アリゾナ旅行

【グランドキャニオンのホテル】ヤバパイロッジが子連れにオススメな理由

グランドキャニオン子連れオススメホテル

「グランドキャニオン国立公園に行く!」
「子連れに優しいの宿泊施設を知りたい!」

今回のブログ記事では、グランドキャニオン国立公園に行った際、利用したYavapai Lodge(ヤバパイロッジ)」についてまとめてみました。

  • 国立公園周辺でオススメのホテルやロッジは?
  • ヤバパイロッジの口コミは?

といった方の参考になれば幸いです。

グランドキャニオン国立公園内の宿泊施設

(参照:公式ページ

グランドキャニオン国立公園の宿泊施設は以下の通りです。

【公園内の宿泊施設】

  • ブライトエンジェルロッジ
  • サンダーバードロッジ
  • カチーナロッジ
  • エルトバーホテル
  • マスウィックロッジ
  • ヤバパイロッジ
  • ファントムランチ(谷底)
  • グランドキャニオンロッジ(ノースリム)

サウスリムに6軒、谷底に1軒、ノースリムに1軒あります。

エルトバーホテルが最も格式あるホテルで、ルーズベルト大統領やクリントン大統領も宿泊したホテルです。

サウスリムでは、エルトバーホテルをはじめ、Village(ビレッジ)と呼ばれるエリアに、宿泊施設が集中しています。

ヤバパイロッジだけビレッジエリアではなく、Market Plaza(マーケットプラザ)エリアにあります。

ヤバパイロッジが子連れにオススメな理由(メリット)

グランドキャニオン国立公園は、サウスリムだけでも6軒も宿泊施設があり、どこに泊まろうか迷うかもしれません。

ヤバパイロッジに宿泊してみて、よかった点は以下の通りです。

予約が取りやすい

まず、ヤバパイロッジは、他の宿泊施設に比べて圧倒的に予約が取りやすいです。部屋数は約360室もあります。

予約方法は、公式サイトのDelaware Northの他、一般のホテル予約サイトからも可能で。

わが家は、リワードポイントを貯めるため、Hotels.com経由で予約しました。

ホテル予約にオススメ!

わが家が家族旅行のホテル予約に使っているのは、Hotels.comです。

ややアプリが使いにくいという難点があるものの、10泊するごとに獲得できる1泊分のボーナスステイが本当に本当に魅力的。

しかも、会員限定のシークレットプライスや限定セールもあるので、かなりお得!

詳しくはこちら ≫≫ Hotels.com

駐車場が目の前

画像参照:Yavapai Lodge(Hotels.com)

ヤバパイロッジは、1階建ての旧館WEST(ウエスト)と2階建ての新館EAST(イースト)があります。

新館ウエストの方が設備が新しく値段も高いですが、子連れなら旧館イーストの方が便利です。

なぜなら、部屋の目の前に駐車スペースがあるから。

荷物が多いファミリーにとって、荷物の持ち運びは結構重動労。子供が寝てしまったら、さらに大変ですよね。

駐車場が目の前にあるだけで、そのストレスがかなり軽減されます。

画像参照:Yavapai Lodge(Hotels.com)

新館ウエストは、駐車場から少し離れるだけでなく、エレベーターもありません。

もし大きなスーツケースを持っている場合は、階段の昇り降りがあるので、1階をリクエストしておいた方が良いでしょう。

🚘ビレッジのホテルの駐車場事情

ビレッジエリアのホテルは、宿泊者以外も利用できるため、観光シーズンは駐車場に空きがないこともあるようです。

ヤバパイロッジは、宿泊者以外は基本的に利用しないため(利用するメリットがほぼない)駐車場問題に関しては安心です。

必要な設備は揃っている広めの部屋

わが家が宿泊したのは、クイーンベッドが2台入っているスタンダートタイプの部屋

家族4人分の荷物が詰まった大きなスーツケースを、問題なく広げることができました。

冷蔵庫、コーヒーメーカー、テレビなど必要なものは揃っていました。

季節的に、エアコンは使用していないためチェックするのを忘れてしまいましたが、公式ホームページには全室エアコン完備と書いてあります

唯一部屋になかったのが、電子レンジ。パックご飯など温めたいときは、少し不便かもしれません。

バスルームはユニットタイプ。浅めのバスタブがあります。水圧も問題なし。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは備え付けられています。

スーパーが徒歩圏内

画像参照:Yavapai Lodge(Hotels.com)

ヤバパイロッジの魅力は、General Storeというスーパーが徒歩圏内にあることです。

品揃えは、国立公園外のスーパーと変わらないくらい充実しています。

値段は高めですが、外食するのと比べたら安く抑えられます。デリコーナーもあります。

General Storeは食料品だけでなく、お土産も充実しているので空き時間にショッピングも楽しめます。

レストランは別で、メインロビー近くにあります。

夕日&朝日鑑賞スポットに近い

ヤバパイロッジから、夕日鑑賞に最適なヤバパイポイント、朝日鑑賞に最適なマーザーポイントまで、それぞれ車で5分程度で行けます。

グランドキャニオンビジターセンターにも近く、東側の観光に便利です。

ブライスエンジェルトレイルなど、西側の観光には、ヤバパイロッジから無料のシャトルバスが出ています。

詳しくはこちらの記事で。

≫≫ グランドキャニオン子連れ観光モデルコース|トレイル・夕日鑑賞スポット

ヤバパイロッジのイマイチな点(デメリット)

ヤバパイロッジは子連れに嬉しい点が多いですが、デメリットもいくつかあります。

値段は安くはない

ヤバパイロッジの値段は、STANDARD ROOM 2QUEENの部屋で1泊約200ドルでした。

国立公園内の宿泊施設全般に言えることですが、値段の割にアメニティは整っておらず、日本のホテルを想像するとガッカリするかもしれません。

ラスベガスで同等の金額を支払ったら、5つ星ホテルのスイートに泊まれます。

≫≫ 豪華すぎてビックリ!ラスベガスの高級ホテル事情

車がないと不便

ヤバパイロッジは、車で移動するのに便利なロッジです。反対に車がないと不便に感じるかもしれません。

ロッジの棟と棟の距離は遠く、夜歩いて移動するには暗くて危ないです。

もし、車がない場合は、ビレッジエリアの方に泊まった方が無難です。

ヤバパイロッジに泊まってグランドキャニオンを楽しもう

今回の旅行を計画する際、予約がすんなり取れたのがヤバパイロッジだけでした。

エルトバーホテルに憧れがあったものの、価格面や立地面などを考慮すると、ヤバパイロッジで十分でした。

朝日や夕日を見に行く際も、シャトルバスは利用せず、車で手間なく行けたので動きやすかったです。

グランドキャニオン国立公園を楽しむのに、オススメのホテルです!

≫≫ Yavapai Lodge(ヤバパイロッジ)

♡ブログランキング参加中♡

目指せランキング上位!あなたのクリックでランキングが上がります。