ラスベガス旅行

【ザイオン国立公園を子連れで楽しむ方法】トレイル&絶景ビューポイント

「ザイオン国立公園の魅力を知りたい!」
「子連れで楽しめるモデルコースを知りたい!」

グランドサークルの一部として観光名所になっている、ザイオン国立公園。

日本人には、あまり馴染みのない国立公園ですが、アメリカ人には、グランドキャニオンやイエローストーンよりも人気があります。

年間入場者数も、ヨセミテ国立公園よりも遥かに多い500万人。

今回のブログ記事では、ザイオン国立公園に行った時の様子をまとめました。

  • ザイオン国立公園で何をする?
  • ザイオン国立公園は何日必要?
  • 人気のトレイルコース「ナローズ」とは?
  • 高率的な回り方 など

ザイオン国立公園に行く際、参考にしていただけたら幸いです。

ザイオン国立公園の基本情報

ザイオン国立公園は「岩の芸術の宝庫」とも、よばれています。

バージンリバーを中心にそびえ立つ、赤、白、オレンジと色彩豊かな巨大岩たち。自然の中、ひょっこり顔を出す動物たち。

そして、膝まで水に浸かって、川を歩くハイキングコースなど、魅力がいっぱいです。

ザイオン国立公園はどこにある?

ザイオン国立公園は、アメリカのユタ州にあります。

主要都市からザイオン国立公園へのアクセスは以下の通りです。

  • ネバダ州ラスベガス: 車で約2.5~3時間
  • ネバダ州ソルトレイクシティ: 車で約5時間
  • ユタ州ブライスキャニオン: 車で約1.5時間
  • アリゾナ州ページ: 車で約2時間

(参照:地球の歩き方「アメリカ国立公園」

ザイオン国立公園のゲートシティは、Springdale(スプリングデール)

ザイオンの玄関口として賑わうスプリングデールは、ロッジやホテルが豊富で、レストランやギフトショップも充実しています。

空港利用の場合は、ラスベガスを拠点にし、オプショナルツアーやレンタカー移動する人が多いです。

わが家は南カリフォルニアの自宅から自家用車で約7時間かけて、ザイオン国立公園へ。

ザイオン国立公園に入ると、ガソリンスタンドがないので、St.George(セントジョージ)のコストコで最終給油しました。

🚘 ガソリン給油はコストコで

コストコのガソリンスタンドは、とても安いので、ロードトリップには必須です。

日本のコストコ会員でも利用できますが、磁気が反応しないことがあります。(もし何か問題が起きた場合は、近くの係員に聞いてみましょう。)

ザイオン国立公園の料金は?

ザイオン国立公園の料金は以下の通りです。

  • 車:$35/台
  • バイク:$30/台
  • その他(歩きなど):$20/人

国立公園の年間パス(National Park Annual Pass)は$80です

年3~4箇所回る予定があるのであれば、購入した方がお得になります。入園料金は、パークによって異なります。

また、アメリカ在住の小学4年生は、年間パスポートが無料になります。

車1台分対象。Every Kid Outdoorsサイトに行き、ホームページから用紙をプリントし、ビジターセンターに行けば、年間パスポートと交換してもらえます。

ザイオン国立公園で何ができるの?

ザイオン国立公園でできるアクティビティは、以下の通りです。

  • トレイルハイキング
  • 乗馬(3~10月)
  • バードウォッチング など

子連れで楽しめたことは、後ほど詳しくご紹介します。

ザイオン国立公園のベストシーズンは?

グランドキャニオン国立公園は、24時間365日オープンしています。

キャンプグラウンド、ロッジ(ホテル)、レストランも通年利用できます。

秋は紅葉が美しく、冬は雪のザイオンが魅力的。

最も人気が高いのは、川遊びができる夏休みシーズン。

宿泊施設や駐車場はどこも混み合います。人気のシーズンですが、気温は30度を超え、雷雨にあう可能性も高いです。

わが家は、3月末の春休みシーズンに行きました。朝晩は少し冷え込みましたが、全体的にとても過ごしやすかったです。

ナローズに入らないのであれば、個人的に春や秋がベストシーズンに思えます。とは言え、この時期でさえ、完全防備で川に入っていく人いましたよ。

ザイオン国立公園の所要時間は?何日必要?

