アリゾナ旅行

ホースシューベンドの転落事故が怖い!子連れで行くときのポイントは?

「ホースシューベンドで転落死があったと聞いて心配!」
「子連れで行っても大丈夫かな?」

グランドサークルの見どころの一つでもあるホースシューベンド。

馬のひづめのような蛇行した形が名前の由来で、私のバイブル「地球の歩き方「アメリカ国立公園」」の表紙にもなっています。

ただ、高さ300メートルもあり、転落死も度々起きていた場所です。

そんなホースシューベンドに子連れでいくときのポイントをまとめました。

子連れホースシューベンド観光で注意すること

まず、安心してください。

ホーシューベンドでは、2018年に転落死が起きた場所に手すりが付きました

展望デッキになっているので、よっぽど悪ふざけをしない限り、転落することはなさそうです。ただし、注意すべき点はいくつかあります。

子供から目を離さない

柵が付いたのは、転落死が多発した区間のみ。断崖すべてが囲まれている訳ではありません。

何でも自己責任のアメリカ。

小さい子どもと訪れる場合は、必ず手をつないで、崖に近づかないようにしてくださいね

暑さ・紫外線対策は万全に

転落死以上に怖いのが、熱中症です。

自己責任のアメリカにも関わらず、暑さに関しての警告文をかなり目にしました。

駐車場ゲートでも係員に、必ず水を持参するように言われました。

わが家が訪れたのは、9月の終わりころ。朝10時くらいでも、太陽の日差しは強かったです。

駐車場からの道のりは、ほぼ影がないため、真夏のシーズンだったら、かなりキツかったと思います。

動きやすい恰好で

駐車場からホースシューベンドの展望スポットまでトレイルは、ゆっくり歩いて15分ほど。

ほぼ平坦な道ですが、滑りやすい岩もあるため、サンダルやヒールは避け、最低限スニーカーは履いていった方が良いでしょう

時間帯も考慮する

ホースシューベンドは年中無休。日の出から日没までです。

影がかからず、ホースシューベンドがキレイに見えるのは、太陽が高い位置にある時間帯です

夏の正午付近がベストという口コミを見ましたが、とても暑いので、しっかりと対策を取って行ってくださいね。

トイレは簡易トイレのみ

ホースシューベンドのトイレは駐車場後方にある簡易トイレのみ。

土地柄、水洗トイレを作るのは難しそうです。水洗のトイレが良い場合は、近くにウォルマートがあります。

ホースシューベンドの基本情報

主要観光地からホースシューベンドへのアクセスは以下の通りです。

  • アリゾナ州ペイジ: 車で約10分
  • アリゾナ州アンテロープキャニオン: 車で約10分
  • アリゾナ州グランドキャニオン: 車で約2時間
  • ネバダ州ラスベガス: 車で約4時間半

わが家は、グランドキャニオンで2泊した後、ホースシューベンドに向かいました。

ホースシューベンドの料金は?

ホースシューベンドは、以下の駐車場代がかかります。

  • 車:$10/台
  • バイク:$5/台

国立公園ではないため、国立公園の年間パスは使えません。

ホースシューベンドの所要時間は?

ホースシューベンド観光の所要時間は、1時間程度

ホースシューベンドの展望スポットまでのトレイルは片道15分程度。暑さの兼ね合いもあり、現地に30分もいれば十分だと思います。

ホースシューベンドを子連れで楽しもう

ダイナミックな風景を間近で味わえるホースシューベンド。

トレイル自体は、緩やかで歩きやすいので、暑さ・紫外線対策さえ行なえば、子供でも楽しく観光できる場所です。

高いところが得意でない方も、柵が付いたおかげで、比較的安心して過ごせるようになり、ますます賑わいそう。

ぜひ、グランドキャニオンやアンテロープキャニオンの併せて訪れてみてくださいね。

よく読まれている記事

♡ブログランキング参加中♡

目指せランキング上位!あなたのクリックでランキングが上がります。