写真データを手間なく整理&保存するには?Googleフォトと外付けHDDへダブルバックアップがオススメ

写真データの整理&保存方法

「写真のデータはスマホやSDカードに入れっぱなし。」
「写真の整理、したいんだけど時間がなくて…。」

子育て中のママは何かと忙しいので、なかなか写真の整理まで手がまわりませんよね。でも、スマホやSDカードに入れっぱなしにしておくと、とても危険です。

「スマホが壊れて、子供が産まれた頃の写真データが全部なくなってしまった。」

こうならないためにも、一度写真データの整理方法について考えることは必要です。

スポンサーリンク

写真を撮ることがライフスタイルの一部に

ここ数年、デジカメやスマホの普及で、写真を撮る機会が増えました。さらに、一眼レフも、「簡単な設定できれいな写真が撮れる!」と多くの子育て世代が手に取るようになっていますよね。(←私もその一人。)

ちなみに、わが家ではCANONのEOSKissを愛用していますが、かなりオススメ!難しい設定なしで、ボケ感のあるキレイな写真が撮れます。最近は24㎜の単焦点レンズまで購入してしまったので、ますます写真は身近なものになりそうです。

参考 キャノンEOSKissX7ダブルズームキットに決定!初心者ママに合ったデジタル一眼レフカメラの選び方

さて、撮るのが楽しい子供の写真ですが、気を付けないと、あっという間に100枚200枚と写真データが溜まってしまいます。

子供の写真データの整理&保存方法は、皆さん悩まれるところなのではないでしょうか。わが家でもどうやったら楽に手間なく整理できるのか、安心して保存できるのか、かなり試行錯誤していました。

最近、やっと写真データの整理&保存方法が定まってきました。そこで、わが家で実践中の子供の写真の整理方法をご紹介したいと思います。まずは、写真データの整理&保存方法からです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

写真データの保存方法の検討

写真データを保存するために、私が重視したのは以下の3つのポイントです。

写真データ保存のポイント
  • ほぼ自動でバックアップができる
  • バックアップ先は2つ以上
  • 手間なく復元ができる

この3つのポイントが叶う写真データの保存方法を考えました。

自動でバックアップができるGoogleフォトをメインに利用

googlephoto

Googleフォトとは、Googleが提供する容量無制限のフォトストレージサービスです。しかも、無料で利用できます。(無料の場合は、自動的に1600万画素まで圧縮されますが、L版や2L版程度の画像サイズであれば全く問題なく高画質です。)

もう一度言いますが、無料ですよ!!!すごい太っ腹なサービスだと思いませんか?

パソコンのブラウザだけでなく、iPhoneアプリ、Androidアプリでも利用でき、写真・動画を好きなだけクラウドにアップロードして保管することができます。設定をしておけば、自動的にバックアップしてくれるため、安心です。

また、iPhoneで撮ったものも、一眼レフで撮ったものも、何も考えずにアップロードすれば、あとはGoogleフォトが時系列に並べてれます。スマホもパソコンも全て同期されて一括で管理できるのが本当に分かりやすい!

わが家では、子供が産まれてから撮ったデジカメやスマホの写真データを全てGoogleフォトにアップロードしました。スマホアプリを入れておけば、子供たちの写真を持ち歩いている感じなので、見たいときに自由に見られます。

とりあえず、時間がない方はGoogleフォトにバックアップする設定さえしておけば、写真データがいきなりなくなってしまうことは防げますよ。

もしもの時のために外付けHDD(ハードディスク)にバックアップ

Googleフォトだけでも十分だとは思いますが、もしもの時のために外付けHDDにもバックアップしています

外付けHDDは、様々なタイプがありますが、安心の日本製で衝撃に強いタイプのものを利用しています。

≫≫ 【業界唯一の日本製】WD RED搭載耐衝撃USB3.0対応のポータブルハードディスク[1TB/ホワイト]【LHD-PBM10U3WHR】

コンパクトな上、シンプル。ハードディスクで白って珍しいので、気に入っています。(ハードディスクは黒くて、いかついのが多いですよね~。)容量は1TBなので、画像や動画データを保存するのには、今のところ十分です。

photodata

外付けHDDのバックアップは手間と時間はあまりかけたくないので、2014年、2015年など、1年毎のフォルダにまとめて入れています。Photos_2010、Photos_2011…と子供が産まれてからの写真データは全てここに入れてあります。

他ブログやサイトなどの「オススメの写真データ保存方法」に、年ごと、月ごとやイベントごとにフォルダ分けをする方法が紹介されていますが、個人的には手間がかかるだけなので、あまり好きではありません。

私も外付けHDDを利用する前は、一年ごとにイベント分けして、DVDに写真データを焼いていました。DVDだと、パソコンで読み込むのも時間がかかる上に、ご丁寧にフォルダ分けされているため、目的の写真を探すのに手間がかかっていました。

基本的に写真データには、日時情報が埋め込まれているので、フォルダ内で時系列に並べることもできます。なので、日時ごとにフォルダ分けするのは無意味です。細かくフォルダ分けするのは、整理するのも時間がかかるので、1年単位でフォルダを作成するくらいが調度良いと思います。

子供の大事な写真は必ずダブルで保存しよう

Googleフォトと外付けHDDのバックアップは、比較的ストレスなく簡単にできる写真データの保存方法です。何かと忙しいパパやママにもオススメです。

子供の写真は本当に大事。写真の頃には二度と戻れないので、大切に保管したいですよね。もしもの時のために、ダブルで保存して、写真データを大切に保管してみてはいかがでしょうか。

▼ 子供の写真整理/アルバム作りのまとめ記事はこちら。

オススメ! 【決定版】誰でもできる写真整理術!こどものアルバムを簡単・安く・オシャレに手作りする方法