旅行ガイドブックやツアーなどによると、ザイオン国立観光のための所要時間は丸1日程度

ナローズの川歩きなど、ゆっくり観光するのであれば、2泊3日以上。

少し足を伸ばして、ブライスキャニオン国立公園に行くルートにするのであれば、もう1日は必要です。

わが家は、以下の日程で周遊しました。

  1. ザイオン国立公園内(1泊)
  2. ブライスキャニオン国立公園付近(1泊)
  3. ラスベガス(1泊)

少し駆け足になりましたが、ほどよく楽しむことができました。

ザイオン国立公園内の移動手段は?

(参照:公式ページ

3月~11月のピークシーズン

ピークシーズンは、渋滞や混雑します。また、様々な制限がされています。

何も知らずに訪れると、無駄な時間や労力を費やす可能性もあるため、以下の点を頭に入れておくことをオススメします。

① ザイオンロッジより北は完全通行止め

シーニックドライブ沿い、ザイオンロッジより北の道路は通行止めになり、自家用車は全く通行できなくなります。

シャトルバスのみです。徒歩・自転車はOK!

② ザイオンロッジの予約がないと、キャニオンジャンクションより北に入れない。

ザイオンロッジの予約がある場合、ロッジ前の駐車場の利用ができます。

キャニオンジャンクションより北に向かう際、ゲートにて、パスコードの入力して入場します。(ザイオンロッジに予約するとメールで送られてきます。)

③ 無料のシャトルバスは2コース。

  • ザイオン国立公園内のバス
  • スプリングデール⇔ビジターセンターのバス

ザイオン国立公園内では、無料のシャトルバスが運行しています。シャトルバスは、朝6時から夕方5時まで、6分~10分間隔で運行しています。

ピークシーズンは、国立公園外のスプリングデールを巡回するシャトルバスも追加されます。

ピークシーズン以外

オフシーズンは、自家用車での入園が可能です。園内シャトルバスが運行しない日もあります。

シャトルバスの詳しいスケジュールは公式ページにてご確認ください。

子連れで巡る!ザイオン国立公園の見どころ

わが家が、ザイオン国立公園に到着したのは、15時くらい。その日は、ザイオンロッジに宿泊予約していました。

国立公園に入ってしまうと、食事するところがほとんどないため、スプリングデールにて早めの夕食にして、インパークしました。

以下が、1泊2日の子連れで実際に回ったルートです。

① スプリングデール散策&食事

スプリングデールには、たくさんレストランがあります。

ザイオン国立公園のゲートすぐそば、Zion Canyon Brew Pubというブルワリーで食事にしました。

私はビールのサンプルセットで飲み比べ。子どもたちにはキッズセットを。

ここは、モールみたいになっており、2時間まで無料で駐車場が利用できました。(有料駐車場の部分は一日30ドル。)

時間的に空きがありましたが、ピーク時は恐らく満車になります。

ナローズで川歩き予定の方へ

もし、ナローズのハイキングを考えている方は、同じモール内にある「Zion Outfitter」で、川歩き用品一式がレンタルできます。

自転車レンタルもできます。ホームページから事前予約も可能。

② ザイオンキャニオンビジターセンター

ザイオンキャニオンビジターセンターは、クリスマス以外毎日オープンしています

パークの南エントランスすぐに位置しています。わが家は食事をしたモールに車を止めた状態で、徒歩で入園しました。

ビジターセンターは、シャトルバスの発着駅になっています。すぐ裏には、The Watchman(ウォッチマン)という大岩壁があります。

「見張り番」という名前の通り、とても頼もしい姿です。ウォッチマントレイル(中級コース)もあるので、お時間がある方はぜひ✨

ビジターセンターでは、いつもの如く、ジュニアレンジャーの冊子をもらいました。ロッジに着いてから、冊子を仕上げていきます。

ジュニアレンジャーの冊子は、国立公園の宿題みたいな感じで、かなり真剣。毎回、1時間以上は費やしています。

帰りに再び、ビジターセンターに立ち寄り、無事にバッジをゲットしました。

ジュニアレンジャーとは?

