習い事・自宅学習

小学生の英語教育は必要?子供に英語を習わせる決断をした理由

小学生の英語教育

「ついに小学校でも、英語教育が始まる!うちでもそろそろ英語に触れさせたい。」

小学校に入ると、英語教室に習う子供たちが、徐々に増えていきます。

「別に英語なんてしゃべれなくてもいい。」

今年2年生になった長男くん。1歳くらいの時にディズニーの英語教材(中古ですが)を購入したものの、全く無関心だったので、積極的に英語教育を進めていませんでした。

お金もかかることだし、本人のやる気がなけらば、やる必要がないと思っています。ですが、その考えを覆すちょっとした出来事がおきました。

英語を習わせようと思ったきっかけ

英語で話しかけられて固まる

先日実家に帰った際、英語圏の方とお話しする機会があり、長男くんも一緒に連れていきました。

私は、小さいときにアメリカに住んでいたので、日常会話程度であれば問題なくしゃべることができます。じいじやばあばも、普通に話せます。

今まで、外国人とほとんど話すことなく生きてきた長男くん。自己紹介くらいなら言えると思っていたのに、一言もしゃべることができず、半泣き状態で固まってしまいました。

比較的、誰とでも仲良くなれるタイプだったと思っていたのに、この状況には親として、正直驚きました。

グローバルに生きるために慣れは必要

わが家のダンナさんは、海外出張も多く、現在は1年間中国に単身赴任中。将来的に、家族を連れて海外に住む可能性もあります。

もし、英語の免疫なく海外に住むことになったら、本人の性格上、かなりストレスがかかってしまいます。

また、グローバル社会で、大人になってから海外に行ったり、日本に来ている外国人の方と話す頻度は高くなるはずです。

小さい頃から、英語と触れ合い、免疫をつけておくことは大事です。

英語教育は本人のやる気しだい

幼児くらいまでなら、歌を歌いながらとか、遊びながらで、自然と英語を覚えることができます。(日常的に英語を使っていれば)

小学生になると「日本語と英語の違い」もしっかりと分かってくるし、無理に習わせてもなかなか覚えることはできません。

要は本人のやる気しだい。

実は、次男くんは英語にすごく関心が出てきたので、既に英語教育を始めています。幼稚園入る前から、ABCの歌やHead Shoulder Knees and Toesなど、ご機嫌に歌ってくれます。

長男くんは、本人がやりたいと言うまで待っていましたが、今回の出来事で「英語はしゃべれた方が良い」と実感してくれたようです。

長い道のりでしたが、やっと英語教育のスタートラインに立つことができました。

チャレンジイングリッシュで始めよう!

英語教育は、チャレンジイングリッシュiconで始めることにしました。

小学校から、進研ゼミ小学講座のチャレンジタッチで自宅学習を進めている長男くん。ゲーム好きのおかげか、1年間めげずに進めることができました。

朝起きて10分の勉強が、日課になっています。

▼ チャレンジタッチを選んだ理由

参考 新一年生ならチャレンジタッチ用タブレットが無料でもらえる!進研ゼミ小学講座に入会

チャレンジタッチを申し込むと、無料でタブレットがついてきましたが、チャレンジイングリッシュでも同じ端末を使って学習が可能。

キャンペーンで、イヤホンマイクも無料でもらえたため、初期投資は全くなし。毎月の受講料も、2,040円とかなりリーズナブルです。(進研ゼミ小学講座を同時受講・12か月分一括払いの場合)

チャレンジイングリッシュでは、好きな時間に好きなだけ取り組めるます。レベルも、どんどん進められるので、コスパ的にかなり高いです。

また、月1回だけですが、外国人講師と話すオンラインレッスンがあります。レッスンは必要に応じて、追加も可能です。

英語を習得させるためには親も努力が必要

「週1回、英語教室に通わせさえいれば、英語が話せるようになる!」

と、思っている方は、未だにとても多いです。

私自身、海外生活でこれでもか!というほど、毎日英語漬けでした。学校では英語ができないといじめられ、友達もなかなかできませんでした。

その分、早く英語を覚えたいと思い、毎日分厚い教科書を何時間もかけて読みました。アメリカ人の友人もでき、数年かけてやっと英語が喋れるようになったのです。

それが、週1回英語教室に行くだけで英語を習得できるなんて、絶対に無理です。

「それじゃあ、英語が喋れない親の子どもは英語ができないままなの?」

いえいえ、親が子供にしてあげられることは、子どものモチベーションを上げること。

英語が必要だと思えば、子ども自身が進んでやるようになります。わが家の長男くんも、あれだけ英語が嫌!だと言っていたのに、今では自主的に勉強するようになってくれましたからね。

チャレンジイングリッシュなら、親が見守りつつ、自分のペースで続けられるので、子どもの負担にもなりにくいです。

わが家も、しばらくはチャレンジイングリッシュで様子を見ながら、のんびりと英語教育を進めていこうと思います!

≫≫ チャレンジイングリッシュiconを見てみる