DIY

IKEAのマグネットボード代替品!子どもの作品の飾り方を考える

子どもの作品コーナー
旧居では、IKEAのマグネットボードを使って、子どもの作品コーナーを作っていました。

参考 廊下のギャラリースペース

引っ越し先の社宅では、子どもの作品をリビングのカップボードの上や冷蔵庫に貼ったりとしていましたが、どうもグチャグチャ。

しまいには、息子自身が壁にガムテープで作った作品を貼り始めるし。

と言うことで、再びマグネットボード設置することに。

マグネットボードの設置場所

まずは、どこに設置するかを考えました。

旧居は広い廊下があったので、そちらにマグネットボードを2つ並べていましたが、幅が狭い社宅の廊下だとかえってゴチャゴチャしそう。

そこで、今回は、廊下はやめて和室に飾ることにしました。

わが家の和室は、リビングと繋がっていて基本的には開けっ放し。和室に飾れば、作品も良く見えるし、子どもも満足すること間違いなし。

子どものオモチャが置いてあるのも和室なので、いっそのこと和室を子ども部屋状態にすることに。

マグネットボードにした理由

子どもの作品を飾る方法として、コルクボードを使ったり、額に入れたりと、色々と考えましたが、基本的に面倒くさいのはNG。

わが家では、子どもの作品は基本的にアルバムに貼り付けて保管するか、大きすぎて保管が難しいものは写真を撮って処分しています。

作品コーナーには、同じ作品をずっと飾るわけではないので、取り外しがしやすいことが大事。

持って帰ってきた作品を、そのまましまい込まずに、マグネットボードならすぐに貼り付けれるので、便利です。

ちなみに、コルクボードは、画鋲で穴が開いてしまうのでやめました。すっきり見せるためにも、色は白の方がよかったし。

社宅でも、IKEAのマグネットボードSPONTANを使って、作品コーナーを作りたかったですが、ホワイトのみ廃盤。

グレーはまだ生産しているようですが、やっぱり白のがいいなぁと思い、代替品を探しました。見つけたのは、ナカバヤシのホワイトボード

≫≫ ナカバヤシ ウッドホワイトボード 900×600mm

ナチュラル系の木枠なので、和室にも馴染むし、壁掛けも可能。

本体の重さも2.0Kgと軽めなので、賃貸の壁でも大丈夫そう。大きさもちょうどいいので、こちらに決定しました。

▼ 設置は次回に続きます。

参考 子どもの作品はホワイトボードに飾る!ギャラリースペースは簡単に設置する方法

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し