5~12歳の子どもたちは、ジュニアレンジャープログラムへの参加が可能です。

ビジターセンターで冊子をもらい、アクティビティを終えることでバッジをもらうことができます。参加費は無料です。

③ エメラルドプールトレイル

エメラルドプールは、ザイオンロッジのすぐそばにあるトレイルです。ロウアー、ミドル、アッパーと3つの池が見られます。

ロウアーまでは初級コース、ミドル・アッパーは中級コースになっています。

ネットで調べた情報によると、エメラルドプールと言われているものの、ロウアーの池は、ほぼ水たまり状態。一方、頭上の岩壁から落ちる滝は爽快だそうです。

わが家は、時間がなかったので(と言うより、移動日初日で疲れてた💦)橋の入口で、雰囲気だけ味わって、戻ってきました。

④ ナローズリバーサイドウォーク

ザイオン国立公園のハイライトと言えば「The Narrows(ナローズ)」です。

Riverside Walk(リバーサイドウォーク)という舗装された約1.6キロのトレイル歩いたあと、さらに川を歩いて、奥地に進むという冒険コースです。

マイバイブル地球の歩き方では「ここを歩かなければザイオンに行ったとは言えない!」とも書いてあり、かなり強気の発言。

でもね、正直かなり厳しい。大人でも膝位までの水位、日によっては泳がないと進めないところもあるので、小さい子連れは無理ですね。

冷たい水とバランスの悪い足場で体力を消耗するので、本気で挑むのであれば、完全防備で行ってくださいね。

と言うことで、わが家はリバーサイドウォークだけにしました。

途中、ムールディアの軍団にも遭遇し、自然を満喫することができました。

リバーサイドウォークのトレイルヘッドは、Temple of Sinawava(シナワバ寺院)というバス停からすぐです。

簡単なトレイルなので、小さいお子さんでも問題なく歩けると思います。

⑤ ビッグベント「グレート・ホワイト・スローン」

Temple of Sinawava(シナワバ寺院)のすぐ隣、Big Bend(ビックベント)というバス停から、Great White Throne(グレート・ホワイト・スローン)という一枚岩が見られます

ここは「ザイオンの顔」と呼ばれており、世界最大級の一枚岩。何と、732mもあります。

ザイオンは全体的にオレンジの岩が連なっていますが、グレート・ホワイト・スローンは、名前の通り白く、どっしり構えている感じです。

⑥ 司教の宮殿

Court of the Patriarchs(司教の宮殿)というバス停からも絶景が見えます

上の3つが有名な岩峰かと思ったら、一つズレていたみたいです。帰ってから復習しました。

実際には、この3つ。アブラハム、イサク、ヤコブと名付けられています。

右の二つがツインブラザーズ。一番左は「Mountain of the Sun(太陽の山)」と呼ばれており、ザイオンの中で一番最初に朝日に照らされる山です。

⑦ キャニオンオーバールック

ザイオンキャニオンからUT-9を東へ、トンネルを抜けて、キャニオンオーバールックに向かいます。

トンネル、途中に窓が設けられていますが、電灯はなし。夜走ったらきっと真っ暗だ。

トンネルの後、駐車場が右手にすぐ見えてきます

台数は少なめ。反対車線から、左折はできないので、チャンスは一度きりです。(←大袈裟)

チャンスを逃し、さらに少し走ると、追加の駐車スペースが左手にありました。結局、わが家はこちらに駐車しました。

キャニオンオーバールックは、往復1.6キロの中級トレイル。

距離的には短いですが、急斜面や細い道幅もあり、小さい子連れだと、気を使う部分もあります。

わが家は小学生2人なので問題ありませんでしたが、目安として4~5歳くらいだったら大丈夫そうな感じです。

展望台からの眺めは絶景!

