海外赴任準備

海外赴任妻はセレブ?!節約しないとお金が貯まらない5つの理由

「憧れの海外赴任!セレブのような生活ができそう!」

グローバル化が進むにつれ、大手企業だけでなく中小企業でも海外赴任するケースが増えています。「憧れの海外赴任妻」というイメージを持つ人も少なくないのではないでしょうか。

アメリカへの転勤辞令が出たわが家。海外赴任は国内よりもリッチな暮らしができるかも!と、淡い期待を抱いていましたが、転勤の話が具体化していくにつれ、厳しい現実に直面することになりました。

今回のブログ記事では、海外赴任中、節約をしないとお金が貯まらない理由をまとめてみました。

「海外赴任でお金が貯まる」は嘘?本当?

「海外赴任をすれば一軒、家が建つ!」

ひと昔前までは、海外手当+日本の給料という形で給料が二重に支払われる企業も多かったです。

また、家賃手当や車のリースなど、すべて会社持ちで、それこそセレブのような暮らしをしていた駐在員も少なくありませんでした。

近年、海外に進出している企業も増え、ガッツリお金が貯められるのは、一部の大手企業や危険地区や新興国に駐在している人くらい。

国内勤務と公平性を保つため、様々な手当は縮小されています。中には、為替の影響から国内勤務よりも待遇が悪いというケースもあります。

貯金目的であれば、夫が海外単身赴任で、妻も日本で働く方が確実に貯まります。実際、昨年一年間、わが家はこの状況でした。

夫単身赴任で一人で子育て
夫が単身赴任で子育てが辛い!不安多きワンオペ育児を乗り切る方法 「夫が単身赴任になってしまった。一人で子育てをするのが辛い。」 会社勤めのサラリーマンにとって、転勤は避けて通れない道です...

夫婦の貯金額を合算すると、不動産所得含んで、年間350万円程度。結婚してから最高の貯金額を更新しました。収入面でいえば、共働きは最強ですよね。

でも、単身赴任よりも、治安や衛生面で行けるのであれば、家族で帯同した方が良いと考えています。

海外駐在についていくか悩む!単身赴任ではなく家族帯同するメリットは?先日、わが家でもアメリカへの転勤辞令が出ました。家族帯同するメリット&デメリットを考え、家族みんなで引っ越すことに決めました。今回のブログでは、家族帯同を選んだ理由をまとめてみました。...

海外駐在でお金が貯まらない5つの理由

海外赴任の待遇、手当などは、会社によって雲泥の差があります。夫の会社は、どちらかというと、ケチくさい部類に入るような気がします…(笑)

わが家は、まだ海外赴任に向けての準備段階。実際に暮らしてみないと分からない部分も多いですが、現状では「節約しないとお金が貯まらない!」という印象です。

① 海外赴任手当は意外と少ない

夫の会社で、海外赴任中にいただける手当は、以下の通りです。

  • 家賃補助: 1,000ドル程度
  • 家族手当(配偶者): 1,000ドル
  • 家族手当(子ども一人につき): 300ドル
  • 日本の給料: 基本給の25%

これだけ聞くと、優遇されているように思えますよね。でも、今まで私の分の収入が月20万円前後あったので、世帯年収的にはダウンします。

アメリカでは治安をお金で買う風潮があります。現地の家賃補助は出るものの、私たちが住む地域では、ごくごく一般的なマンション(アパート)でも、2,500ドルはかかります。

つまり、日本円に換算して、家賃だけで15万円程度は、足が出てしまいます。今は、古くて汚い社宅でしたが、4万円で住むことができていたので、家賃は大幅にアップしそうです。

