ふるさと納税はとっても簡単!都城市「おさつポーク」衝撃の6.5キロを2000円でゲット

img_6410

「ふるさと納税ってお得と聞くけど、難しそう…。」

何だか手間がかかりそうなイメージなふるさと納税。昨年から興味があったものの、出産や育児に追われて、全く手が付けられませんでした。

「今年こそふるさと納税にチャレンジしたい!」

そう思っていたものの、あっという間に年の暮れ。急いでふるさと納税について調べ、お礼の品を貰うことにしました。

お友達からのお裾分けをきっかけに、ふるさと納税にチャレンジすることにしました。

スポンサーリンク

ふるさと納税のシステムを簡単に説明

furusatonozei

(画像出典:さとふるホームページ)

ふるさと納税の仕組みは、自分が好きな自治体(都道府県・市区町村)へ寄付をすることを言います。ふるさと納税の寄付は、ネット通販とほぼ一緒です。楽天市場やアマゾンで買い物ができれば、全く問題なく寄付ができます。

ふるさと納税の3つのメリットは

税金が控除される

ふるさと納税をするだけで、節税をしている倹約家の気分を味わえます。

ふるさと納税で寄付をすると、自己負担金2,000円を引いた金額が、所得税と住民税から安くなります。例えば、30,000円分寄付をした場合、28,000分の所得税と住民税が安くなります。

2,000円は事務手数料のようなもの。所得に応じて控除の上限はあるものの、1年間2,000円で何度でも寄付をし、お礼の品を受け取ることができます。

寄付金の使い道を指定して地域の応援ができる

寄付をする自治体は、自由に選ぶことができます。

「自分の故郷を応援したい!」「被災地支援に役立ちたい!」や、単純に「お礼の品が豪華!」と言う理由でも良いです。

寄付をすることで、地方の自治体の活性化にもつながるので、社会貢献にもなります

豪華な返礼品がもらえる

ふるさと納税の最大の魅力は、特産品をもらえること。

普段では食卓に並ばないようなブランド牛、最高級なフルーツ、新鮮なカニなどをわずか2,000円で手に入れることができます

寄付して、こんなに豪華なお礼がもらえるなんて、考えられないくらいお得なサービスです。こんなにお得なのは絶対ウラがある!と思いますよね。私もそう思っていました。実際には、ないのでご安心ください。

ふるさと納税のシステムは?

「後払いだし、お金が振り込まれないから、損をしちゃいそう。」

ふるさと納税は、基本的に前払いです。寄付金も数千円から数万円と額が多いため、ぼったくられるんではないかと、とても心配でした。ですが、ちゃんとふるさと納税のシステムが分かっていれば、全く怖くありません。

寄付金控除額=寄付金額-2,000円

ふるさと納税を活用しない場合は、単純に65,000円の税金を払うところ、ふるさと納税で65,000円を寄附することで、税金から63,000円の控除がされます。

つまり、実質2,000円の負担金で、和牛やカニなど、豪華な返礼品をもらうことができるとってもお得な制度です。ちなみに、ふるさと納税で控除される税金は、所得税と住民税の2種類です。所得税は指定の口座へ振り込まれますが、住民税は控除になるため手元にお金は入ってきません。所得税は還付、住民税は控除です。

ワンストップ特例制度が便利

furusatonozei2

(画像出典:さとふるホームページ)

わが家は、賃貸の家賃収入があるため、毎年確定申告をする必要があります。そのためワンストップ特例制度は使用できませんが、サラリーマンなどで確定申告の必要がない方は、ワンストップ特例制度が便利です

ワンストップ特例制度を利用すると、書類を自治体に送付するだけで、簡単に控除の申請ができます。条件として、1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人です。(6回以上ふるさと納税を行っても、寄付先が5自治体以内であれば対象になります。)ただし、ワンストップ特例制度を利用した場合は、所得税の還付は無く、住民税の減税のみの控除となります。

宮崎県都城市おさつポーク6.5キロに決めた!