ウエストテンプルやセンチネルなどの岩峰をはじめ、ザイオン国立公園が一望できます

⑧ チェッカーズボードメサ

さらに東に走ると、Checkerboad Mesa(チェッカーボードメサ)が登場

僅か数分しか離れていないのに、全く違う光景が目の前に広がります。ここは、車から降りて、軽く写真撮影だけ。

チェッカーボードメサを過ぎると、東側のエントランスでザイオン公園から出ます。ここから、1時間半かけてブライスキャニオンに向かいます。

【その他】見どころリスト

1泊2日という短い期間だったため、ザイオン国立公園の全て周りきることは不可能。

その他、ガイドブックやブログなどで、オススメされていた見どころをリストにまとめてみました。

  • コロブキャニオンビジターセンター: コロブ地区のビジターセンター
  • ウィーピングロック: 往復0.8キロの初級トレイル(落石のため閉鎖中でした。)
  • 博物館: ザイオンについて学べる。少し高台にあるため、景色も良い。(工事のため閉鎖中でした。)
  • オブザベーションポイント: 往復13キロの中級トレイル
  • エンジェルスランディング: 往復8.4キロの上級トレイル(激しいスイッチバックあり。)
  • コロブアーチ: 往復22キロの上級トレイル

ザイオン国立公園では、エンジェルスランディングトレイルは特に人気だそうです。ガチで山登りをしたい方向きです。

ザイオン国立公園の宿泊施設(ホテル&ロッジ)

ザイオン国立公園内で宿泊する方法は以下の通りです。

【ザイオン国立公園の宿泊施設】

  • ザイオンロッジ
  • サウスキャンプグラウンド
  • ウォッチマンキャンプグランド

2階建てのロッジ(ホテル部分)と40の木造キャビンがあります。

わが家は、2週間前にキャンセル拾いができたため、ザイオンロッジに宿泊しました

人気があるロッジですが、キャンセルはポツポツ出るため、少し粘れば予約できる可能性は高いです。

その他、園外のスプリングデールにも、ホテルやロッジがいくつかあります。(一部抜粋)

【 スプリングデールのホテル 】

バージンエリアではハイクラスのグランピングが楽しめます。

【 グランピング 】

  • ザイオンワイルドフラワー: テントタイプからロッジまで様々なタイプから選べます。ファイヤーピットもあるので、夜にはキャンプファイヤーやスモア作りが楽しめます。
  • アンダー キャンバス ザイオン: バスルーム付きのテントあり。大自然の中で気軽にキャンプ気分を味わえます。敷地内にはレストランもあります。

▼ ザイオンロッジの様子はこちらの記事でまとめています。

≫≫ ザイオン国立公園内の唯一のホテル!ザイオンロッジに宿泊すべき理由

ザイオン国立公園は魅力いっぱい

ザイオン国立公園の印象は、グランドキャニオンとヨセミテを合わせて2で割った感じ

岩に囲まれたキャニオンもあり、水が流れる川もあり、動物も見ることができました。

日本人には、あまり知られていないのが不思議なくらい、ぜひ足を運んでほしい魅力ある公園でした。

冬以外はシャトルバスも運行しているので、利便性も高いです。車がない方も、ラスベガスなどからのバスツアーを利用すれば、国立公園内は自由行動できます。

ゆったりとした時間を好むアメリカ人にとって、グランドキャニオンよりも人気な理由も分かりました

ワイルドターキーとビックホーンシープに会えなかったことだけが、やや心残りだけど、ザイオン、本当に良い公園でした。

もし余裕があるなら、次に紹介するブライスキャニオンも併せて楽しんでいただけたらと思います。

よく読まれている記事