ランドセル工房生田が気になる!鞄工房山本と価格・デザイン・機能を徹底比較

ランドセル工房生田

長男のランドセルの候補を絞りました。
大本命だった土屋鞄が候補から外れたため、最終的に迷っているのが鞄工房山本、神田屋鞄製作所です。
そして、もう1社気になる鞄工房が・・・それは、ランドセル工房生田です。

カタログと革見本が届いたので、鞄工房山本や神田屋鞄製作所と比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ランドセル工房生田の特徴は

ランドセル工房生田は、大阪に工房を持つランドセルメーカー。創業60年、現在の店主は「吉田カバン」に修行に行き、その時に学んだ「一針入魂」の精神でランドセルを作っています。

一時期は、大量生産をしていた時代もあったものの、現在は熟練職人による「手づくりランドセル」工房に衣替えしました。

らくらくスライド背カンで背負いやすい

ランドセル工房生田のランドセルは背負いやすいと評判。背カンが左右にスライドするので、肩ベルトが子供の体型や動きに応じて左右に広がります。

背中にあたる部分や肩ベルトは、吸湿性に優れたソフト牛革を使用しています。高級ソファのような肌触りで、背負い心地も柔らか。

本格コバ仕上げあり

鞄工房山本で魅力的だったコバ仕上げのランドセル。ヘリ巻きに比べ、どことなく上品な感じがしました。(←ヤンチャ坊主に似つかわしくないという意見もありますが・・・笑)

参考 鞄工房山本のランドセルの下見で表参道のショールームへ!即完売モデルの秘密に迫る

ランドセル工房生田にも本革のコバ塗り仕上げのランドセルがありました。コバ塗りは、非常に手間がかかる上、熟練の職人でなければできない工法。コバ仕上げのランドセルを取り扱っているということは、職人が丹念に作っている目安になると思います。

セレクトオーダーランドセル

鞄工房山本では取り扱っていないランドセルのオーダーメイド。息子に「世界に一つしかないランドセル」を作ってあげたいなと言う気持ちもあります。神田屋鞄製作所では、牛革のオーダーメイドができるので、これが魅力の一つでした。

参考 神田屋鞄製作所のカルちゃんランドセル展示会!オーダーメイドも早期割引でお得に買える

ランドセル工房生田では、セレクトオーダーと言って、5つのベースのランドセルをカスタマイズすることで、オリジナルのランドセルを製作できます。

実際にインターネットでシミュレーション。

ランドセル工房生田オーダーメイドランドセル

セレクトオーダーを使えば、鞄工房山本で足りなかった持ち手をオプションでつけることもできます。金額はネット上で確認することができ、合計費用は一目で分かります。価格は6月末までの早期割引を使えば、持ち手を付けてフチのカスタマイズをしたオーダーランドセルが鞄工房山本のANTIQUE BRONZE(アンティークブロンズ)と同じ59,000円。持ち手のオプションが入ってこの価格なんで、お得です!

ランドセル工房生田で、セレクトオーダーで変更できるのは、フチの色、糸の色、内装、背中の色、フタの鋲、金具、ミニナスカン、ネームプレートです。いずれも2,000円~4,000円の低価格でできます。

ただ、持ち手は神田屋鞄製作所の「とってもトッテ」のように取り外しはできないようです。

ランドセル工房生田と鞄工房山本のモデルが激似!

上のオーダーメイドのシミュレーション画像を見てお気づきかも知れませんが、ランドセル工房生田と鞄工房山本のランドセルのイメージが本当に良く似ています。同じコバ仕上げのモデルで比較。

【 ランドセル工房生田の「本革KOBA」】 (出典:ランドセル工房生田公式HP

生田ランドセル本革コバ

【 鞄工房山本「ANTIQUE BRONZE(アンティークブロンズ)」】 (画像出典:鞄工房山本公式HP

鞄工房山本ランドセル

フタの波の形がちょっと違う程度で、結構似ていますよね。中のチェック柄も。うーん、これは偶然なのでしょうか。深くは追及しなことにします(笑)

サイズは、両方ともA4フラットファイル対応。

【 ランドセル工房生田 】

内寸:高さ31㎝x横幅23.2㎝xマチ11㎝
重さ:1370g前後

【 鞄工房山本 】

内寸:高さ31㎝x横幅23.3㎝xマチ11.5㎝
重さ:1400g前後

両方とも、オートロック錠前に対応してます。革の質感も似ており、ソフトシボ加工で傷が目立ちにくくなっています。

ランドセル工房生田の実際の作りが見られないのが非常に残念。関東圏への展示会は7月~8月に行われるようですが、どうせだったら早期割引で購入したい。鞄工房山本のランドセルはその時期まで待ったらきっと完売になってしまう。これはかなり迷いどころです。神田鞄製作所はまだ余裕がありそうですが、オーダーメイドをするなら早めに申し込んだ方が良い。

と、またまた悩みます。ランドセル選びに、情熱注ぎ過ぎてますかね、私・・・(汗)でもせっかくのランドセル選びなんで、悩みつつ楽しみます!

ランドセル工房生田の詳細情報

ランドセル工房生田のランドセルは熟練の職人さんの手で愛情込めて作られています。2015年には見学可能な工房もオープンし、ますます人気は高まりそうです。

【ランドセルの購入特典】

  • 生田オリジナルキーホルダー
  • レインカバー
  • 反射テープ

【ランドセルの修理・保障について】

  • 6年間保障(故意の故障以外は無料修理)
  • 代替ランドセル有

ランドセルショップ・イクタ楽天市場店では、ららやのララちゃんランドセルコラボ商品を販売しています。また、旧モデルなどアウトレット商品を多数取り扱っています。

店名 ランドセル工房生田
価格帯 38,000円~71,000円(キャンペーン適用時)
重さ 1,310g~1,430g前後
素材 牛革、コードバン
商品名
(色展開)
  • hana(8色)
  • Earth(8色)
  • 本革KOBA(11色)
  • コードバンプレミアム匠(8色)
  • コードバンプレミアム匠コバ塗り(8色)
  • KOBA hana(2色)
  • active KOBA(2色)
  • Borsa Forte(2色)
  • Natule(2色)
  • hana special(2色)
  • Earth special(2色)
  • Pentas(2色)
  • DELTA(3色)
  • Woody(2色)
  • Sofrema(4色)

【ララちゃんコラボランドセル】

  • シュガー・ハート マスカット
  • シュガー・ハート マロン
  • ミント・ソーダ
  • ハニー・ピーチ
  • パール・ディアーナ
  • キャンディアップル
  • キューティ・エンジェル
  • ロイヤルクロス グリーン&ブラウン
  • ロイヤルクロス ブルー&ブルー
  • ロイヤルクロス ブラック&シャンパン
  • ブラッククロス レインボー
  • ブラッククロス グリーン
  • ブラッククロス レッド
公式HP ランドセル工房生田
ショップ・イクタ(楽天市場)

ランドセル比較記事はこちら

参考 ランドセルの人気メーカー&ブランドはどこ?比較検討のための一覧リスト