二人目出産のベストタイミングはいつ?4歳以上離れてよかったわが家の体験談

二人目を出産するタイミングとして、年子や歳が近い兄弟の方が、育児が一度に終わるから良いという意見を聞きます。ただ、私の場合は、一人目の男の子を出産後、育児・家事・仕事の忙しさから、狭い間隔で二人目を考える余裕なんて全くありませんでした。

ひょんなことからダンナさんの転勤辞令が出て、私が仕事を辞めることになり、少し余裕が出た頃やっと二人目が欲しいと思えるようになりました。欲しいと思い始めて、間もなく妊娠。4歳差(4学年差)で下の子を出産しました。

現在、5歳と1歳の男の子たちを子育て中です。

スポンサーリンク

4歳差で正解だったと再認識事件

今日、思わぬハプニングが起きました。ザ・骨折!

今朝起きたら急に足が痛い!歩けない!とわめく長男くん。
昨日サッカー教室があって、そのあとも幼稚園でお友達と遊具で元気に遊んでいたはずなのに。
あまりにも痛がるので、「またまた~大袈裟な~」(笑)としばらく放置気味でしたが、本当に歩けない様子。念のため、病院へ行くことに。

引っ越して2年経つけどまだまだ土地勘はない。
仲の良いLINEグループでオススメの整形外科を聞いて、急いで出発。
ママ友ネットワークは大事ですね。こういう時、頼りになります。

その時は、まさか、骨が折れているなんて微塵も思いませんでした。病院の入り口で車椅子に乗っているおばあちゃんを見て、「車椅子乗った方がいいかも」という長男に「足が動かない人しか乗ったらダメ」と言っていました。
病院の駐車場から院内も痛い痛いと言いながらも歩かせ、診察を待ちました。

レントゲンを撮ってみた結果「骨折ですね。」と先生。
「ホネオレテルトイウコトデスカ?」思わず片言になってしまいました。

子供の骨折の場合、少し削れる程度だったら骨折直後にあまり症状が出ないこともあるようです。時間が経ち腫れてくることで、少しずつ痛みが増してくるみたいです。

笑っている場合じゃなかったですね。子供が痛みを訴えたら、たまには真剣に取り合ってあげましょう。

とまぁ、嘘のような本当の話でしたが、今回の件で歳が離れた兄弟で助かったと思いました。骨折しているお兄ちゃん。5歳にもなれば、一通り自分のことは自分でやってくれます。痛い痛いと言いながらも、移動が必要なトイレやお風呂以外は、DVDを見たりタブレットでゲームをやったり、そこまで手はかかりません。

もし、年子や歳の近い兄弟だったら・・・1歳と2歳なんて組み合わせだったら、考えたくもありません(汗)
どちらかがケガや病気になってしまって介護が必要な場合、一人で二人の子供を見るのは並大抵ではありません。
もちろん、ダンナさんや親の協力があればやっていけるかもしれません。でも、皆がそのような恵まれている環境ではありません。

ブログでも、登場するダンナさんの激務ネタ。
わが家のダンナさんは、仕事でほとんど家にいません。去年なんて1年のうち3分の2くらい海外に行っていたような・・・今回も、もちろん不在。

参考 二人目も産後うつ症状。自力で克服するためのたった一つの方法

そのうえ、関東圏に引っ越してしまったため、近くに親もいなければ、家族のような知り合いも少ない。(さっきのLINEの話のように2年経って頼れるママ友が少しずつできてきました。)

だから、わが家の場合は、4歳差と少し離れたタイミングでとても良かったと思いました。

4歳差兄弟のメリット

4歳差だと「しっかりした上の子」という最大のメリットがあります。
ダンナさん不在のわが家では、上の子が下の子育児の戦力になってくれています。
もともとしっかりしていなくても、下の子が産まれて1年もすればお兄ちゃん、お姉ちゃんらしくなります。
わが家の不安だらけだった長男も、この1年で本当にしっかりしました。
危ないことをしている次男を抱っこしてあげたり、ご飯の準備中にあやしてくれたり。時に喧嘩らしきこともしていますが、基本的には面倒を見てくれています。

歳が近いと、上の子に下の子を任せきれなかったり、赤ちゃん返りが激しかったりと大変なことも多いようです。

また、歳が離れていると、兄弟それぞれをじっくり育てることもできます。
上の子がある程度一人立ちできた状態(着替え、食事、排せつなど)で下の子が産まれるので心の余裕も違います。
下の子が産まれる前までに、お手伝いも覚えてもらったので、洗濯物を畳んだり、お風呂を掃除したりと、動いてくれることも多々あります。

デメリットを一つあげるとすると、下の子が小さくて可愛すぎること(笑)歳が離れると、自分の子供なのに孫みたいな感覚です。

ちなみに、2年以内に産むと、出産は楽と言う話も効きますが、4年空いても結構安産でした。もちろん陣痛は痛いですが・・・

参考 二人目出産レポート!思ったよりも楽だった経産婦の陣痛とスピード分娩

授かったときがベストタイミング!

結局、わが家の場合は4歳差で産まれるべく産まれてきた感じがします。
仕事をしていたり、親やダンナさんの協力が得られなくて一人で辛い育児をしていたり、環境は様々だと思います。
自分に余裕もないときは、二人目を作ろうなんて考えは全くありませんでした。

二人目そろそろ欲しいなと思い、それに合わせて来てくれたわが家の次男くん。
子供は授かりものだし、頭で考えて計算通りに来てくれるとは限りません。

1歳差、2歳差、3歳差、メリットデメリットは色々あるとは思いますが、赤ちゃんが来てくれたときがベストタイミングなのではないでしょうか。

出産前に学資保険の相談をしておこう
出産後は慣れない育児でなかなか時間が取れません。学資保険の比較をするなら、妊婦時期が最適!

保険のビュッフェでは、ウナギやお米などがもれなくもらえる「特選ギフトキャンペーン」を実地中。

無理な勧誘はなく、希望の保険がなければ加入する必要は一切ありません。

▼ 無料相談の予約はこちらから ▼

「節約術を知りたい!」「ライフプランのシミュレーションをしてほしい!」「家計の改善策を知りたい!」という方にもオススメです。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

暮らしのテーマ(トラコミュ)