ゆる家事

口コミで人気のミールキット!TastyTable/テイスティテーブルでおうちレストランに変身

テイスティテーブルの口コミ/評判をレポ

「SNSやブログの口コミで話題のTastyTable(テイスティテーブル)。レストランみたいなメニューができるらしいけど、評判はどうなんだろう?」

かれこれ10年近く主婦をやっていますが、一向に料理の腕が上がらない私。人気のレシピ本やクックパッドなど、色々と試していますが、未だ料理は苦手です。

そこで、今回は「おうちでレストランのようなメニューができる!」と評判のTastyTable(テイスティテーブル)のミールキットを試してみることにしました。

TastyTable(テイスティテーブル)とは?

TastyTable(テイスティテーブル)とは「おうちをレストランに変える」食材キットです。

株式会社ブレンドという会社が運営しており、代表取締役の田尾秀一さんは1989年生まれとかなり若い!しかも、なかなかのイケメンです(笑)

現在、急成長中のテイスティテーブルは、各局テレビ番組や雑誌などにも多く取り上げられており、ますます人気が高まりそうです。

食材キットは、こんな感じで届きます

テイスティテーブルの食材キットは冷蔵保存で届きます。お届け日は、週末に合わせた金・土・日のみです。賞味期限は、2日程度。

痛みやすいものに関しては、さらに保冷材の入った保冷バッグ(銀色の袋)に入っているので、安心。

今回は、2人分で試してみました。テイスティテーブルでは、メイン+副菜という組み合わせが多いですが、シールの色によって分類されています。

メインの料理に使う食材に緑、副菜に使う食材に赤いシールが貼ってありました。

また、レシピも一緒に入っています。

TastyTable(テイスティテーブル)の特長

実際にテイスティテーブルを利用してみて、良かった点や気になる点を詳しくまとめてみました。

本格的なレストランメニューがおうちで作れる

料理の何が面倒かって、メニューを考えて食材を揃えなくちゃいけないこと。ついつい、慣れている料理ばかり作って、マンネリ化してしまいますよね。

「主婦をシェフに!」というのが、テイスティテーブルのコンセプト。レストランのシェフが作ったような本格的なメニューが自分で作れちゃいます。

クリスマスやバレンタイン限定のメニューもあるので、特別な日のディナーにはピッタリ!

こんな料理が作れたら、主婦としての自信にもつながりますよね。

食の体験ができるキット

生協などの「炒めるだけ」や「焼くだけ」の時短キットは、よく利用していますが、これでは料理の腕は一向にあがりません。

休日など、少し時間があるときには、もう少し手の込んだ料理を家族に食べさせてあげたいというのが本音です。(←これが、なかなかできなくて…。)

ただ料理をするだけでなく、「食の体験」ができるところが、テイスティテーブルの特長。

テイスティテーブルでは、普段はあまり購入しない食材を使って、料理を作るところから楽しむ体験ができます。子供たちが少し大きくなれば、一緒に作ってイベント感もアップ!

さらに、作った料理をみんなで楽しむことで、満足度を上げることができます。

レシピが分かりやすい

テイスティテーブルでは、厳選食材と調味料、そして有名レストランのプロのシェフが書き下ろした本格レシピが1つのキットになっています。

味が美味しいのはもちろんのこと、出来栄えにもこだわりを感じます。

同じ料理でも、盛り付けを変えるだけで、美味しく見えますよね。普段は、大皿に盛って終わり!という感じの私ですが、盛り付け例を参考すれば、レストランのような見栄えのオシャレな料理ができます。

レシピは、写真付きで分かりやすい。アプリをインストールすれば、スマホでも見ることができます。

高級食材が小分けになって使いやすい

今回のキットには、イタリアンパセリやローズマリーといったハーブ、ケッパーやオリーブなども入っていました。ちょっとアクセントで入れると、一気に特別感が増しますよね。

でも、こういった食材は、使用頻度がものすごく低いから、なかなか買う機会ってありません。

もし買ったとしても、使い切れずに、結局割高になってしまうので、小分けで試せるのはとてもありがたい!

残念ながら、こういった食材は子供たちには不評でした。

まぁ、普段食べていない食材なので仕方ないですよね…。徐々に慣れていけば、オシャレなレストランに行ったときに抵抗なく食べられるかな、と思います。

時短にならない?

テイスティテーブルは「食の体験」がテーマなので、手軽さをウリにしていません。ネット上でも「思った以上に、時間がかった。」「手間がかかって大変だった。」などの口コミを目にします。

そのため、めげずに最後までちゃんと調理できるか心配でしたが、実は「時短キットメニュー」もあります。

初めてのチャレンジだったので、今回の注文は、20分でできる時短メニューに決定。難易度も「簡単」なので、これだったら私でも大丈夫そう。

届いたキットは、野菜が細かく切ってあったり、お肉を湯煎して焼き目をつけるだけなど、下ごしらえがしっかりされていました。

普段料理をしない方でも、これならストレスなく作ることができます。

料金は高め

  • 2名様用キット …  3,000円〜/個(税別)
  • 4名様用キット  … 6,000円〜/個(税別)
  • 6名様用キット  … 9,000円〜/個(税別)

※ 6,000円以上のご注文で送料が無料

テイスティテーブルでは、プロが目利きしたこだわり食材を、築地市場や大田市場から直接仕入れています。

インパクトのある金目鯛やズワイガニ、珍しいハーブ類など、どうしてもコストは高めです。

値段が少し高いと感じたら、入会費や年会費など一切かからないため、都度注文も可能です。

実際に、月1回とか隔月に1度など、単発で利用しているユーザーはとても多いようですよ。

実際に作ったメニュー

今回、私が選んだメニューは「鶏のコンフィ~タプナード風ポテト添え〜&8種の具材のミネストローネ」です。

ビストロやカフェなどで、目にするようになったけど、そもそもコンフィって何?という状態でした(笑)

コンフィとは、鶏肉やカモ肉などに、塩をすり込んで、ひたひたの油脂の中でじっくりと加熱した料理です。

最後に外側をカリッと焼いて盛り付けて完成!簡単そうに見えて、実はとても手が込んでいるんですね。

キットでは、鶏肉が予め調理してあったので、あとはフライパンで焦げ目をつけるだけでOK!

添え物は炒めるだけだったので、これも簡単。(次男くんがお芋堀で、ジャガイモを大量に持って帰ってきたので、割り増しで入れました。)

ミネストローネもカット野菜を使ってあっという間に出来上がり。普通の主婦だけど、約20分でレストランみたいなセットメニューを作ることができました。

自分でいうのもなんですが、料理が苦手とは思えないクオリティの高さ!

テイスティテーブルでちょっと豪華なディナーを

1食1,500円と、他のミールキットに比べ、強気な料金設定のテイスティテーブル。

実際に利用してみて、珍しい食材、高級食材も多く、ちょっとオシャレなレストランで食べたら2,000~3,000円くらいはするであろう内容でした。

ただ、単価は安くないので、わが家では、特別な日やちょっと頑張りたい日に合わせて利用していこうと思います。

月1回でも、おうちでこのようなメニューが出てきたら、ダンナさんや子供たちも「うちのママは料理上手!」と勘違いしてくれるはず(笑)

「料理が苦手だけど、レストランみたいなメニューを作ってみたい!」

あなたも、ぜひ一度「主婦シェフ」を体験してみてはいかがでしょうか。

≫≫ おうちをレストランに変える食材キット