「ふるさと納税をしてみたいけど、どこで申し込めば良いかな。」

とりあえず、わが家は一番のメジャーどころ「ふるさとチョイス」で申し込みをしました。全国1,788自治体とふるさと納税のポータルサイトで圧倒的なシェア率を誇っています。

やはりお肉が欲しかったので、ランキングで上位に入る宮崎県都城市「おさつポーク超!お得6.5kgセット」にしてみました。20,000円分の寄付です。とても人気のセットなので、すぐに品切れになってしまうそうです。

furusatonozei

申し込んで約2ヶ月。待ちに待ったお礼の品が届きました。(お礼の品は早いところで2週間ほど、長いと数か月かかるところもあります。)

img_6411

冷凍便で送られてきた肉!肉!肉!!!

img_6413

豚バラスライスやローススライス。

img_6412

ロースとんかつやスペアリブ。

img_6414

豚ヒレとんかつ。

img_6415

ハンバーグ10個。

そろそろ、お肉が届くだろうと、冷凍庫を空けていましたが、想像以上でした。現在わが家の冷凍庫はほぼおさつポークで埋まっています。

さっそくおさつポークを使って、豚丼&豚汁を作りました。

img_6419

さすがブランド豚!とっても脂がのってて美味しかったです。いつものグラム80円の豚小間肉とは違います。

難しそうと思っていたふるさと納税でしたが、実際にやってみると、ネットショッピングとほぼ変わらないくらいお手軽でした。ただ、ネットショッピングに慣れ過ぎている私としては、日時指定ができないところに少し不便さを感じました。(あくまでも寄付に対するお礼の品なので仕方ありませんが…。)

こんなに簡単だし、お得だし、楽しいし、昨年もやっておけばよかったと激しく後悔。2,000円でこんなにお肉がたくさんもらえたなら、食費もかなり節約できたのに…。

ふるさと納税のラストスパート!

今年もあとわずか。まだ、ふるさと納税をされていない方、迷わずチャレンジしてみてください!

ふるさと納税で素敵なお礼の品を手に入れ、年末年始はちょっぴり豪華な気分に浸ってみませんか?

ふるさと納税はどこで申し込むのが一番お得?

ふるさと納税を申し込めるサイトはたくさんあります。一番メジャーな「ふるさとチョイス」は自治体数は群を抜いて多いものの、いつ届くか分からないと言う不安があったり、サポートがあまり充実していない部分もあります。

他にも、便利なポータルサイトがありますので、用途に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

楽天ふるさと納税

楽天ユーザーなら、楽天ふるさと納税が一番お得です。寄付をすることで何と楽天ポイントがもらえちゃいます。楽天スーパーセールなどのタイミングを狙えば、寄付額の10%以上還元されることもあります。

利用方法は楽天市場で買い物をするのと同じ要領で、楽天ポイントを使って寄付することさえも可能です。

≫≫ 楽天ふるさと納税

さとふる

さとふるの魅力は、サポート力と使いやすさ。初めてふるさと納税をする方は、分からないことが多くて不安だと思います。

さとふるでは、メールサポートに加え、電話サポートも受け付けています。分からないときにすぐに聞けるメリットは大きいですよね。

また、マイページでは寄付した商品の配送状況などの確認もできます。「いつ届くのだろう。」「本当に発送してくれたのかな。」などの心配ごとが解消されます。

≫≫ さとふる

ふるなび

ふるなびでは「ふるなびグルメポイント」をもらって、レストラン等で食事をすることができます。

また、高額所得者(年収2,000万円以上)対象に、手数料無料でコンシェルジュが、寄付の相談にのってくれたり、申し込み代行をしてくれるサービスを行なったりと至れり尽くせり。わが家も高額所得者になったら、利用してみたいと思います。(← 夢のまた夢の話です…笑)

≫≫ ふるなび

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
ブログランキング

ブログランキング

▶ シンプルライフ
▶ 暮らしを楽しむ
▶ 家計管理・貯蓄

暮らしのテーマ(トラコミュ)

▶ シンプルで豊かな暮らし 
▶ 丁寧な暮らし 
▶ 暮らしの見直し 
▶ 頑張らない節約