次に、日本の給料。基本給の25%が振り込まれることになっています。ですが、健康保険や厚生年金などの支払いで、実質ゼロになってしまいます。

海外勤務だからと言って、基本給が上がる訳ではないし、アメリカは物価も高い、日本のものも高いので、優雅な暮らしなんてできません。

② 妻が働けない

夫の会社では、配偶者が扶養に入っている場合のみ、家族手当がもらえます。つまり、私が働き過ぎてしまうと、配偶者分の家族手当がもらえなくなってしまいます。

それどころか、税金も支払わなくてはいけなくなるため、働き損になってしまう可能性が高いです。

海外の暮らしになれるまでは、大人しく扶養に入っている方が賢明です。

慣れない海外で今と同じペースで働き続ける自信はありません。暮らしの基盤を整えたり、家族のサポートをしたりと、引っ越し直後は、精神的に働く余裕はないと思います。

また、妻が仕事を辞めて、海外赴任についてくる場合、再就職ができるかどうかというリスクも。数年間キャリアを中断することで、帰国後の収入も減少する可能性も高いです。

幸い、私は在宅ワーカーなので、海外生活が慣れてきたら、扶養内でボチボチ仕事を再開したいと思っています。

仕事の両立
子育て主婦が在宅ワークで起業!個人事業主として働くメリット&デメリット 「子育て中の専業主婦だけど、起業したい!個人事業主として働くメリットとデメリットは何だろう?」 年末に滑り込みで、個人事業...

③ 海外生活立ち上げの初期費用がかかる

夫の会社では、約70万円ほど着任手当が支給されます。ですが、正直足りません…。

というのも、広いアメリカで暮らすには車は一人一台必須アイテム。学校の送り迎え、スーパーへの買い出しなど、毎日の生活に車は欠かせません

夫の会社では、車は個人で購入することになっています。夫婦それぞれで購入するため、中古車を買ったとしても、2台で300万円前後かかりそうです。(日本までは、車一台の生活だったので、かなり痛い出費です。)

さらに、家電関係は電圧が異なるため、基本的には買い直し。引っ越しの容量の関係で、大型家具も持っていくことができません。

ドラム式洗濯乾燥機やテレビも買ったばかりだったのに…。

④ 子どもの教育費がかかる(私立受験を視野に)

わが家の子供たちは、平日に現地校、土曜日に補習校(日本人学校)に入れる予定です。ただ、週1回だけの日本語教育だと、どうしても遅れが出てしまいます。

通信教育やオンライン塾なども必要になってくるため、教育費もかさみそうです

また、帰国後のことも考えなくてはいけません。受験や編入などで、帰国子女枠がある学校は、私立の方が多いです。公立に馴染めないという話もよく耳にします。

親の都合で子どもたちには苦労させたくないので、中学から私立に通えるくらいの学費は、用意しておかなければと考えています。

⑤ 投資信託や株ができない

海外に住居を移す場合、日本国内の証券取引はできません。(一部保有のみできる口座もありますが、非居住者は売買ができなくなってしまいます。)

わが家は、セゾン投信で積立投資を行なっています。規約を確認したところ、すべて解約しないといけないことが分かりました。せっかく、いい感じに増えていたのに、残念すぎます。

ふるさと納税もできなくなってしまいます。

将来的には、海外での運用も考えていますが、私の語学レベルでそこまで対応できるか微妙です…。

セレブ気取りの赴任妻は危険!

赴任妻は、働かずに優雅な生活ができる!と錯覚してしまいがちですが、その考えは非常に危険です。

海外転勤になったからと言って、財布の紐をゆるめてしまうと、あっという間に貯金は底をついてしまいます。

ライフプランを練り直して、気を引き締めていなかなくてはと、再認識しました。海外での節約プランについても、リサーチしていく予定です。

ライフプラン表を無料提供しているサイト10選|パソコンやスマホで簡単作成「ライフプラン表を作りたいけど、何を使っていいのか分からない。パソコンやスマホで簡単にシミュレーションしたい。」人生の設計図と呼ばれるライフプラン表。今回のブログ記事では、無料でライフプラン表が作成できるサイト10選をご紹介します。...

お金だけで言ったら、海外赴任はプラスになるとは限りません。ですが、海外で得られる経験は、お金には代えられないもの

わが家も、家族そろって一回りも二回りも成長してきたいと思います。

♡ブログランキング参加中♡

目指せランキング上位!あなたのクリックでランキングが上がります。