習い事・自宅学習

ドラえもんで人気の幼児教材!ぷちドラゼミのメリット&デメリットを口コミレポ

「幼稚園児の自宅学習教材、何にしようか迷う!」

土曜日の午前中1時間お勉強タイムを設けることにしたわが家。

小学校二年生のお兄ちゃんの教材は色々と比較検討し、ベネッセの「チャレンジタッチ」「考える力・プラス講座」「チャレンジイングリッシュ」の3点セットに決まりました。

▼ 小学生向けのおすすめ教材!

参考 【口コミレポ】進研ゼミ小学講座「考える力プラス」がすごくいい!Z会を考えている方におすすめ

次に考えなくてはいけないのが、幼稚園(年少さん)の次男くんのこと。上の子の時は、それこそ赤ちゃんの頃から「こどもちゃれんじ」を受講していましたが、下の子はほぼお古…。ごめんよ。

最近、ひらがなや数字に興味を示したり、お兄ちゃんの勉強を見て「ボクもワークをやりたい!」と言い出したので、体験教材を取り寄せて比較してみることにしました。

取り寄せたのはこの3つ。

こどもちゃれんじは、上の子が使っていたものが一式あるし、DM入っている体験キットも使っているので、取り寄せませんでした。

まずは、実際にぷちドラゼミのお試し教材をやってみて、感じたメリットデメリットをまとめてみました。

※ このブログ記事に掲載している画像の一部は、ぷちドラゼミ公式ホームページより出典しています。

ぷちドラゼミとは?

ぷちドラゼミとは、創業90年の小学館の通信講座です。

3~6歳対象の「ぷちドラゼミ」、小学生対象の「ドラゼミ」に分かれています。

ぷちドラゼミでは、小学校に向けての土台作りに重点をおいています。遊びを通じて、楽しく学ぶことで、自然と学習意欲が高められます。

【 ぷちドラゼミのカリキュラム 】

  • 年少コース … 「もじ」「かず」とはじめてふれあう → 楽しい!
  • 年中コース … 「もじ」「かず」を楽しみながら身につける → やったー!
  • 年長コース … 「もじ」「かず」を完全習得 → できた!

「年少コース」では少しずつもじ・かずに触れ、「年中コース」ではもじ・かずの基礎を身につけ、そして「年長コース」終了までにもじ・かずの完全習得ができるカリキュラムになっています。

教材の内容

毎月届く教材の内容は、とてもバランスが取れています。

【例】 年少さん向け

  • ワークブック(AB判サイズ・64ページ)
  • ワークブックシール(A4サイズ・2枚)
  • おやこノート(A5サイズ・32ページ)
  • ドラえもんからの手紙

年少コースのワークブックのコンセプトは「親子で楽しく学ぶ」「自然に身につく」です。

ワークブックには、「ちょきちょきシート」もついており、シールを貼る問題や、手先や指先を使う練習がたくさんあります。のりやはさみを安全に使うルールも身につけられるようになっています。

また、読み聞かせに最適な「絵本ページ」もついており、語彙力アップにもつながります。

ぷちドラゼミの価格

【 年少コースの料金 】

  • 毎月払い … 1,998円/月
  • 6ヶ月分一括払い … 1,858円/月
  • 12ヶ月一括払い … 1,674円 

ドラえもんの教材で、著作権とかの関係で高そう!と思っていましたが、他の教材と大差ない印象でした。

ぷちドラゼミのメリット

ドラえもんと楽しく学べる

ぷちドラゼミの最大の特長は、ドラえもんと一緒に楽しく学べることです。やはり、テレビで慣れ親しんだキャラクターは強いです。

入会時には、ぷちドラごほうびスタンプ、ドラえもんポストカードアルバム、ドラえもんひらがな、すうじカード、ドラえもんひらがなポスターなどが届きます。

すべてドラえもんがついているので、子供たちにとって、もらって嬉しい特典です。

また、ぷちドラゼミでは、はがきサイズの「ドラえもんからの手紙」が毎月届きます。ポストカードアルバムに入れて保管もできるので、毎月のモチベーションアップにもつながりそうです。

