育児疲れでイライラしている妻のために!忙しい夫でもできる3つのこと

激務のパパは、ほとんど家にいない生活をしています。次男が産まれてからは、1~2ヶ月の出張で家を空けるのは当たり前。出張から土日だけ帰ってくることもあるものの、平日はほとんどいません。

先日、数か月ぶりに平日の子供たちが起きている時間に帰宅したところ、長男に

パパ、今日休みじゃないのに遊びに来てくれた!泊まってってくれるの?

と、傍から聞いたらすごく意味深な発言をしていたほど。長男くん、頼むから幼稚園で言わないでね…訳あり家庭だと家庭だと思われてしまうから。

スポンサーリンク

ママは疲労と寝不足でイライラし大爆発

亭主留守で元気がいい」とい言われるように、文句もあまり言わずしっかり仕事をしてくれるダンナさん。ですが、やはり妻として子供たちの母親としては、寂しいし、子供が小さい時期は家にいて育児を手伝ってほしい気持ちはいっぱいです。

ただでさえ、一人で二人の面倒を見るのは気力体力がいりますが、ここ1~2カ月は長男くんが骨折したり、次男くんが風邪引いて夜泣きが勃発したりと、相当労力を使いました。私の場合、ストレスが溜まると、眠いのに寝られないという不眠症のような症状も出始めます。疲労と寝不足が極限までに溜まり、イライラして大爆発と言うのが、私のお決まりのパターンです。今回も例外なく大爆発しました(笑)

でも、大爆発して夫婦喧嘩したところで、結局いつも何も解決していないんですよね。余計に疲れるだけです。何となくうやむやにされて、モヤモヤした気持ちのまま、ダンナさんはまた仕事に出かけていく。これでは、夫婦関係は悪化するばかり。

そこで今回は冷静に考え、何をしてもらったら心と体がリラックスできるのが考えてみました。

忙しいパパにやってほしいこと

同じ条件、同じ立場でも心に余裕があれば、イライラしたり爆発したりすることはなくなります。私の場合は、体調不良や寝不足が重なると、心に余裕がなくなります。そこで心に余裕がないと感じたら、パパにこの3つをセットでお願いすることにしました。

寝かしつけをしてもらう

赤ちゃんの寝かしつけって、カワイイ子どもの寝顔が見られる幸せもありますが、なかなか寝ない時はイライラしてしまいますよね。寝かしつけ後も残った家事をやらなきゃ…と思いながらも寝落ちしてしまうことも多々あります。朝起きたら、やりのこした家事からスタートする一日にゲンナリ。

そこで寝かしつけをダンナさんにやってもらうことに。次男くんはママじゃないとダメな時期のため、しばらくは大泣きします。後ろ髪引かれる思いはあるものの「おやすみ~」と言ってパパに任せることにしました。

ゆっくりお風呂に入る

パパに寝かしつけをやってもらっている間に、お風呂にゆっくり入らせてもらうことに。次男くんは、ママの姿が見えなくなって5分ほどは大泣きしますが、諦めて寝ていくようです。

日頃、二人の子供と一緒にお風呂に入ると、疲れをとるどころか水遊びに発展してしまい全くリラックスができません。出産前は、ゆっくりお風呂に入って、ボーっとすることでストレス解消をしていました。ここぞとばかりに、少し高い入浴剤を使ったり、パックをしたりと快適に過ごします。

お風呂にゆっくり入れると寝付きもよくなるので、不眠にも効果あり。

朝寝坊させてもらう

そして、一番大事なのがこれ!朝寝坊をさせてもらうこと。

次の日、早朝5時から子供たちに起こされると思ったら、早く寝なきゃと結局あまりリラックスできません。子供たちが起きてもダンナさんは一人でスヤスヤ寝ているだけだと、余計にイライラしてしまいます。

と言うことで、8時くらいまでは、子供たちと一緒に公園でも行ってきてもらうことにしました。これで静かにゆっくり朝寝坊を楽しめます。

ポイントは3つセットでお願いすること!

たかがこれだけ?と思いますが、育児には休みがありません
特に専業主婦の場合は、子供と離れる時間はほとんどないため、自分自身もリセットする時間がないんですよね。

月1~2回でも夜から朝にかけて自由に使える時間があれば、ゆっくり休んだり好きなことをしたりリラックスできます。朝も起きなくていいと思うと本当に気が楽です。多少疲れが溜まっていても、リセットできる日があると思えば、日ごろの育児もなんとなく余裕が持てるような気がします。

激務のダンナさんのお持ちのあなたへ

日頃一緒過ごす時間が少ない激務のダンナさん。家で過ごす貴重な時間に大喧嘩をしたり、機嫌悪くしていたら、お互いが嫌な気持ちになります。
そうならないためにも、自分なりのイライラ解消方法を見つけて、育児を楽しめるくらいの余裕を持ちたいですね!夫婦仲良く家族仲良くが一番ですね♪