。

オールド・フェイスフル・スノーロッジ&キャビンに泊まって、満足度の高い旅にしてみてはいかがでしょうか。

※このブログ記事は、2022年9月の旅行記です。随時更新を心がけていますが、最新情報については、必ず公式ホームページにてご確認ください。

おうち英語ブログのお知らせ

幼児~小学生向けのおうち英語ブログ「えいりんご」を開設しました✨

フォニックスやサイトワードといった英語圏特有の学習方法を中心に、親子で英語学習するアイディアを紹介しています。

無料で使えるオリジナル教材やポスターも多数ありますので、ご活用いただけたらと思います。

イエローストーン国立公園内のホテル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次