オンラインコンテンツが充実

ドラゼミには「会員専用サイトドラゼミマイルーム」があります。

ここで利用できる、学習ゲームや調べ学習に便利なオンラインコンテンツがすごい。

わが家の次男くんは図鑑が大好きで、よく図書館で借りています。図鑑NEOは、ほぼシリーズを見尽したというほど、熟読しています(笑)

ぷちドラゼミでは、小学館の図鑑NEOデジタル版が追加料金無料で見ることができます。他にも、百貨辞典、辞書、学習マンガなども利用できます。

また、ひらがなやカタカナ練習帳も無料ダウンロードできるので、夏休みなどの長期休みに便利。

デジタルコンテンツの充実っぷりは、他の教材と比較しても、ダントツです!

入会キャンペーンが豪華

プチドラゼミでは「12ヶ月分一括払い」で入会すると、もれなくドラえもんのデスク&チェアがもらえます。(2018年6月号入会まで)

3~4歳の子供だと、まだ学習机を購入していない方がほとんどだと思いますが、子ども自身自分の机とイスがあると、やる気もアップするはず!

ぷちドラゼミのデメリット(他社と比較して)

こどもちゃれんじほど知育玩具が充実していない

ぷちドラゼミは、基本的にワーク中心の紙教材です。

上の子は、こどもちゃれんじを受講していましたが、知育玩具やDVDのクオリティはかなり高かったです。(物が増えるというデメリットもありますが。)

次男くんも、未だ上の子で使っていた知育玩具で遊んだり、DVDを見たりしています。そして、いらなくなったらメルカリで処分すれば、お小遣いにもなります。

親子の好みにもよりますが、一人遊び学習をさせたいという目的であれば、こどもちゃれんじの方がよさそうです。

月刊ポピーほど安くない

月刊ポピーの最大の魅力は980円という低価格。対してドラゼミは、12ヶ月一括払いにした場合でも、1,674円です。月払いの場合は、1,998円と倍になってしまいます。

教材を長く続けるためには「お金の面」も大事です。そのため、コスパ重視なら月刊ポピーの方がおすすめです。

ただ、ドラゼミのデジタルコンテンツの充実っぷりを考慮すれば、これでも十分安いと思います。

ワークがメインでZ会ほど体験が多くない

難関大学の高い合格率を誇るZ会。ただ単に、数字やひらがなを覚えるだけでなく「考える力」を養うためのカリキュラムになっています。

Z会では、「ぺあぜっと」と言って、毎月、自然や生活など幅広い体験課題に取り組む課題が出されます。

残念ながら、ぷちドラゼミでは体験学習はZ会ほどは多くはないため、親子で一緒に取り組みたいという方にはZ会幼児コースの方が良いと思います。

ドラえもんと一緒に小学校への土台作りをしよう!

ぷちドラゼミは、ドラえもんと一緒に楽しく学習できるメリットがあります。

毎月届くワークブックやシールが、大好きなキャラクターだったら、テンション上がること間違いなし。

幼児時期の自宅学習は「楽しい」ことが一番です。その理由が、キャラクターだったり、付録だったりでも、全く問題ありません。

「ドラえもんと勉強したい!」も、立派な動機です。ぜひ、子どもの力を伸ばすためにも、ドラえもんの力を借りてみてはいかがでしょうか。

≫≫ ぷちドラゼミ 

続けられるかどうかわからない、教材との相性を見たいと言う場合は、無料お試しセットがおすすめです!

▼ 比較におすすめな幼児教材

こどもちゃれんじ … しまじろうと一緒に豊かな体験ができる教材。知育玩具やDVDも充実しています。

幼児ポピー … 月額980円で始められ、ワークブックのボリュームもある最もコスパの良い教材です。ごっこ遊びや工作などの付録も年4回届きます。

Z会 幼児コース … 東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績を誇る通信教育。体験学習が多く「学び」の質が高い教材です。

▼ ブログランキング ▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

▼ 暮らしのテーマ ▼

暮らしを楽しむ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしの見直し